研究者
J-GLOBAL ID:200901030696476947   更新日: 2020年08月29日

大谷 克城

オオタニ カツキ | Ohtani Katsuki
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (3件): 食品科学 ,  免疫学 ,  医化学
研究キーワード (9件): ポリフェノール ,  抗酸化物質 ,  動脈硬化 ,  スカベンジャー受容体 ,  自然免疫 ,  生体防御 ,  補体 ,  コレクチン ,  レクチン
競争的資金等の研究課題 (12件):
  • 2017 - 2020 新規補体測定系の開発と構築により補体関連疾患の病態を解明する
  • 2017 - 2020 膜結合型コレクチンCL-P1による新規補体活性化メカニズムの解明
  • 2014 - 2018 多機能性コレクチンCL-K1はDICにおいてどのような役割を担うのか
  • 2014 - 2017 川崎病における新規コレクチンCL-P1の役割解析
  • 2014 - 2017 生体防御分子コレクチンCL-K1の新規な機能の解明
全件表示
論文 (27件):
  • Yoko Fujita, Maho Terashita, Masahiko Yazawa, Yukitaka Yamasaki, Tomonori Imamura, Junichiro Kibayashi, Toshihiro Sawai, Yoshihiko Hidaka, Katsuki Ohtani, Norimitsu Inoue, et al. Eculizumab for Severe Thrombotic Microangiopathy Secondary to Surgical Invasive Stress and Bleeding. Internal medicine (Tokyo, Japan). 2020. 59. 1. 93-99
  • 大谷 克城, 井上 徳光, 日高 義彦, 若宮 伸隆. 補体検査系10項目の構築とそれらの基準値策定. 補体. 2019. 56. 2. 13-22
  • Nobutaka Wakamiya, Katsuki Ohtani, Yoshihiko Hidaka, Norimitsu Inoue. [New Complement Therapeutics in Complement-Related Diseases]. Brain and nerve = Shinkei kenkyu no shinpo. 2019. 71. 6. 555-564
  • Mineji Hayakawa, Katsuki Ohtani, Nobutaka Wakamiya. Changes in Mannose-Binding Lectin and Collectin Kidney 1 Levels in Sepsis Patients With and Without Disseminated Intravascular Coagulation. Clin Appl Thromb Hemost. 2019
  • Nitai Roy, Katsuki Ohtani, Yoshihiko Hidaka, Yoshiro Amano, Yasuyuki Matsuda, Kenichiro Mori, Insu Hwang, Norimitsu Inoue, Nobutaka Wakamiya. Three pentraxins C-reactive protein, serum amyloid p component and pentraxin 3 mediate complement activation using Collectin CL-P1. BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-GENERAL SUBJECTS. 2017. 1861. 2. 1-14
もっと見る
MISC (128件):
  • 日高 義彦, 井上 徳光, 中村 道子, 福森 泰雄, 大谷 克城, 若宮 伸隆. 補体検査プロジェクト報告 検査受諾状況と遺伝子検査. 補体. 2019. 56. 1. 21-22
  • 大谷 克城, 井上 徳光, 日高 義彦, 中村 道子, 福森 泰雄, 若宮 伸隆. 補体検査プロジェクト報告 補体関連タンパク質検査. 補体. 2019. 56. 1. 23-24
  • 根木 玲子, 宮田 敏行, 伊田 和史, 小西 妙, 中西 篤史, 吉松 淳, 小亀 浩市, 大谷 克城, 日高 義彦, 若宮 伸隆, et al. 妊娠高血圧症候群における補体マーカー検査と補体関連遺伝子解析の検討. 補体. 2019. 56. 1. 40-41
  • 福森 泰雄, 日高 義彦, 中村 道子, 大谷 克城, 若宮 伸隆, 塚本 浩, 井上 徳光. 日本補体学会に依頼のあった先天性補体欠損症疑い患者の補体異常. 補体. 2019. 56. 1. 57-58
  • 若宮 伸隆, 大谷 克城, 日高 義彦, 井上 徳光. 【補体標的治療の現状と展望】補体関連疾患に対する新規治療法. BRAIN and NERVE: 神経研究の進歩. 2019. 71. 6. 0555-0564
もっと見る
特許 (4件):
書籍 (2件):
  • シンプル微生物学(改訂第6版)
    南江堂 2018
  • The novel collectins, CL-L1, CL-P1, CL-K1
    Research Signpost 2007 ISBN:8130801558
講演・口頭発表等 (22件):
  • 妊娠高血圧症候群における補体マーカー検査および補体関連遺伝子解析についての検討
    (日本人類遺伝学会 第64回大会 2019)
  • 抗酸化機能分析からみる北海道果汁の評価
    (第62回果汁技術研究発表会 2019)
  • Biochemical and genetic analyses of complement-related factors in Japanese patients with hypertensive disorders of pregnancy
    (17th Europian Meeting on complement in human disease 2019)
  • 北海道産小果実の抗酸化機能について
    (日本食品科学工学会 第66回大会 第11回 研究小集会 果汁 2019)
  • 補体検査プロジェクト報告 検査受諾状況と遺伝子検査
    (第56回 日本補体学会学術集会 2019)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1993 神戸大学
  • - 1991 摂南大学 薬学科
学位 (1件):
  • 医学博士 (旭川医科大学)
経歴 (6件):
  • 2018/04 - 現在 酪農学園大学 農食環境学群 食と健康学類 臨床栄養学研究室 教授
  • 2013/04 - 2018/03 旭川医科大学 医学部 微生物学講座 准教授
  • 2011/04 - 2013/03 旭川医科大学 医学部 微生物学講座 講師
  • 2007/04 - 2011/03 旭川医科大学 医学部 微生物学講座 助教
  • 2004/04 - 2007/03 旭川医科大学 医学部 微生物学講座 助手
全件表示
委員歴 (4件):
  • 2018/09 - 現在 日本生化学会 評議員
  • 2018/07 - 現在 日本糖質学会 評議員
  • 2016/09 - 現在 日本補体学会 理事
  • 2014/04 - 現在 日本ウイルス学会北海道支部 幹事
受賞 (2件):
  • 2010/09 - 日本補体研究会 補体シンポジウム最優秀賞
  • 2003 - 日本糖質学会 第6回ポスター賞
所属学会 (8件):
日本栄養改善学会 ,  日本食品化学工学会 ,  日本補体学会 ,  日本動脈硬化学会 ,  日本糖質学会 ,  日本免疫学会 ,  日本分子生物学会 ,  日本生化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る