研究者
J-GLOBAL ID:200901030911342523   更新日: 2019年10月28日

北農 幸生

キタノ ユキオ | Yukio Kitano
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 建築構造、材料
研究キーワード (3件): 有限要素法 ,  構造解析 ,  建築構造
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2014 - 2017 高精度2次元壁要素を組み込んだ壁付き建築架構弾塑性解析
論文 (12件):
もっと見る
MISC (61件):
  • 可知昂暉, 中村駿希, 北農幸生, 稲田祐二. 地域材を用いたヴォールト構造の構造性能に関する研究. 日本建築学会中国支部研究報告集. 2019. 第42巻. 207-210
  • 谷口京, 北農幸生, 稲田祐二, 和田虎之慎. 木造建築物接合部の振動応答特性の把握に関する研究(その1)調和振動および任意波形に対する線形応答. 日本建築学会中国支部研究報告集. 2019. 第42巻. 171-174
  • 玉井孝幸, 北農幸生, 稲田祐二. 機械インピーダンス法を用いた強度推定に関する研究 -圧定力下における測定点数の決定-. 日本建築学会中国支部研究報告集. 2019. 第42巻. 51-54
  • 山脇拓巳, 池田雄一, 北農幸生, 稲田祐二. 強震動が中間層免震建物及び多段免震建物の積層ゴムアイソレータの引き抜きに及ぼす影響-その3 長周期地震動に対する中間層免震建物のアイソレータの引き抜きに及ぼす影響-. 日本建築学会大会学術講演梗概集. 2018. 構造1. 815-816
  • 玉井孝幸, 北農幸生, 稲田祐二. 機械インピーダンス法による圧縮強度推定に関する研究〜圧定力の影響について〜. 日本建築学会中国支部研究報告集. 2018. 第41巻. 17-20
もっと見る
書籍 (1件):
  • 全国高等専門学校デザインコンペティション2013 in 米子 official book
    建築資料研究社 2014
講演・口頭発表等 (1件):
  • Development of Hybrid Stress RC Composite Beam-Column Element Based on Timoshenko's Theory
    (International Conference on Computational Methods (ICCM2007) 2007)
学歴 (4件):
  • 2005 - 2008 広島大学大学院 社会環境システム専攻(博士課程後期)
  • 2003 - 2005 広島大学大学院 社会環境システム専攻(博士課程前期)
  • 2001 - 2003 広島大学 第四類(建設系)
  • 1996 - 2001 米子工業高等専門学校 建築学科
学位 (2件):
  • 博士(工学) (広島大学)
  • 修士(工学) (広島大学)
経歴 (3件):
  • 2015/04 - 現在 米子工業高等専門学校 建築学科 准教授
  • 2009/10 - 2015/03 米子工業高等専門学校 建築学科 助教
  • 2008/04 - 2009/09 高松工業高等専門学校 建設環境工学科 助教
委員歴 (4件):
  • 2019/10 - 現在 米子市指定管理者候補者選定委員会 委員
  • 2013/03 - 現在 日本建築学会中国支部 構造委員会 委員
  • 2011/04 - 2019/08 米子市交通バリアフリー推進協議会 委員
  • 2013/04 - 2013/11 全国高等専門学校デザインコンペティション2013in米子 構造デザイン部門 副部門長
所属学会 (2件):
日本計算工学会 ,  日本建築学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る