研究者
J-GLOBAL ID:200901030928371101   更新日: 2020年12月08日

王 蔚芹

ワン ウェイチン | Wang Weiqin
所属機関・部署:
職名: 研究員
研究分野 (1件): 植物保護科学
論文 (10件):
  • Yoshiaki Takamura, Satsuki Yamaryo, Wei Qin Wang, Yutaro Neriya, Emiko Suzuki, Kiyoshi Namai, Asad Ali, Hisashi Nishigawa, Tomohide Natsuaki. First report of the complete genomic sequences of strawberry mild yellow edge virus and strawberry vein banding virus isolated in Japan. Journal of General Plant Pathology. 2020. 86. 6. 503-506
  • Fariha Wilisiani, Takaaki Mashiko, Wei Qin Wang, Tomohiro Suzuki, Sedyo Hartono, Yutaro Neriya, Hisashi Nishigawa, Tomohide Natsuaki. New recombinant of Tomato leaf curl New Delhi virus infecting melon in Indonesia. Journal of General Plant Pathology. 2019. 85. 4. 306-310
  • Takaaki Mashiko, Wei Qin Wang, Sedyo Hartono, Gede Suastica, Yutaro Neriya, Hisashi Nishigawa, Tomohide Natsuaki. The p27 open reading frame of tomato infectious chlorosis virus encodes a suppressor of RNA silencing. Journal of General Plant Pathology. 2019. 85. 4. 301-305
  • Wei Qin Wang, Tomohide Natsuaki, Yoshitaka Kosaka, Seiichi Okuda. Comparison of the nucleotide and amino acid sequences of parental and attenuated isolates of Zucchini yellow mosaic virus. Journal of General Plant Pathology. 2006. 72. 1. 52-56
  • Tomohisa Kuroda, Tomohide Natsuaki, Wei Qin Wang, Seiichi Okuda. Formation of multimers of cucumber mosaic virus satellite RNA. Journal of General Virology. 1997. 78. 4. 941-946
もっと見る
MISC (31件):
  • 塩見 寛, 塩尻 昇, 王 蔚芹, 有本 龍平, 安原 壽雄, 夏秋 知英, 小坂 能尚. (227) ズッキーニ黄斑モザイクウイルス弱毒株のキュウリ苗への高圧噴射における子葉裏面接種による感染率向上(平成20年度日本植物病理学会大会講演要旨). 日本植物病理學會報. 2008. 74. 3. 227-227
  • 梁 宝成, 小坂 能尚, 竹村 玲子, 佐藤 英典, 久野 修司, 王 蔚芹, 安原 壽雄, 夏秋 知英. (228) キュウリ圃場におけるズッキーニ黄斑モザイクウイルス(ZYMV)弱毒株2002製剤の防除効果を評価する遺伝子診断法の確立(平成20年度日本植物病理学会大会講演要旨). 日本植物病理學會報. 2008. 74. 3. 227-227
  • 王 蔚芹, 奥田 誠一, 夏秋 知英. (271) PotyvirusのP1遺伝子の機能解析(平成20年度日本植物病理学会大会講演要旨). 日本植物病理學會報. 2008. 74. 3. 239-239
  • 久野 修司, 王 蔚芹, 辻井 みや子, 小堀 崇, 西川 尚志, 奥田 誠一, 小坂 能尚, 夏秋 知英. (272) ズッキーニ黄斑モザイクウイルス沖縄株およびその弱毒株のHC-Pro領域の遺伝子解析と干渉効果の評価(平成20年度日本植物病理学会大会講演要旨). 日本植物病理學會報. 2008. 74. 3. 239-239
  • 夏秋 知英, 馬場 一樹, 久野 修司, 三好 洋, 王 蔚芹, 小堀 崇, 西川 尚志, 奥田 誠一, 小坂 能尚. (273) ズッキーニ黄斑モザイクウイルス弱毒株のHC-Proの機能解析(平成20年度日本植物病理学会大会講演要旨). 日本植物病理學會報. 2008. 74. 3. 239-240
もっと見る
講演・口頭発表等 (31件):
  • (273) ズッキーニ黄斑モザイクウイルス弱毒株のHC-Proの機能解析(平成20年度日本植物病理学会大会講演要旨)
    (日本植物病理學會報 2008)
  • (272) ズッキーニ黄斑モザイクウイルス沖縄株およびその弱毒株のHC-Pro領域の遺伝子解析と干渉効果の評価(平成20年度日本植物病理学会大会講演要旨)
    (日本植物病理學會報 2008)
  • (271) PotyvirusのP1遺伝子の機能解析(平成20年度日本植物病理学会大会講演要旨)
    (日本植物病理學會報 2008)
  • (228) キュウリ圃場におけるズッキーニ黄斑モザイクウイルス(ZYMV)弱毒株2002製剤の防除効果を評価する遺伝子診断法の確立(平成20年度日本植物病理学会大会講演要旨)
    (日本植物病理學會報 2008)
  • (227) ズッキーニ黄斑モザイクウイルス弱毒株のキュウリ苗への高圧噴射における子葉裏面接種による感染率向上(平成20年度日本植物病理学会大会講演要旨)
    (日本植物病理學會報 2008)
もっと見る
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る