研究者
J-GLOBAL ID:200901031044171709   更新日: 2020年08月28日

佐伯 圭一

サエキ ケイイチ | Saeki Keiichi
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (3件): 獣医学 ,  獣医学 ,  獣医学
研究キーワード (2件): プリオンタンパク質 ,  プリオン
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2012 - 2015 プリオン蛋白遺伝子転写制御領域のエピジェネティクス
  • 2009 - プリオン蛋白の機能と腫瘍制御に関する研究
論文 (68件):
  • Wuyun Dalai, Eiko Matsuo, Natsumi Takeyama, Junichi Kawano, Keiichi Saeki. Increased expression of prion protein gene is accompanied by demethylation of CpG sites in a mouse embryonal carcinoma cell line, P19C6. JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE. 2017. 79. 3. 644-648
  • Wuyun Dalai, Eiko Matsuo, Natsumi Takeyama, Junichi Kawano, Keiichi Saeki. CpG site DNA methylation patterns reveal a novel regulatory element in the mouse prion protein gene. JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE. 2017. 79. 1. 100-107
  • Eiko Matsuo, Keiichi Saeki, Polly Roy, Junichi Kawano. Development of reverse genetics for Ibaraki virus to produce viable VP6-tagged IBAV. FEBS OPEN BIO. 2015. 5. 445-453
  • Etsuko Saito, Yoko Kakita, Hiroyuki Shimoda, Shizuka Shimabukuro, Keiichi Saeki, Akira Shimizu, Junichi Kawano. Development of a New Selective Medium for Isolation of Methicillin-Resistant Staphylococcus aureus. JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE. 2011. 73. 9. 1195-1197
  • Natsumi Takeyama, Yasuhisa Ano, Guoying Wu, Nobuyoshi Kubota, Keiichi Saeki, Akikazu Sakudo, Eiichi Momotani, Katsuaki Sugiura, Masayoshi Yukawa, Takashi Onodera. Localization of insulinoma associated protein 2, IA-2 in mouse neuroendocrine tissues using two novel monoclonal antibodies. LIFE SCIENCES. 2009. 84. 19-20. 678-687
もっと見る
MISC (11件):
  • Kim, C.K, Sakudo, A, Taniuchi, Y, Kang, C.B, Lee, D.C, Saeki, K, Matsumoto, Y, Sakaguchi, S, Itohara, S, Onodera, T. Abnormal olfactory function caused by ectopic expression of Doppel in the olfactory bulb of prion protein-deficient mice. Int. J. Mol. Med. 2007. 20. 169-176.
  • Kawakami, T, Saeki, K, Takeyama, N, Wu, G.Y, Sakudo, A, Matsumoto, Y, Hayashi, T, Onodera, T. Lack of alternations of IA-2β protevtive cleavages in non-obese diabetic (NOD) mice. Int. J. Mol. Med. 2007. 20. 177-185.
  • WU Guoying, SAKUDO Akikazu, SAEKI Keiichi, MATSUMOTO Yoshitsugu, ONODERA Takashi. Expression of hamster PrP and bovine PrP can not prevent murine prion protein gene-deficient cells from apoptosis. 日本生体防御学会学術総会講演抄録集. 2006. 17th. 63
  • 中村出, 西村拓也, 李得燦, 作道章一, 佐伯圭一, 松本芳嗣, 小野寺節. ZchI型(FVB/Prnp-/-)不死化神経細胞株の樹立および,PrPCのアポトーシス抑制能の解析. 日本獣医学会学術集会講演要旨集. 2004. 137th. 98
  • 佐伯圭一, 作道章一, 小野寺節. プリオン病及び遅発性ウイルス感染に関する調査研究 正常プリオン蛋白質のアポトーシス抑制機能に関する研究. プリオン病及び遅発性ウイルス感染に関する調査研究 平成15年度研究報告書. 2004. 158-162
もっと見る
書籍 (5件):
  • 今日から「菌トレ」! オソロしくてオモロい、菌とのくらし 中国語版
    聯經出版公司 2015
  • 今日から「菌トレ」!~オソロしくてオモロい、菌とのくらし~
    小学館 2013 ISBN:9784093883108
  • 生体防御医学事典
    朝倉書店 2007
  • 脳とプリオン-狂牛病の分子生物学 (シリーズ・応用動物科学バイオサイエンス)
    朝倉書店 2001
  • 農学21世紀への挑戦~地球を救う50の提案~
    世界文化社 2000
講演・口頭発表等 (44件):
  • 細胞型プリオン蛋白質のα開裂に関する研究
    (神戸大学研究基盤センター若手フロンティア研究会 2019)
  • 日本国内で発見されたダニ媒介性オルビウイルス、ムコウイルスのリバースジェネティクス系の樹立
    (第72回 日本細菌学会関西支部総会 2019)
  • Fuzzy self-recognition mechanisms of orbivirus during core assembly in virus inclusion body
    (第67回日本ウイルス学会学術集会 2019)
  • 日本国内で発見されたダニ媒介性オルビウイルス、ムコウイルスのリバースジェネティクス系の樹立
    (第162回日本獣医学会学術集会 2019)
  • 新規遺伝子組換え技術を用いた流行性出血病ウイルス各血清型に対する迅速な中和抗 体検出法の開発
    (第71回日本細菌学会関西支部総会 2018)
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 1996 東京大学 大学院農学生命科学研究科博士課程応用動物科学専攻修了
学位 (2件):
  • 修士(農学) (東京大学)
  • 博士(農学) (東京大学)
所属学会 (1件):
日本獣医学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る