研究者
J-GLOBAL ID:200901031068902640   更新日: 2021年10月27日

桐村 光太郎

キリムラ コウタロウ | Kirimura Kotaro
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://www.appchem.waseda.ac.jp/fm-jp/KIRIMU-J.HTM
研究分野 (3件): 応用生物化学 ,  生体化学 ,  バイオ機能応用、バイオプロセス工学
研究キーワード (1件): 応用生物化学,グリーンバイオテクノロジー,酵素バイオテクノロジー,微生物バイオテクノロジー,発酵生産,極限環境微生物,バイオプロセス、生体触媒工学、生物機能工学、バイオテクノロジー、酵素化学、物質生産、代謝工学、グリーンバイオテクノロジー、発酵工学、生体分子工学、バイオ変換工学、極限微生物利用学
競争的資金等の研究課題 (16件):
  • 2020 - 2023 ゲノム編集システムを利用した高効率クエン酸生産糸状菌の育種
  • 2013 - 2016 輸送系の改変による有用有機酸高生産のための糸状菌セルファクトリの創製
  • 2010 - 2013 バイオベース有機酸生産のための代謝工学的機能改変による糸状菌セルファクトリの創製
  • 1996 - 2004 酵素を利用したメントール配糖体の生産
  • 1993 - 2004 石油の微生物脱硫
全件表示
論文 (422件):
  • 飯塚 恭平, 石井 義孝, 桐村 光太郎. III 型PKS を利用したmethylmalonyl-CoA からの新規多置換芳香族化合物の合成. 日本農芸化学会2021年度大会(仙台)要旨集 2A01-01. 2021. 60
  • 大浦 智之, 吉岡 育哲, 脇本 紗梨, 桐村 光太郎. ゲノム編集システムを用いたクエン酸生産糸状菌におるミトコンドリア局在型クエン酸輸送体遺伝子ノックアウト株の作製と性能評価. 日本農芸化学会2021年度大会(仙台)要旨集 2B02-01. 2021. 123
  • 吉岡 育哲, 高橋 弘喜, 楠屋 陽子, 矢口 貴志, 桐村 光太郎. クエン酸高生産菌Aspergillus tubingensis WU-2223L のドラフトゲノムの決定. 日本農芸化学会2021年度大会(仙台)要旨集 2A03-03. 2021. 79
  • Arisa Takiguchi, Isato Yoshioka, Yunosuke Oda, Yoshitaka Ishii, Kohtaro Kirimura. Constitutive production of aconitate isomerase by Pseudomonas sp. WU-0701 in relation to trans-aconitic acid assimilation. 2021. 131. 1. 47-52
  • Hiroshi Habe, Yuya Sato, Kohtaro Kirimura. Microbial and enzymatic conversion of levulinic acid, an alternative building block to fermentable sugars from cellulosic biomass. Applied microbiology and biotechnology. 2020. 104. 18. 7767-7775
もっと見る
MISC (1件):
  • 佐藤大, 増田雄介, 桐村光太郎, 木野邦器. 高温反応プロセスにおけるATP再生系共役D-アミノ酸ジペプチド合成. 酵素工学研究会講演会講演要旨集. 2006. 56th
特許 (13件):
  • α-グルコシドの製造法
  • 3,6-アンヒドロ-L-ガラクトース生成酵素
  • クエン酸特異的蛍光センサータンパク質及びこれを用いるクエン酸の測定方法
  • 芳香族ヒドロキシカルボン酸合成能を有する新規微生物及び該微生物又は該微生物が産生するタンパク質を用いた芳香族ヒドロキシカルボン酸の製造方法
  • γ-レゾルシン酸又は2、3-ジヒドロキシ安息香酸の製造方法
もっと見る
書籍 (22件):
  • Comprehensive Biotechnology, 3rd edition( "Gluconic and Itaconic Acids",p.166-171)
    Elsevier 2019 ISBN:9780444640468
  • Comprehensive Biotechnology, 3rd edition( "Citric Acid",p.158-165)
    Elsevier 2019 ISBN:9780444640468
  • Future Directions in Biocatalysis,2nd edition
    Elsevier, London 2017 ISBN:9780444637505
  • 食と微生物の事典
    朝倉書店 2017 ISBN:9784254431216
  • ゲルの安定化と機能性付与・次世代への応用開発 (分担執筆 p.127-131)
    株式会社 技術情報協会 2013
もっと見る
学歴 (3件):
  • - 1988 早稲田大学 応用化学
  • - 1988 早稲田大学 応用化学
  • - 1983 早稲田大学 応用化学科
学位 (4件):
  • 工学博士 (早稲田大学)
  • Doctor of Engineering (Waseda University)
  • 工学修士 (早稲田大学)
  • Master of Engineering (Waseda University)
経歴 (5件):
  • 2000 - 2009 早稲田大学理工学部 教授
  • 2000 - 2009 早稲田大学理工学部 教授
  • 1992 - 2000 早稲田大学理工学部 助教授
  • 1989 - 1992 早稲田大学理工学部 専任講師
  • 1987 - 1989 早稲田大学理工学部 助手
所属学会 (7件):
バイオインダストリー協会 ,  極限環境微生物学会 ,  日本農芸化学会 ,  日本生物工学会 ,  日本化学会 ,  日本化学会 ,  日本化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る