研究者
J-GLOBAL ID:200901031187114862   更新日: 2021年05月05日

吉光 徹雄

YOSHIMITSU Tetsuo
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (10件): 航空宇宙工学 ,  制御、システム工学 ,  制御、システム工学 ,  制御、システム工学 ,  制御、システム工学 ,  機械力学、メカトロニクス ,  ロボティクス、知能機械システム ,  機械力学、メカトロニクス ,  知能ロボティクス ,  知覚情報処理
研究キーワード (8件): 電気電子工学 ,  微小重力 ,  移動メカニズム ,  月・惑星探査ローバ ,  自己位置同定 ,  自律化 ,  ロボティクス ,  微小重力 移動メカニズム 自己位置同定 小天体 月・惑星 探査ローバ 自律システム
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2012 - 2014 小天体表面において新しい科学探査を可能とする移動メカニズムの研究
  • 2007 - 2009 小天体表面における電波を用いた自己位置同定の研究
  • 2004 - 2008 高高度気球を用いた微小重力実験装置の開発
  • 2005 - 2007 新しい宇宙物理実験のための超小型衛星プラットホームの開発研究とその実証
  • 2002 - 2004 自然地形における確率に基づく最適経路計画手法の研究
全件表示
論文 (71件):
  • Tra-Mi Ho, Ralf Jaumann, Jean-Pierre Bibring, Matthias Grott, Karl-Heinz Glaßmeier, Aurelie Moussi, Christian Krause, Ulrich Auster, Volodymyr Baturkin, Jens Biele, et al. The MASCOT lander aboard Hayabusa2: The in-situ exploration of NEA (162173) Ryugu. Planetary and Space Science. 2021. 200. 105200-105200
  • Yusuke Oki, Kent Yoshikawa, Hiroshi Takeuchi, Shota Kikuchi, Hitosi Ikeda, Daniel J. Scheeres, Jay W. McMahon, Junichiro Kawaguchi, Yuto Takei, Yuya Mimasu, et al. Orbit insertion strategy of Hayabusa2’s rover with large release uncertainty around the asteroid Ryugu. Astrodynamics. 2020. 4. 4. 309-329
  • Caroline Lange, Tetsuo Yoshimitsu, Stephan Ulamec, Catherin Düvel, Tra-Mi Ho. Micro- and nanolander on the surface of Ryugu - Commonalities, differences and lessons learned for future microgravity exploration. Planetary and Space Science. 2020. 194. 105094
  • Tatsuaki Hashimoto, Junji Kikuchi, Ryo Hirasawa, Naoki Morishita, Nobutaka Bando, Atsushi Tomiki, Wataru Torii, Yuta Kobayashi, Shintaro Nakajima, Masatsugu Otsuki, et al. Development of CubeSat Moon Lander OMOTENASHI. 71st International Astronautical Congress. 2020. IAC-20-A3.2A.11
  • 吉光 徹雄, 久保田 孝. 小惑星探査ローバMINERVA-IIの運用結果. 吉光 徹雄, 久保田 孝, ``小惑星探査ローバMINERVA-IIの運用結果'', ロボティクスシンポジア. 2020. 1-2
もっと見る
MISC (8件):
もっと見る
書籍 (4件):
  • 「はやぶさ2」のすべて : 小惑星リュウグウ探査プロジェクト
    誠文堂新光社 2020 ISBN:9784416620649
  • 小惑星探査機「はやぶさ」の超技術 : プロジェクト立ち上げから帰還までの全記録
    講談社 2011 ISBN:9784062577229
  • Space lexicon: English-Japanese & Japanese-English
    The international academy of astronautics (IAA) 2010 ISBN:9782917761090
  • Intelligence for Space Robotics
    TSI Pres 2006
講演・口頭発表等 (49件):
  • SLIM搭載近赤外分光計および小型月面探査プローブの開発状況
    (第21回 宇宙科学シンポジウム 2021)
  • OMOTENASHI探査機Surface Probeの衝撃緩和装置と展開型アンテナの開発
    (第21回 宇宙科学シンポジウム 2021)
  • SLIMへ搭載可能な小型天体表面探査プローブ
    (第64回 宇宙科学技術連合講演会 2020)
  • LEV payload of SLIM mission
    (第4回 重力天体(月火星)の着陸探査シンポジウム 2020)
  • OMOTENASHI探査機の衝撃緩和装置を利用した展開型アンテナの開発
    (第20回 宇宙科学シンポジウム 2020)
もっと見る
Works (3件):
  • はやぶさ搭載MINERVA小惑星探査ローバ
    2003 - 2005
  • はやぶさ2搭載MINERVA-II ローバ1B
  • はやぶさ2搭載MINERVA-II ローバ1A
学歴 (3件):
  • 1997 - 2000 東京大学 電子工学専攻 博士課程
  • 1992 - 1994 東京大学 電子工学専攻 修士課程
  • 1988 - 1992 東京大学 電子工学科
学位 (1件):
  • 博士(工学) (東京大学)
経歴 (3件):
  • 2003/10 - 現在 宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究所
  • 2000/04 - 2003/09 宇宙科学研究所
  • 1994/04 - 1997/03 (株) 日立製作所
委員歴 (4件):
  • 2002 - 2003 日本ロボット学会 論文査読委員
  • 2002 - 2003 日本ロボット学会 会誌編集委員
  • International Academy of Astronautics Member of International Programme Committee
  • International Academy of Astronautics Member of Study Group 6.10 committee
受賞 (6件):
  • 2021/04 - 日本航空宇宙学会 第30回 日本航空宇宙学会 技術賞 はやぶさ2搭載MINERVA-IIローバ
  • 2021/03 - 第9回 ロボット大賞 文部科学大臣賞 小惑星探査機はやぶさ2/小惑星探査ロボットMINERVA-II
  • 2020/10 - 日本ロボット学会 第1回優秀研究・技術賞 小惑星探査ローバMINERVA-IIの運用
  • 2020/03 - 日本機械学会宇宙工学部門 一般表彰スペースフロンティア 世界初の小惑星探査ローバの研究開発
  • 2019/09 - 日本ロボット学会 実用化技術賞 小惑星探査ローバ「ミネルバ2」の開発
全件表示
所属学会 (3件):
国際宇宙航行アカデミー ,  日本航空宇宙学会 ,  日本ロボット学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る