研究者
J-GLOBAL ID:200901031296615308   更新日: 2020年03月13日

吉川 英一郎

ヨシカワ エイイチロウ | Yoshikawa Eiichiro
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (4件): 商学 ,  民事法学 ,  民事法学 ,  民事法学
研究キーワード (7件): 国際契約法 ,  国際法務 ,  国際取引法 ,  国際私法 ,  ハラスメント ,  国際取引 ,  international transaction
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • Prevention and Resolution of International Business Dispute
  • 国際商取引紛争の予防と解決
論文 (29件):
  • 吉川 英一郎. 国際消費者契約をめぐる裁判例に関する考察ー東京高判平成29年6月29日及びその原判決についてー. 『同志社商学』. 2019. 71. 1. 65-104
  • 吉川 英一郎. セクシュアル・ハラスメント~判例からの示唆~. 『月報 司法書士』. 2016. 529. 23-32
  • 吉川 英一郎. 「『職場のハラスメント』近時判例からの示唆」. 『立命館法学』. 2016. 363・364. 985-1021
  • 吉川英一郎. 「キャンパス・ハラスメントの近時判例傾向について」. 『同志社商学』. 2015. 66. 5. 247-300
  • 「国際契約一般条項のソフトロー性-不可抗力条項(Force Majeure Clause)について-」. 『同志社商学』. 2014. 65. 5. 215-239
もっと見る
MISC (6件):
  • 吉川 英一郎. 不可抗力条項(Force Majeure Clause)に関する米国判例邦訳--VICI Racing, LLC v. T-Mobile USA, Inc., 763 F.3d 273 (3d Cir. 2014)--. 『同志社商学』. 2019. 71. 3. 149-190
  • 吉川 英一郎. 「≪講苑≫ハラスメント法概論と近時判例の傾向」. 『中央労働時報』. 2016. 1199. 12-21
  • 吉川英一郎. Harassment Law in Japan and Trends in Recent Cases. 『同志社商学』. 2014. 66. 3・4. 84-102
  • Eiichiro Yoshikawa. Possibility of Hands-on Learning of Negotiation through Playing Board Game "MONOPOLY". TEZUKAYAMA LAW REVIEW. 2014. 26. 15-44
  • Recognizability of Common International Contract Clauses as a "Soft Law": Focusing on Force Majeure Clauses. DOSHISHA SHOGAKU. 2014. 65. 5. 215-239
もっと見る
書籍 (16件):
  • 『国際関係私法入門(第4版)』
    有斐閣 2019
  • 『レクチャー国際取引法[第2版]』
    法律文化社 2018 ISBN:9784589039354
  • 吉川英一郎編著『判例で理解する職場・学校のセクハラ・パワハラ 実務対策:どんな事案がどう判定されたか』
    文眞堂 2016 ISBN:9784830949265
  • 『現代国際商取引-よくわかる理論と実務-』
    文眞堂 2013 ISBN:9784830947759
  • 『レクチャー国際取引法』
    法律文化社 2012 ISBN:9784589034236
もっと見る
講演・口頭発表等 (16件):
  • 国際消費者契約をめぐる裁判例に関する考察ー東京高判平成29年6月29日及び原判決に見られる附合約款の扱いー
    (国際商取引学会第22回全国大会 2019)
  • 国際消費者契約をめぐる裁判例に関する考察ー東京高判平成29年6月29日及びその原判決について、国際私法上の論点を中心にー
    (関西国際私法研究会9月例会 2019)
  • 判例で理解するセクハラ・パワハラ
    (中央労働委員会平成29年度労使関係セミナー(第2回) 2018)
  • 判例で理解する職場のセクハラ・パワハラ
    (中央労働委員会平成28年度労使関係セミナー(第2回) 2017)
  • 職場のセクハラ・パワハラ(ハラスメント法概論と判例の傾向)
    (中央労働委員会平成27年度労使関係セミナー(第2回) 2015)
もっと見る
学歴 (5件):
  • 1998 - 2001 大阪大学 国際公共政策研究科
  • 1990 - 1991 Tulane University LL.M.課程
  • - 1991 Tulane University Law School
  • 1979 - 1983 大阪大学 法学科
  • - 1983 大阪大学
学位 (2件):
  • 博士(国際公共政策) (大阪大学)
  • LL.M. (Tulane University Law School)
経歴 (10件):
  • 2012/04 - 現在 同志社大学 商学部商学科 教授
  • 2010/10 - 2012/03 同志社大学商学部商学科 准教授
  • 2009/04 - 2010/09 大阪学院大学大学院法務研究科 教授
  • 2009 - 2010 Professor, Osaka Gakuin University Law School
  • 2010 - - Associate Professor, Faculty of Commerce of Doshisha University
全件表示
委員歴 (5件):
  • 2009/01 - 2019/01 中央労働委員会 (西日本区域)地方調整委員長
  • 2010/01 - 2014/03 奈良県 物品購入等入札参加停止審査会委員
  • 2001/06 - 2014/03 奈良県 建設工事等指名停止審査会委員
  • 2012/09 - 2013/03 京都地方法務局 業務委託に関する京都地方法務局評価委員会委員
  • 2010/11 - 2011/10 国際商取引学会 理事
所属学会 (12件):
日米法学会 ,  日本経営倫理学会 ,  国際経済法学会 ,  国際私法学会 ,  国際商取引学会 ,  国際ビジネスコミュニケーション学会 ,  JAPANESE AMERICAN SOCIETY FOR LEGAL STUDIES ,  Japan Society for Business Ethics Study ,  Society of International Economic Law ,  Private International Law Association of Japan ,  Academy for International Business Transactions ,  Japan Business Communication Association
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る