研究者
J-GLOBAL ID:200901031424304701   更新日: 2020年06月08日

竹内 希

タケウチ ノゾム | Takeuchi Nozomu
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): http://www.eri.u-tokyo.ac.jp/takeuchi
研究分野 (1件): 固体地球科学
研究キーワード (2件): 地球内部構造 ,  地震学
競争的資金等の研究課題 (12件):
  • 2018 - 2021 国際連携による太平洋アレイ(1):最古の太平洋マントルの探査
  • 2018 - 2021 地震波で明かすアセノスフェアが柔らかい理由
  • 2015 - 2020 核-マントルの地震・電磁気観測
  • 2013 - 2015 統計論的地震波トモグラフィーで明かす海洋地殻の運命
  • 2009 - 2011 全地球姿トモグラフィー
全件表示
論文 (6件):
  • Sunil K Roy, Nozomu Takeuchi, D Srinagesh, M Ravi Kumar, Hitoshi Kawakatsu. Topography of the western Pacific LLSVP constrained by S-wave multipathing. Geophysical Journal International. 2019. 218. 1. 190-199
  • N. Takeuchi, K. Ueki, T. Iizuka, J. Nagao, A. Tanaka, S. Enomoto, Y. Shirahata, H. Watanabe, M. Yamano, H.K.M. Tanaka. Stochastic modeling of 3-D compositional distribution in the crust with Bayesian inference and application to geoneutrino observation in Japan. Physics of the Earth and Planetary Interiors. 2019. 288. 37-57
  • Xin Long, Hitoshi Kawakatsu, Nozomu Takeuchi. A Sharp Structural Boundary in Lowermost Mantle Beneath Alaska Detected by Core Phase Differential Travel Times for the Anomalous South Sandwich Islands to Alaska Path. Geophysical Research Letters. 2018. 45. 1. 176
  • Takeuchi N, Obara K, Suetsugu D, Bina C, Inoue T, Wiens D, Jellinek M. Fine-scale topography of the D′′ discontinuity and its correlation to volumetric velocity fluctuations. Physics of the Earth and Planetary Interiors. 2010. 183. 1-2. 126-135
  • Kawai K, Takeuchi N, Geller R.J, Fuji N. Possible evidence for a double crossing phase transition in D′′ beneath Central America from inversion of seismic waveforms. Geophysical Research Letters. 2007. 34. 9
もっと見る
Works (1件):
  • 海半球データセンターのデータ公開システムの開発
    1999 -
学歴 (2件):
  • - 1997 東京大学 理学系研究科 地球惑星物理学
  • - 1992 東京大学 理学部 地球物理
学位 (1件):
  • 博士(理学) (東京大学)
経歴 (5件):
  • 2011/11 - 東京大学地震研究所 准教授
  • 1999/07 - 2010/11 東京大学地震研究所 助手
  • 1999/07 - 2010/11 東京大学
  • 2010/11 - 東京大学
  • 1994/04 - 1999/06 日本学術振興会 特別研究員
受賞 (1件):
  • 2005 - 日本地震学会若手学術奨励賞
所属学会 (2件):
American Geophysical Union ,  日本地震学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る