研究者
J-GLOBAL ID:200901031459985906   更新日: 2020年06月09日

田村 進一

タムラ シンイチ | Tamura Shinichi
所属機関・部署:
職名: 名誉教授
研究分野 (2件): 放射線科学 ,  知能情報学
研究キーワード (3件): 知能回路 ,  医用画像解析 ,  画像処理
競争的資金等の研究課題 (12件):
  • 2016 - 2018 培養神経回路網における多重通信識別の実証
  • 2013 - 2015 神経回路網の符号分布図
  • 2010 - 2014 脳記憶ループと遠隔転写の生理学的実証
  • 2009 - 2011 脳の自己組織化:記憶・連想・抽象化のループ回路的実現
  • 2000 - 2003 内視鏡ナビゲーションシステム
全件表示
論文 (216件):
  • Yoshi Nishitani, Chie Hosokawa, Yuko Mizuno-Matsumoto, Tomomitsu Miyoshi, Shinichi Tamura. Learning process for identifying different types of communication via repetitive stimulation: feasibility study in a cultured neuronal network. AIMS Neuroscience. 2019. 6. 4. 240-249
  • Shinichi Tamura, Yoshi Nishitani, Chie Hosokawa, Yuko Mizuno-Matsumoto. Asynchronous multiplex communication channels in 2D neural network with fluctuating characteristics. IEEE Trans. Neural Networks and Learning Systems. 2019. 30. 8. 2336-2345
  • Yong Chang, Yongfeng Yuan, Changyong Guo, Yadong Wang, Yuanzhi Cheng, Shinichi Tamura. Accurate Pelvis and Femur Segmentation in Hip CT With a Novel Patch-based Refinement. IEEE Journal of Biomedical and Health Informatics. 2019. 23. 3. 1192-1204
  • Jinke Wang, Changfa Shi, Yuanzhi Cheng, Shinichi Tamura. Vector Field Convolution Based B-Spline Deformation Model for 3D Segmentation of Cartilage in MRI. Symmetry. 2018. 10. 591
  • Yoshi Nishitani, Chie Hosokawa, Yuko Mizuno-Matsumoto, Tomomitsu Miyoshi, Shinichi Tamura. Effect of correlating adjacent neurons for identifying communications: Feasibility experiment in a cultured neuronal network. AIMS Neuroscience. 2018. 5. 1. 18-31
もっと見る
MISC (54件):
  • Qing Quan CHEN, Taiga TATSUMI, Shinichi TAMURA, Yoshinori NISHINO. Mat forming with saving binder amount by dry production method - Aiming to reduce the weight and price of automobiles. GPI Journal. 2018. 4. 1. 108-111
  • 陳清泉, 辰巳泰我, 田村進一, 西野義則. 乾式作製法によるバインダー節減マット成形~自動車軽量化・低価格化を目指して~. GPI Journal. 2018. 4. 1. 104-107
  • Yutaka OKU, Shinichi TAMURA, Yoshi NISHITANI, Tetsusei KURASHIKI, Yoshinori NISHINO. Underground piping construction system with horizontal moat intelligent robot. GPI Journal. 2018. 4. 1. 92-103
  • 奥 豊, 田村進一, 西谷陽志, 倉敷哲生, 西野義則. 水平掘知能ロボットによる地中配管施工システム. GPI Journal. 2018. 4. 1. 82-91
  • Yutaka OKU, Tetsusei KURASHIKI, Shinichi TAMURA, Yoshinori NISHINO. Demonstration test result with semi-flush casing pipe (Development of FRP casing pipe for liquefaction horizontal excavation). GPI Journal. 2018. 4. 1. 78-81
もっと見る
講演・口頭発表等 (1件):
  • 特別講演「ノンバイナリLGBTの進化的必然性」
    (グローバル経営学会第9回シンポジウム 2018)
Works (1件):
  • 手話通訳システム (つくば科学博で展示)
    田村進一 1985 - 1985
学歴 (2件):
  • 1966 - 1971 大阪大学 大学院 基礎工学研究科 物理系
  • 1962 - 1966 大阪大学 基礎工学部 電気工学科
学位 (1件):
  • 工学博士 (大阪大学)
経歴 (5件):
  • 1988/10 - 2007/03 大阪大学 教授
  • 1976/10 - 1988/10 大阪大学 助教授
  • 1976 - 1988 大阪大学
  • 1971/04 - 1976/10 大阪大学 助手
  • 1971 - 1976 大阪大学
委員歴 (14件):
  • 2017/08/04 - GPI標準化委員会 会長・理事長
  • 2004 - 2006 電子情報通信学会医用画像研究専門委員会 委員長
  • 2002/11/30 - 2002/12/01 コンピュータ支援画像診断学会 大会長
  • 2001 - 日本VR医学会 評議員
  • 2000 - 信号処理学会 評議員
全件表示
受賞 (17件):
  • 2004 - 10 Papers Selection, Annual Report of Osaka University, Academic Achievement 2003-2004
  • 2003 - Best Paper Award of the 10th International Conference on High Performance Computing (HiPC 2003)
  • 2002 - 第11回日本コンピュータ外科学会大会講演論文賞 2件
  • 2001 - 第10回日本コンピュータ外科学会大会講演論文賞
  • 2001 - 日本医用画像工学会論文賞
全件表示
所属学会 (8件):
信号処理学会 ,  映像情報メディア学会 ,  コンピュータ外科学会 ,  日本生体医工学会 ,  日本医用画像工学会 ,  IEEE ,  情報処理学会 ,  電子情報通信学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る