研究者
J-GLOBAL ID:200901031644140181   更新日: 2021年11月25日

筒井 淳也

ツツイ ジュンヤ | Tsutsui Junya
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
研究分野 (2件): ジェンダー ,  社会学
研究キーワード (6件): 社会調査 ,  社会統計学 ,  経済社会学 ,  ワーク・ライフ・バランス ,  家族社会学 ,  計量社会学
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2020 - 2025 高齢者の社会参加の家族的・社会的条件の探索
  • 2019 - 2024 大規模回顧調査による家族形成期のパネルデータ分析
  • 2019 - 2022 高齢化するアジア諸社会における世代・ジェンダー関係の多様性と変容
  • 2017 - 2022 大規模継続家族調査による家族形成期の困難に関する実証的解明
  • 2015 - 2019 少子化社会におけるライフコース変動の実証的解明:混合研究法アプローチ
全件表示
論文 (50件):
  • LI Wenwen, TSUTSUI Junya. Gender Differences in Intergenerational Relationships in Contemporary Urban China. Japanese Journal of Family Sociology. 2021. 33. 2. 157-170
  • 筒井淳也. 文系縮小圧力のなかでの社会学の立ち位置:科学との類似性と異質性のあいだで. フォーラム現代社会学. 2020. 19. 48-58
  • 筒井淳也. 計量社会学と因果推論. 理論と方法. 2019. 34. 1. 35-46
  • 筒井淳也. 共働き社会化がもたらす夫婦間の分配の変化:家族社会学の視点から. 家族<社会と法>. 2019. 35. 3-13
  • 筒井淳也. 社会学におけるワーク・ライフ・バランス. 大原社会問題研究所雑誌. 2019. 723. 4-16
もっと見る
MISC (14件):
  • 筒井淳也. 少子化の現状と課題. 月刊福祉(9月号). 2021. 8-12
  • 筒井淳也. ジェンダー平等をバランスよく理解するために. 月刊自治研. 2021. 63. 740. 16-24
  • 筒井淳也. 在宅ワークという仕事と暮らしの「革命」. 月刊 不動産流通. 2020. 462. 8-9
  • 筒井淳也. 提言:家族キャリアの展望を可能にする働き方を. 日本労働研究雑誌. 2019. 689. 1-1
  • 筒井淳也. 書評:脇坂明『女性労働に関する基礎的研究:女性の働き方が示す日本企業の現状と将来』. 個人金融. 2019. 13. 4. 148-149
もっと見る
書籍 (37件):
  • 社会学 (シリーズソーシャル・サイエンス)
    岩波書店 2021 ISBN:4000269976
  • モダニティと自己アイデンティティ --後期近代における自己と社会 (ちくま学芸文庫)
    筑摩書房 2021 ISBN:448051063X
  • 変わろうとする組織 変わりゆく働く女性たち-学際的アプローチから見据える共幸の未来
    晃洋書房 2020 ISBN:4771034052
  • 社会を知るためには (ちくまプリマー新書)
    筑摩書房 2020 ISBN:4480683828
  • リスク社会の家族変動 (放送大学教材)
    NHK出版 2020 ISBN:4595321945
もっと見る
講演・口頭発表等 (69件):
  • 社会学から見た「生涯観」の変化
    (日本老年医学会 2021)
  • Gender Differences in Intergenerational Relationships in Contemporary Urban China
    (The 13th Next-Generation Global Workshop 2020)
  • 中国現代都市家族の双系化傾向:CFPS-2016による分析
    (日本家族社会学会 2020)
  • 人口減少と社会の構造変化
    (ひょうご講座 2020)
  • An Analysis of Mate Selection in Asian Countries using the CAFS Data
    (International Sociological Association RC06 / Vietnam Sociological Association International Conference 2019)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1996 - 1999 一橋大学
  • 1994 - 1996 一橋大学
  • 1989 - 1993 一橋大学
学位 (1件):
  • 博士(社会学) (一橋大学)
経歴 (19件):
  • 2014/04 - 現在 立命館大学 産業社会学部 教授
  • 2021/03 - 2021/04 北京外国語大学北京日本学研究センター非常勤講師(集中講義)
  • 2019/09 - 2019/09 東京大学 大学院教育学研究科 非常勤講師(集中講義)
  • 2019/07 - 2019/07 北京林業大学 非常勤講師(集中講義)
  • 2017/04 - 2019/03 滋賀医科大学 医学部 非常勤講師
全件表示
委員歴 (30件):
  • 2020/10 - 2025/09 日本学術会議 連携会員
  • 2020/09 - 2023/08 一般社団法人 日本社会学会 代議員
  • 2019/09 - 2022/09 日本家族社会学会 理事(全国家族調査委員会担当)
  • 2020/07 - 2022/06 草津市 男女共同参画審議・会長
  • 2018/04 - 2022/03 京都市 男女共同参画審議会・会長
全件表示
受賞 (3件):
  • 2018/06 - 日本人口学会 日本人口学会普及奨励賞
  • 2016/11 - 社会調査協会 社会調査協会賞(優秀研究活動賞)
  • 2016/03 - 不動産協会 不動産協会賞
所属学会 (9件):
世界社会学会 RC06 ,  日本社会学理論学会 ,  関西社会学会 ,  日本人口学会 ,  数理社会学会 ,  日本家族社会学会 ,  日本社会学会 ,  アメリカ人口学会 ,  アメリカ社会学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る