研究者
J-GLOBAL ID:200901031915661042   更新日: 2020年04月09日

千 相哲

セン ソウテツ | Sen Soutetsu
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 観光学
研究キーワード (6件): 観光統計 ,  観光まちづくり ,  ボーダー・ツーリズム ,  Border tourism ,  Regional development ,  Tourism development
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 九州における東アジアとの国際観光活性化のための地域及び連携づくりに関する研究
  • 境界地域における観光開発と地域連携
  • Regional Cooperation with East Asia for International Tourigm Revitalization of Kyushu Regional Cooperation
  • Tourism development and Transboundary Cooperation of the Boundary Regions
論文 (5件):
MISC (33件):
  • 国内観光現象の分析のための理論的枠組み. 九州産業大学商学会『商経論叢』. 2004. 第44巻第4号
  • 日本の緑地地域におけるグリーンツーリズムとワーキングホリデー. 韓国観光産業学会『2004国際観光学術大会』. 2004
  • 東アジアにおける国境地域と観光. 九州産業大学商学会『商経論叢』. 2004. 第44巻第4号
  • EUにおける越境協力と観光. 九州産業大学商学会『商経論叢』. 2004. 第44巻第3号
  • The Channel Tunnel and its impact on Tourism in the United Kingdom. Reading University『Geographical Paper』. 2003. No.172
もっと見る
書籍 (5件):
  • 九州地域学
    2019
  • 九州観光学
    2018
  • 東アジア地域経済協力と九州
    2012
  • 基幹産業としての観光事業への転換 -沖縄県の観光事業の課題と展望 (共著)
    現代日本の地域変化 1997
  • Conversion to Tourism Industry as Chief Industry ; Problems and Perspective of Tourism Industry of Okinawa Prefecture
    1997
講演・口頭発表等 (4件):
  • “観光振興”が地方経済の 救世主になるか
    (九州産業大学公開講座 2018)
  • 朝鮮半島情勢と九州・韓国東南圏における地域連携
    (柳川商工会議所「議員研究会」 2018)
  • 福岡観光の実態と未来戦略
    (福岡歴史観光市民大学 2018)
  • 民泊新法と文化交流の促進
    (福岡市建築協定地区連絡協議会総会 2018)
学歴 (2件):
  • 1991 - 1996 立教大学 応用社会学専攻前期・後期課程
  • - 1996 立教大学
学位 (1件):
  • 社会学博士 (立教大学)
委員歴 (12件):
  • 2019/08 - 現在 福岡県 観光審議会(副委員長)
  • 2018/10 - 現在 福津市 観光基本計画策定委員会(委員長)
  • 2018/08 - 現在 柳川市 第2次観光振興計画策定委員会(委員長)
  • 2018/07 - 現在 福岡県 観光振興財源検討会議
  • 2018/07 - 現在 福岡市 アウトバウンド検討会委員(委員長)
全件表示
所属学会 (3件):
人文地理学会 ,  東アジア学会 ,  日本観光研究学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る