研究者
J-GLOBAL ID:200901031925777480   更新日: 2020年07月12日

吉冨 康成

ヨシトミ ヤスナリ | Yoshitomi Yasunari
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://seika.kpu.ac.jp/~yoshitomi/
研究分野 (5件): 制御、システム工学 ,  図書館情報学、人文社会情報学 ,  知能情報学 ,  数理情報学 ,  ヒューマンインタフェース、インタラクション
研究キーワード (5件): ヒューマンインタフェース ,  意思決定支援 ,  サイバー生存学 ,  数理工学 ,  知能情報学
競争的資金等の研究課題 (10件):
  • 2018 - 2019 インターネット上の人権侵害に係る効率的なモニタリング手法等の研究
  • 2017 - 2018 真の社会的イノベーションを実現する革新的「健やか力」創造のための音・光環境の研究開発
  • 2016 - 2017 自殺リスク低減にむけたネットパトロール技術活用の可能性調査
  • 2016 - 2017 インターネット上の人権侵害に係る効率的なモニタリング手法等の研究
  • 2015 - 2016 インターネット上の人権侵害に係る効率的なモニタリング手法等の研究
全件表示
論文 (75件):
  • A System for Posting on SNS Portrait Selected Using Facial Expression Analysis While Writing Message. Journal of Robotics, Networking and Artificial Life. 2019. 6. 3. 199-202
  • Real-Time System for Horizontal Asymmetry Analysis on Facial Expression and Its Visualization. Journal of Robotics, Networking and Artificial Life. 2019. 6. 1. 7-11
  • An Authentication Method for Digital Audio Using Wavelet Transform and Fundamental Frequencies. Journal of Robotics, Networking and ArtificialLife. 2019. 6. 2. 133-137
  • Facial Expression Analysis and its Visualization While Writing Messages. Journal of Robotics, Networking and Artificial Life. 2018. 5. 1. 37-40
  • A Method for Secure Communication Using a Discrete Wavelet Transform for Audio Data and Improvement of Speaker Authentication. Journal of Robotics, Networking and Artificial Life. 2018. 5. 2. 93-96
もっと見る
MISC (94件):
  • A System for Posting on SNS Portrait Selected Using Facial Expression Analysis While Writing Message. Proc. of International Conference on Artificial Life and Robotics. 2019. 181-184
  • A Method Using Wavelet Transform for Judging Character to be Inserted into Imag. Proc. of International Conference on Artificial Life and Robotics. 2019. 185-188
  • SNS書き込み時の表情分析を?いた似顔絵選択システムに関する研究. ヒューマンインタフェースシンポジウム2018論文集. 2018. 219-222
  • 高齢者、若年者の快適性へ与える室内騒音の周波数選択的削減の影響. ヒューマンインタフェースシンポジウム2018論文集. 2018. 707-714
  • Recipe Decision Support System with Recognition Ability Recording Function Using Knowledge Information and Agent. Proc. of International Conference on Artificial Life and Robotics. 2018. 530-533
もっと見る
特許 (214件):
  • Thick Grain-Oriented Electrical Steel Sheet Exhibiting Excellent Magnetic Properties
  • Process for Producing Grain-Oriented Electrical Steel Strip Having High Magnetic Flux Density
  • Thick Grain-Oriented Electrical Steel Sheet Exhibiting Excellent Magnetic Properties
  • Thick Grain-Oriented Electrical Steel Sheet Exhibiting Excellent Magnetic Properties
  • Thick Grain-Oriented Electrical Steel Sheet Exhibiting Excellent Magnetic Properties
もっと見る
書籍 (11件):
  • Horizons in Computer Science Research
    Nova Science Publisher 2014
  • インターネットはなぜ人権侵害の温床になるのか-ネットパトロールがとらえたSNSの危険性-
    ミネルヴァ書房 2014
  • ものづくりに役立つ 経営工学の事典 -180の知識-
    朝倉書店 2014
  • Software Engineering, Artificial Intelligence, Networking, and Parallel/Distributed Computing 2012
    Springer 2012
  • Image Processing: Methods, Applications and Challenges
    Nova Science Publishe 2012
もっと見る
講演・口頭発表等 (1件):
  • こちらをご覧ください.http://seika.kpu.ac.jp/~yoshitomi/paper.html#presentation
学歴 (2件):
  • 1980 - 1982 京都大学 大学院工学研究科 修士課程 数理工学専攻
  • 1976 - 1980 京都大学 工学部 数理工学科
学位 (1件):
  • 工学博士 (京都大学)
経歴 (5件):
  • 2020 - 現在 京都府立大学 副学長
  • 2008 - 現在 京都府立大学大学院 教授
  • 2001 - 2008 京都府立大学 教授
  • 1995 - 2001 宮崎大学工学部 助教授
  • 1982 - 1995 新日本製鉄 研究員,主任研究員
委員歴 (3件):
  • 2005 - 現在 日本オペレーションズ・リサーチ学会 関西支部運営委員
  • 2003 - 2004 スケジューリング学会 理事
  • 2002 - 2004 日本オペレーションズ・リサーチ学会 研究普及委員,研究部会主査,関西支部研究部会主査
受賞 (5件):
  • 2020 - The International Conference on Artificial Life and Robotics Best contribution award
  • 2014 - The International Conference on Artificial Life and Robotics Best paper award
  • 2001 - IEEE International Workshop on Robot and Human Interactive Communication Best paper award
  • 1998 - IEEE International Workshop on Robot and Human Communication Best paper award
  • 1998 - 宮崎銀行ふるさと振興基金 学術研究部門表彰
所属学会 (7件):
IEEE ,  画像電子学会 ,  電子情報通信学会 ,  情報処理学会 ,  ヒューマンインタフェース学会 ,  スケジューリング学会 ,  日本オペレーションズ・リサーチ学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る