研究者
J-GLOBAL ID:200901032010787812   更新日: 2019年09月13日

渡邊 隆信

ワタナベ タカノブ | Watanabe Takanobu
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 教育学
研究キーワード (1件): ドイツ教育思想史
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2017 - 2020 新教育運動における「国際化」の進展と「郷土」形成論の相克に関する比較史的研究
  • 2015 - ドイツ自由学校共同体の研究
  • 2014 - 梅根悟における新教育観の形成と転換-戦後教育の思想史的研究-
  • 1993 - ドイツ新教育の理論と実践
  • 1989 - 精神科学的教育学の生起と展開
論文 (12件):
  • 渡邊 隆信. 理論-実践問題と教職の専門性-<教員養成の思想史>に向けて-. 近代教育フォーラム. 2014. 23. pp.163-176
  • 國崎 大恩, 名須川 知子, 渡邊 隆信. 新たな修士レベルの教員養成カリキュラム開発にむけた枠組み-理論と実践の関係性を編み直すために-. 日本教育大学協会研究年報. 2014. 32. pp.83-93
  • 別惣 淳二, 鈴木 篤, 龍輪 飛鳥, 渡邊 隆信, 大関 達也, 藤原 賢二. 小学校教員養成スタンダードに関する開発的研究-大学卒業時における「教員としての最小限必要な資質能力」の同定と構造化-. 教育実践学論集. 2012. 13. pp.25-35
  • 渡邊 隆信. 教育関係論の問題構制. 教育哲学研究. 2009. 100(特別記念号). pp.174-190
  • 別惣 淳二, 渡邊 隆信, 加藤 久恵, 長澤 憲保, 上西 一郎, 中田 高俊. 小学校教員養成スタンダーズに基づく実習到達基準の開発-4年間の教育実習科目における到達基準の体系化を目指して-. 日本教育大学協会研究年報. 2009. 27. pp.191-203
もっと見る
MISC (7件):
  • 渡邊 隆信. 図書紹介「クリストフ・ヴルフ著(今井康雄、高松みどり訳)『教育人間学へのいざない』」. 日本の教育史学. 2016. 59. pp.192-193
  • 渡邊 隆信. 書評「今井康雄著『メディア・美・教育』」. 教育学研究. 2016. 83. 3. pp.40-43
  • 渡邊 隆信. 梅根悟における新教育観の変化-『新教育への道』(1947)と『世界教育史』(1955)の間-. 研究論叢. 2015. 21号. pp.45-52
  • ゲヘープにおける「自由学校共同体」理念の特質-ヴィネケンとの対比で-. 教育研究論叢. 2004. 5, 27-43
  • 田園教育舎系自由学校のネットワーク形成-オーデンヴァルト校会議(1924年)を中心に-. 教育研究論叢. 2001. 3, 45-68
もっと見る
書籍 (21件):
  • 教育的関係の解釈学
    東信堂 2019
  • 教育史研究の最前線II
    六花出版 2018
  • 中学校における「特別の教科 道徳」の実践 (シリーズ「特別の教科 道徳」を考える3)
    北大路書房 2016
  • 小学校における「特別の教科 道徳」の実践 (シリーズ「特別の教科 道徳」を考える2)
    北大路書房 2016
  • 「特別の教科 道徳」が担うグローバル化時代の道徳教育 (シリーズ「特別の教科 道徳」を考える1)
    北大路書房 2016
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1996 広島大学 教育学研究科 教育学専攻
  • - 1989 岡山大学 教育学部 小学校教育員成課程
学位 (3件):
  • 修士(教育学) (岡山大学)
  • 修士(教育学) (広島大学)
  • 博士(教育学) (広島大学)
経歴 (2件):
  • 1996 - 1997 日本学術振興会 特別研究員
  • 兵庫教育大学 学校教育学部 教育基礎講座 助教授
受賞 (2件):
  • 2019/05 - 兵庫県市町村教育委員会連合会 教育行政功労者表彰 加西市教育委員会における教育委員長及び教育委員としての活動
  • 2016/06 - 世界新教育学会 2016年度日本WEF小原賞 著書『ドイツ自由学校共同体の研究-オーデンヴァルト校の日常生活史-』を初めとするドイツ新教育運動の研究
所属学会 (4件):
日本教育学会 ,  教育思想史学会 ,  教育史学会 ,  教育哲学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る