研究者
J-GLOBAL ID:200901032117770939   更新日: 2017年06月16日

彦坂 佳宣

ヒコサカ ヨシノブ | Hikosaka Yoshinobu
所属機関・部署:
研究分野 (1件): 日本語学
研究キーワード (1件): 国語学、方言、日本語、史的研究、カナダ日系人、社会言語学、日本語史、方言史
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 1992 - 1992 カナダ日系人の言語状況
論文 (46件):
  • 彦坂佳宣. 理由表現の推移とその敬語的運用の変化-『岡崎敬語調査』の「荷物あずけ」場面のデータから-. 国立国語研究所共同研究プロジェクト(基幹型) 日本語の大規模経年調査に関する総合的研究(インターネット公開). 2015
  • 彦坂佳宣. 尊敬語補助動詞類の分布とその史的経緯 --『方言文法全国地図』「書きますか」を主として--. 論究日本文學. 2014. 100
  • 彦坂佳宣. 「関西と関東、二大方言の『あいだ』. 『日本語学』. 2014. 33. 1
  • 彦坂佳宣. 越境者たちの方言史-その日本語史への寄与-. 論究日本文学. 2013. 98
  • 彦坂佳宣. 近世中頃の中国地方山間部における格助詞ノとガ-「石見方言茶話」「田植歌」の考察から-. 論究日本文学. 2012. 96
もっと見る
書籍 (4件):
  • 『戦後日系カナダ人の歴史と文化』
    不二出版 2003
  • 『ことばの探検・第四巻ー方言・標準語』
    アリス館 1997
  • 尾張近辺を主とする近世期方言の研究
    和泉書院 1997
  • 『概説・日本語の歴史』
    朝倉書店 1995
講演・口頭発表等 (4件):
  • 東海地方の敬語の歴史と地理
    (国立国語研究所共同研究プロジェクト(基幹型) 日本語の大規模経年調査に関する総合的研究, 公開講演会(於:岡崎市図書館交流プラザりぶら) 2014)
  • 「条件表現からみた近世期日本語の景観」
    (2011)
  • 濃尾、ギア地方の推量表現
    (第244回近代語研究会 2007)
  • 愛知・岐阜・ナヤシ地域の推量表現
    (近代語研究春季大会 2007)
学歴 (1件):
  • - 1977 東北大学大学院 文学研究科 国語学
学位 (1件):
  • 博士(文学) (東北大学)
経歴 (1件):
  • 立命館大学 文学部日本文学研究学域 教授
所属学会 (4件):
計量国語学会 日本近代語研究会 ,  日本語学会 ,  日本方言研究会 ,  日本文芸研究会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る