研究者
J-GLOBAL ID:200901032118642144   更新日: 2020年01月06日

渡 正彦

ワタナベ マサヒコ | WATANABE MASAHIKO
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 日本史
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2009 - 2012 高度成長による文学と文化の変容?中国との比較を視座として?
  • 2009 - 2012 高度成長による文学と文化の変容?中国との比較を視座として?
  • 2007 - 2009 高度経済成長期の社会と人間?中国との比較を通して
  • 2007 - 2009 高度経済成長期の社会と人間?中国との比較を通して
  • 2005 - 2007 日本と中国の〈高度経済成長期のメディアと表現〉に関する多角的研究
全件表示
論文 (18件):
  • 渡邉正彦. 米国における日本学の現状に関する研究. 玉川大学リベラルアーツ学部研究紀要. 2017. 10. 55-60
  • 渡邉正彦. ヨーロッパにおける日本学の現状に関する研究 シーボルト-ジャパンコレクションをめぐる所感. 玉川大学リベラルアーツ学部研究紀要. 2016. 9. 55-60
  • 渡邉正彦. 二人の批評家に関する覚書 小林秀雄と吉田秀和. 玉川大学リベラルアーツ学部紀要. 2014. 7. 21-29
  • 渡邉正彦. 北方の日本文学 「カインの末裔」と「生まれ出づる悩み」-二つのモデル小説をめぐって. 玉川大学リベラルアーツ学部研究紀要. 2013. 6. 28-34
  • 渡邉正彦. マナスルの向こうへ-高度経済成長期の一側面. 敍説III. 2013. 9. 93-100
もっと見る
MISC (12件):
  • 小林秀雄の批評の方法. 武蔵大学人文学会雑誌. 2005. 36. 3. 235-247
  • 小林秀雄「モオツァルト」-芸術に対する彼の評価基準を追って. 玉川大学文学部紀要. 2004. 44. 113-125
  • 小林秀雄「本居宣長」について&0d0a;━「遺言書」から語られはじめたことの意味. 玉川学園女子短期大学紀要 第27号. 2003. 27. 160-170
  • 志賀直哉「大津順吉」試論. 論叢 玉川学園女子短期大学. 2002. 26. 105-114
  • 嘉村礒多作品研究-「業苦」「崖の下」をめぐって. 論叢 玉川学園女子短期大学紀要. 2001. 25. 156
もっと見る
書籍 (4件):
  • 高度成長期と小林秀雄?「考へるヒント」のベストセラー化を軸に
    玉川大学出版部 2007
  • モーツァルト・日本人・小林秀雄
    玉川大学出版部 2006
  • 新版ポケット日本名作事典
    平凡社 2000
  • 『安岡章太郎集 10』著作目録
    岩波書店 1988
学歴 (1件):
  • 1981 - 1985 武蔵大学 人文学部 日本文化
経歴 (3件):
  • 2008/04/01 - 現在 玉川大学 教授
  • 2003/04/01 - 2008/03/31 玉川大学 助教授
  • 1993/04/01 - 2003/03/31 玉川学園女子短期大学 講師
所属学会 (1件):
日本近代文学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る