研究者
J-GLOBAL ID:200901032178813916   更新日: 2019年12月28日

石神 慶一郎

イシガミ ケイイチロウ | Ishigami Keiichiro
所属機関・部署:
職名: 助教
研究キーワード (1件): 老年病学
論文 (17件):
  • Higashikawa Toshihiro, Ito Tomohiko, Mizuno Takurou, Ishigami Keiichirou, Kohori Masaru, Mae Kunihiro, Sangen Ryusho, Usuda Daisuke, Saito Atsushi, Iguchi Masaharu, Kasamaki Yuji, Fukuda Akihiro, Saito Hitoshi, Kanda Tsugiyasu, Okuro Masashi. The effects of 12-month administration of tofogliflozin on electrolytes and dehydration in mainly elderly Japanese patients with type 2 diabetes mellitus. JOURNAL OF INTERNATIONAL MEDICAL RESEARCH. 2018. 46. 12. 5117-5126
  • Higashikawa Toshihiro, Okuro Masashi, Ishigami Keiichirou, Mae Kunihiro, Sangen Ryusho, Mizuno Takurou, Usuda Daisuke, Saito Atushi, Kasamaki Yuji, Fukuda Akihiro, Saito Hitoshi, Morimoto Shigeto, Kanda Tsugiyasu. Procalcitonin and albumin as prognostic biomarkers in elderly patients with a risk of bacterial infection. JOURNAL OF INTERNATIONAL MEDICAL RESEARCH. 2018. 46. 7. 2606-2614
  • 水野宅郎, 石神慶一郎, 山田真也, 土屋紘一, 中嶋智加, 三軒龍昌, 福島万奈, 湊 宏, 野島孝之, 斎藤淳史, 林 憲史, 渥美久登, 伊藤智彦, 井口晶晴, 薄田大輔, 岡村英之, 浦島左千夫, 浅野正充, 清澤 旬, 福田昭宏, 竹越 襄. Endocardial Invasion of Lung Cancer Undiagnosable before Autopsy. Case reports in oncology [electronic resource]. 2014. 7:144-148
  • T.Kanda, T.Mizuno, M.Ishigaki, K.Nakajima, T.Matsue, M.Fukushima, H.Minato, N.Nojima, S.Atsushi, K.Ishigami, H.Atsumi, T.Ito, M.Iguchi, D.Usuda, H.Okamura, S.Urashima, M.Asano, A.Fukuda, Y.Izumi, N.Takekoshi. Spontaneous remission of epstein-barr virus-positive diffuse large b-cell lymphoma of the elderly. Case reports in oncology [electronic resource]. 2013. 6:269-274
  • 水野 宅郎, 石垣 昌志, 中嶋 和仙, 松江 俊英, 福島 万奈, 湊 宏, 野島 孝之, 斎藤 淳史, 石神 慶一郎, 渥美 久登, 伊藤 智彦, 井口 晶晴, 薄田 大輔, 岡村 英之, 浦島 左千夫, 浅野 正充, 福田 昭宏, 泉 洋一, 竹越 襄, 神田 享勉. Spontaneous remission of Epstein-Barr virus-positive diffuse large B-cell lymphoma of the elderly. Case Report in Oncology. 2013. 6*260-274
もっと見る
講演・口頭発表等 (39件):
  • 高齢者における予後予測マーカーとしてのプロカルシトニン(PCT)およびアルブミン(Alb)の有用性
    (第60回日本老年医学会学術集会 2018)
  • 降圧薬治療中地域在住高齢者の糖尿病と血圧・生活機能との関係
    (第58回日本老年医学会学術集会 2016)
  • 診断に苦慮した心膜腔直接浸潤肺癌の1例
    (日本内科学会北陸支部主催 第220回北陸地方会 2013)
  • 血管平滑筋細胞のエストロゲン受容体発現に及ぼす CTCF の作用
    (第53会日本老年医学会学術集会 2011)
  • 高齢者における脳卒中急性期血圧高値の死亡退院への解明
    (第52回日本老年医学会学術集会・総会 2010)
もっと見る
学歴 (1件):
  • 金沢医科大学 医学部
学位 (1件):
  • 博士(医学)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る