研究者
J-GLOBAL ID:200901032261197178   更新日: 2020年06月04日

細田 浩司

Hosoda Hieoshi
研究キーワード (5件): 細菌学(含真菌学) ,  免疫学 ,  応用微生物学 ,  応用生物化学 ,  病態医化学
論文 (12件):
  • Shunsuke Hasegawa, Hotaka Fukushima, Hiroshi Hosoda, Tatsurou Serita, Rie Ishikawa, Tomohiro Rokukawa, Ryouka Kawahara-Miki, Yue Zhang, Miho Ohta, Shintaro Okada, Toshiyuki Tanimizu, Sheena A Josselyn, Paul W Frankland, Satoshi Kida. Hippocampal clock regulates memory retrieval via Dopamine and PKA-induced GluA1 phosphorylation. Nature Communications. 2019. 10. 5766
  • H. Hosoda, S. Kida. NSP-C contributes to the urpegulation of CLOCL/BMAL1-mediated transcription. Cytotechnology. 2019. 71. 1. 453-460
  • Hosoda H, Nakamura K, Hu Z, Tamura H, Reich J, Kuwahara-Arai K, Iba T, Tabe Y, Nagaoka I. Antimicrobial cathelicidin peptide LL-37 induces NET formation and suppresses the inflammatory response in a mouse septic model. Molecular Medicine Reports. 2017. 16. 4. 5618-5626
  • N. Nagura, J. Komatsu, H. Iwase, H. Hosoda, I. Nagaoka, K.Kaneko. Effects of the combination of vitamin K and teriparatide on the bone metabolism in ovariectomized rats. Biomedical Reports. 2015. 3. 295-300
  • 細田浩司, 中山仁志. 炎症増強分子TREM-1のリガンド探索と敗血症ショックの制御. 順天堂医学. 2012. 58. 269-269
もっと見る
MISC (2件):
  • 喜田聡, 加藤春乃, 兵藤智正, 細田浩司. 摂食調節因子の遺伝子発現制御. ジャパンフードサイエンス. 2005. 44. 44-49
  • 喜田聡, 細田浩司. ビタミンAによるサーカディアンリズム制御(特集 食と睡眠). FOOD Style 21. 2002. 7. 3. 59-63
書籍 (2件):
  • エンドトキシン研究13エンドトキシンから見た基礎と臨床の融合
    医学図書出版 2010
  • エンドトキシン研究12自然免疫学の新たな展開
    医学図書出版 2009
講演・口頭発表等 (32件):
  • 抗菌ペプチドLL-37はNETsの放出を誘導して敗血症マウスモデルの生存率を改善する
    (第64回トキシンシンポジウム 2017)
  • 抗菌ペプチドLL-37 はNET形成を増加させマウスCLP敗血症モデルの生存期間を延長する
    (第90回日本細菌学会総会 2017)
  • 炎症増強因子TREM-1のリガンド同定の試み
    (第62回トキシンシンポジウム 2015)
  • C/EBP転写調節遺伝子群によるヒト単球・マクロファージ系細胞におけるTREM-1の転写制御
    (第87回日本生化学会大会 2014)
  • Regulation of TREM-1 gene expression in LPS-stimulated human monocytes/macrophages.
    (The 12th Japan-Korea International Symposium on Microbiology 2014 2014)
もっと見る
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る