研究者
J-GLOBAL ID:200901032376839173   更新日: 2020年06月09日

松島 俊也

マツシマ トシヤ | Matsushima Toshiya
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (3件):
  • 北海道大学  脳科学研究教育センター 
  • 北海道大学人間知・脳・AI研究教育センター
  • University of Trento, Center for Mind/Brain Sciences  客員教授
ホームページURL (1件): http://www.sci.hokudai.ac.jp/~matusima/chinou3/Welcome.html
研究分野 (4件): 実験心理学 ,  動物生理化学、生理学、行動学 ,  神経科学一般 ,  神経科学一般
研究キーワード (34件): 甲状腺ホルモン ,  セロトニン ,  行動経済学 ,  進化 ,  発声 ,  自動計測 ,  神経修飾 ,  神経修飾物質 ,  最適採餌理論 ,  連合野 ,  テストステロン ,  最初期遺伝子 ,  神経行動学 ,  ド-パミン ,  線条体 ,  可塑性 ,  選択 ,  刷り込み ,  リスク ,  採餌行動 ,  強化学習 ,  情動 ,  長期増強 ,  インプリンティング ,  衝動性 ,  基底核 ,  鳥 ,  認知 ,  シナプス ,  記憶 ,  行動 ,  脳 ,  包括脳ネットワーク ,  統合脳・統合脳
競争的資金等の研究課題 (20件):
  • 2008 - 2009 最適移動投資:即時利益率の計算アルゴリズム
  • 2007 - 2008 文脈依存的採餌選択の脳内機序
  • 2006 - 2007 最適採餌戦略:海馬・基底核・上丘系による予期報酬の空間表現と最適移動投資
  • 2006 - 2007 最適採餌選択の脳内機構:分子・回路・行動の統合的理解
  • 2004 - 2006 カケスの貯食行動における投機性の神経生態学的研究
全件表示
論文 (7件):
  • 松島 俊也. GABA-A and GABA-B receptors in filial imprinting linked with opening and closing of the sensitive period in domestic chicks (Gallus gallus domesticus). Frontiers in Physiology. 2018. 9
  • 松島 俊也. Thyroid hormone sensitizes the imprinting-associated induction of biological motion preference in domestic chicks. Frontiers in Physiology. 2018. 9. 1740
  • Ogura, Y. Amita, H, Matsushima, T. Ecological validity of impulsive choice: consequences of profitability-based short-sighted evaluation in the producer-scrounger game. Frontiers in Applied Mathematics and Statistics. 2018. 4. 49
  • Gene expression of Dio2 (thyroid hormone converting enzyme) in telencephalon is linked with predisposed biological motion preference in domestic chicks. Behavioural Brain Research. 2018. 349. 25-30
  • Yamaguchi, S, Aoki, N, Matsushima, T, Homma, K.-J. Wnt-2b in the intermediate hyperpallium apicale of the telencephalon is critical for the thyroid hormone-mediated opening of the sensitive period for filial imprinting in domestic chicks (Gallus gallus domesticus). Hormone and Behavior. 2018. 102. 120-128
もっと見る
MISC (46件):
書籍 (2件):
  • 行動生物学辞典
    東京化学同人社 2013
  • 動物に心はあるだろうか 初めての動物行動学
    朝日学生新聞社 2012
学位 (1件):
  • 理学博士 (東京大学)
経歴 (5件):
  • 2007 - 北海道大学 大学院・理学研究院 教授
  • 2006 - 北海道大学 大学院理学研究院 准教授
  • 1995 - 2005 名古屋大学 大学院・生命農学研究科 助教授
  • 1992 - 1994 上智大学 理工学部 助手
  • 1986 - 1987 東京大学 理学部 助手
受賞 (2件):
  • 2019/06 - 日本比較生理生化学会 学会賞
  • 2002/09 - 日本動物学会 Zoological Science Award
所属学会 (5件):
International Society for Neuroethology ,  Society for Neuroscience ,  日本動物行動学会 ,  日本動物心理学会 ,  日本動物学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る