研究者
J-GLOBAL ID:200901032443566853   更新日: 2020年05月08日

三浦 哲也

ミウラ テツヤ | Miura Tetsuya
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (2件): 文化人類学、民俗学 ,  地域研究
研究キーワード (5件): 嗜好品 ,  マレーシア ,  環境科学 ,  生態人類学 ,  文化人類学
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2018 - 2021 社会関係を開閉する食実践と住に関する文化人類学的研究
  • 2014 - 2015 家・空間における食実践に関する文化人類学的研究-社会関係を開閉するという視座から
  • 2012 - 2014 閉じゆく家、開きゆく家:マレーシア多民族社会における家構造の通時的多元的比較研究
  • 2010 - 2012 現代日本の青年層の異文化観に関する研究-群馬県における高校生・大学生の意識の分析
  • 2009 - 2010 「ボルネオ先住民社会の飲酒文化のグローカル化に関する人類学的研究-酒で繋がる人間関係に着目して-」
全件表示
論文 (8件):
  • 三浦 哲也. 「マレーシア・ドゥスン族社会における若年層の飲酒嗜好」. 育英短期大学研究紀要. 2018. 35. 13-22
  • 三浦 哲也. 「イバン族の日本軍政に対する記憶と認識-サラワク州・シブにおける調査から-」. 『育英短期大学研究紀要』. 2015. 32. 73-82
  • 三浦 哲也. 「ドゥスン族の焼畑用地の利用パターンの変化」. 『育英短期大学研究紀要』. 2014. 31. 45-55
  • 三浦 哲也. ドゥスン族社会における飲酒文化のグローカル化-物質文化の変容から-. 育英短期大学紀要. 2012. 29. 53-64
  • 三浦哲也. 飛行機に乗りたがる妊婦-ボルネオ島先住民・ドゥスン族の女性の妊娠の社会性について-. 育英短期大学研究紀要. 2011. 28. 47-56
もっと見る
MISC (8件):
  • 三浦 哲也. 酒に渦巻くグローバリゼーション. 『TASC Monthly』. 2011. 432. 8-13
  • 三浦 哲也. 「ボルネオ島先住民社会の飲酒文化のグローカル化に関する文化人類学的研究-酒で繋がる人間関係に着目して-」. 『財団法人三島海雲記念財団研究報告書』. 2010. 47. 142-144
  • 三浦 哲也. 「東マレーシア・ドゥスン族社会における飲酒文化の変容」. 『生態人類学会ニュースレター』. 2010. 15. 32-34
  • Political and Historical Development of non-Malay-Muslim Ethnic Group "Kadazan" in Sabah, Malaysia. 小野澤正喜編『東南アジア諸都市における宗教の活性化と日常生活の再編に関する比較研究(科学研究費補助金(基盤研究(B)海外)研究成果報告書』. 2009. 118-128
  • 三浦 哲也. 「ドゥスン族社会における親族呼称とその用法」. 『族』. 2004. 35. 1-18
もっと見る
書籍 (2件):
  • 食をめぐる人類学: 飲食実践が紡ぐ社会関係 (東北アジア研究専書)
    昭和堂 2017 ISBN:4812216109
  • 「マレーシア・サバ州・ドゥスン族社会における酒類販売の拡大とその影響」阿良田麻里子編『文化を食べる 文化を飲む-グローカル化する世界の食とビジネス』
    ドメス出版 2017 ISBN:9784810708325
講演・口頭発表等 (8件):
  • 「冷蔵庫の扉は何と何とを隔てるのか」
    (「アジアの食と住の文化」研究会 2020)
  • 「マレーシア・サバ州山間部における酒類の販売拡大とその影響について」
    (東京工業大学「ぐるなび」食の未来創成寄附講座食文化共同研究会公開講義シリーズ第8回 2016)
  • 「日本軍政の記憶~イバン族とドゥスン族の比較から」
    (国際ワークショップ「東マレーシア・サラワク華人社会への現地調査に基づく多角的アプローチ-歴史学と人類学の視座から」 2015)
  • 「酒がとりもつ人間関係-東マレーシア・ドゥスン族社会の酒宴から」
    (日本文化人類学会第49回研究大会 2015)
  • 「家・空間における食実践に関する文化人類学的研究-社会関係を開閉するという視座から-」
    (東北大学東北アジア研究センター2014年度研究成果発表会 2015)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 2006 筑波大学 歴史・人類学専攻
  • 1997 - 2001 筑波大学 環境科学専攻
学位 (1件):
  • 修士(環境科学) (筑波大学)
経歴 (4件):
  • 2012/04 - 現在 育英短期大学現代コミュニケーション学科 准教授
  • 2010/04 - 2012/03 育英短期大学現代コミュニケーション学科 専任講師
  • 2007/04 - 2010/03 獨協医科大学看護学部 非常勤講師
  • 2006/07 - 2010/01 筑波大学大学院人文社会科学研究科 準研究員
所属学会 (2件):
生態人類学会 ,  日本文化人類学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る