研究者
J-GLOBAL ID:200901032460642695   更新日: 2020年09月01日

北村 陽二

キタムラ ヨウジ | YOJI KITAMURA
研究分野 (1件): 薬系分析、物理化学
研究キーワード (6件): 放射性診断薬 ,  金属 ,  分析化学 ,  Diagnostic Radiopharmaceuticals ,  Metal ,  Analytical Chemistry
競争的資金等の研究課題 (12件):
  • 2016 - 2018 食品添加物の安全性確保のための研究
  • 2014 - 2017 アルツハイマー病の早期診断用シナプス前コリン作動性神経分子イメージング剤の開発
  • 2015 - 2017 腫瘍イメージング剤としての放射性金属-八臭素化ポルフィリンの開発研究
  • 2013 - 2015 食品添加物の規格試験法の向上及び摂取量推定等に関する研究
  • 2012 - 2014 腫瘍イメージング剤としての放射性金属-八臭素化ポルフィリンの開発と応用
全件表示
論文 (40件):
もっと見る
書籍 (8件):
  • パートナー分析化学II 改定第3版
    南江堂 2017 ISBN:9784524403448
  • パートナー分析化学I 改定第3版
    南江堂 2017 ISBN:9784524403431
  • PET journal
    2015
  • 放射化学の事典
    朝倉書店 2015
  • パートナー分析化学II 改定第2版
    南江堂 2012
もっと見る
講演・口頭発表等 (88件):
  • ストレス性精神疾患の早期診断用新規イメーイング剤の開発
    (第58回日本核医学会学術総会 2018)
  • 食品添加物確認試験の赤外スペクトル測定におけるATR法の適用に関する検討
    (日本薬学会 第138年会 2018)
  • [123I]OI5V の新規シグマ-1 受容体イメージング剤としての評価
    (第15回次世代を担う若手のためのフィジカル・ファーマフォーラム(PPF2017) 2017)
  • 新規SPECT用シグマ-1受容体イメージング剤の開発研究
    (第12回日本分子イメージング学会総会・学術集会 2017)
  • 5員環を有するvesamicol類縁体のシグマ-1受容体イメージング剤としての有用性
    (日本薬学会 第137年会 2017)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2003 - 京都大学
  • 2001 - 京都大学
  • - 1999 京都大学
経歴 (5件):
  • 2009/10/01 - 金沢大学 学際科学実験センター
  • 2007/04/01 - 2009/09/30 岡山大学大学 歯薬学総合研究科(薬学系) 助教
  • 2005/04/01 - 2007/04/01 岡山大学大学 歯薬学総合研究科(薬学系) 助手
  • 2004/06/15 - 2005/04/01 岡山大学大学 自然科学研究科(薬学系) 助手
  • 2003/04/01 - 2004/06/14 神戸学院大学 薬学部 実験助手
受賞 (1件):
  • 2011/12/02 - 日本放射線安全管理学会学 優秀ポスター賞:第10回日本放射線安全管理学会学術大会
所属学会 (9件):
日本食品衛生学会 ,  日本微量元素学会 ,  日本分析化学会 ,  北陸地域アイソトープ研究会 ,  日本放射線安全管理学会 ,  日本癌学会 ,  日本分子イメージング学会 ,  日本核医学会 ,  日本薬学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る