研究者
J-GLOBAL ID:200901032537175246   更新日: 2020年06月04日

八田 茂実

ハッタ シゲミ | Hatta Shigemi
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (2件): 水工学 ,  防災工学
研究キーワード (6件): 洪水予測 ,  流出モデル ,  水文学 ,  河川 ,  runoff model ,  hydrology
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 融雪流出予測に関する研究
  • Study on Snowmelt Runoff Prediction
論文 (29件):
  • Toru Sakai, Shigemi Hatta, Makoto Okumura, Tetsuya Hiyama, Yasushi Yamaguchi, Gen Inoue. Use of Landsat TM/ETM plus to monitor the spatial and temporal extent of spring breakup floods in the Lena River, Siberia. INTERNATIONAL JOURNAL OF REMOTE SENSING. 2015. 36. 3. 719-733
  • 八田 茂実. Changes in eco-hydrological systems under recent climate change in eastern Siberia. IAHS Publication 360 pp.155~160. 2013
  • 八田 茂実. 分布型水文モデルによるレナ川流域の長期流出解析. 水文・水資源学会誌,第22巻 pp.177~187. 2009
  • 八田 茂実. 豪雪地帯における貯水池の融雪流入量予測に関する研究(3). 北海道河川防災研究センター研究所紀要,19 pp.165~176. 2008
  • 八田 茂実. 豪雪地帯における貯水池の融雪流入量予測に関する研究(2). 北海道河川防災研究センター研究所紀要,18 pp.91~101. 2007
もっと見る
MISC (74件):
もっと見る
書籍 (3件):
  • 水理学
    実教出版 全287頁 2016
  • シベリアー温暖化する極北の水環境と社会
    京都大学出版会 全511頁 2015
  • 積雪寒冷地の水文・水資源(再掲)
    信山社ハイテック 全322頁 1998
Works (6件):
  • 苫小牧周辺河川の水質形成過程に関する研究
    2001 -
  • Formation process of stream water quality in the Tarumae volcanic area
    2001 -
  • ファジィ推論を用いた単純な融雪流出予測
    1993 -
  • リモートセンシング情報を用いた定山渓ダムの融雪流出解析
    1993 -
  • Snowmelt Runoff prediction based on only air temperature using fuzzy reasoning model
    1993 -
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1989 長岡技術科学大学 建設工学課程
  • - 1989 長岡技術科学大学
学位 (1件):
  • 博士(工学) (北海道大学)
所属学会 (3件):
日本自然災害学会 ,  水文・水資源学会 ,  土木学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る