研究者
J-GLOBAL ID:200901032622597222   更新日: 2020年02月07日

吉村 信之

ヨシムラ ノブユキ | YOSHIMURA NOBUYUKI
所属機関・部署:
職名: 准教授
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 資本主義経済の原理的研究
論文 (20件):
  • 吉村信之. 「『金融化』の現代的諸問題とマルクス経済学」. 『季刊経済理論』. 2019. 第55巻. 第4号. 28-42頁
  • 吉村信之. 「資本主義経済の歴史的展開--戦間期までの概観」. SGCIME篇『第3版 現代経済の解読 グローバル資本主義と日本経済』. 2017. 1. 1. 135-160頁
  • 吉村信之. 「恐慌と信用」 博士論文. 2017
  • 足立眞理子, 阿部浩之, 泉正樹, 江原慶, 沖公祐, 勝村務, 佐藤隆, 塩見由梨, 柴崎慎也, 清水真志, et al. 「小幡理論の射程」. 『経済原論研究への誘い-小幡理論をめぐって』勝村 務/小幡道昭教授退職記念誌刊行会 編,響文社. 2016. 1
  • 吉村信之. 「信用・信用恐慌論の研究潮流」. 『恐慌論の論点と分析』(創風社)所収. 2014. 1. 157-199頁
もっと見る
講演・口頭発表等 (11件):
  • Recent Trends in Value Theory
    (2018年マルクス生誕200年記念国際シンポジウム Marx in the 21st century (2018 年 12 月 22 日(土)・23 日(日)、法政大学市ヶ谷キャンパス外濠校舎 薩埵ホール他) 2018)
  • コメント:塩見由梨[東京大学]「生産力の発展と資本蓄積の制約」
    (2017)
  • コメント:森本壮亮[桃山学院大学]「TSSIの価値論と置塩定理批判」
    (2017)
  • コメント:東浩一郎[東京立正短期大学]「TSSIの現段階」
    (2017)
  • 「価値論の動向-転形問題と単一体系解釈についてー」
    (2017)
もっと見る
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る