研究者
J-GLOBAL ID:200901032684667731   更新日: 2020年05月25日

符 徳勝

フ トクショウ | Fu Desheng
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (2件):
  • 静岡大学  工学部 - 電子物質科学科 
  • 静岡大学  大学院総合科学技術研究科工学専攻 - 電子物質科学コース 
ホームページURL (1件): http://www.grl.shizuoka.ac.jp/~ddsfu/
研究分野 (3件): 応用物性 ,  無機材料、物性 ,  半導体、光物性、原子物理
研究キーワード (5件): ナノ物性評価 ,  酸化物 ,  焦電体 ,  圧電体 ,  強誘電体
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2017 - 2020 超高感度新規焦電材料の開発
  • 2010 - 2013 強誘電体における量子効果による巨大物性制御
論文 (25件):
  • Payel Aich, Desheng Fu, Carlo. Meneghini, Sugata Ray. Identifying the nature of dielectric anomalies in SrFeO3-δ. Journal of Magnetism and Magnetic Materials. 2019. 486. 165265-1
  • Payel Aich, Carlo Meneghini, Luca Tortora, Vasudeva Siruguri, S. D. Kaushik, Desheng Fu, Sugata Ray. Fluorinated Hexagonal 4H SrMnO3 : A locally disordered manganite. J. Materials Chemistry C. 2019. 7. 3560-3568
  • Hiroki Moriwake, Ayako Konishi, Takafumi Ogawa, Craig A. J. Fisher, Akihide Kuwabara, Kazuki Shitara, Desheng Fu. Polarization fluctuations in the perovskite-structured ferroelectric AgNbO3. Phys. Rev. B. 2018. 97. 224104-1
  • Y. Yoneda, D. FU, S. Kohara. Local structure analysis of NaNbO3. J. Phys.: Conf. Ser. 2014. 502. 012022
  • Y Yoneda, S Kohara, H Nagata, D Fu, T Takenaka. Local Structure Analysis of Nb-related Perovskite Materials. Trans. Mater. Res. Soc. Jpn. 2014. 39. 4. 455-458
もっと見る
MISC (1件):
  • 責任著者, 符徳勝, 共著者, 伊藤満, 腰原伸也. 巨大電気誘起歪と量子臨界現象を示す新しい強誘電体結晶(Ba,Ca)TiO3の開発:Aサイトイオンのオフセンタリングでペロブスカイト構造の強誘電性を制御する(解説). 固体物理. 2008. 43. 581-45
特許 (5件):
  • 電子・光学用チタン酸バリウム-カルシウム単結晶体材料及び多結晶体材料とその製造方法
  • 強誘電体及び絶縁体からなる組成変調型積層体とその製造方法
  • Composition buffers for electronic ceramics containing volatitle elements and the manufacture method
  • 揮発性元素を含む電子セラミックスの組成緩衝材とその製造方法
  • 紫外線照射による光感応性添加物を用いて作製した高結晶性・表面平滑なセラミック薄膜の製造方法
書籍 (5件):
  • Nanoscale Ferroelectric-Multiferroic Materials for Energy Harvesting Applications
    Elsevier 2019
  • Ferroelectric Materials-Synthesis and Characterization
    Intech 2015
  • Advances in Ferroelectrics
    InTech 2012
  • Ferroelectrics - Material Aspects
    InTech 2011
  • 動的構造解析技術と非平衡物質開発の最前線
    シーエムシー出版 2009
講演・口頭発表等 (50件):
  • Ba(Ti1-xSnx)O3セラミックスにおける巨大圧電応答
    (日本物理学会2019年秋季大会 2019)
  • k-Al2O3型 (Ga1-x/2Fe1-x/2)ScxO3単結晶の磁性と誘電性:(1)結晶構造と誘電性
    (日本物理学会2019年秋季大会 2019)
  • k-Al2O3型 (Ga1-x/2Fe1-x/2)ScxO3単結晶の磁性と誘電性:(2)磁性
    (日本物理学会2019年秋季大会 2019)
  • On the size effects in BaTiO3 ceramics
    (The 11th China and Japan Symposium on Ferroelectric Materials and Their Applications 2019)
  • 欠損制御による(Ca0.3Ba0.7)1+xNb2O6+xセラミックスの微構造と物性の変化
    (日本セラミックス協会2019年年会 2019)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(理学) (中山大学)
経歴 (1件):
  • 静岡大学 創造科学技術研究部 ナノマテリアル部門 創造科学技術研究部 准教授
受賞 (1件):
  • 2010/09 - 東京工業大学応用セラミックス研究所長賞2010年度研究奨励部門,
所属学会 (3件):
日本応用物理学会 ,  日本物理学会 ,  日本セラミックス協会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る