研究者
J-GLOBAL ID:200901032756139050   更新日: 2019年04月06日

山田 彩起子

ヤマダ アキコ | Yamada Akiko
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 日本史
研究キーワード (5件): 朝廷 ,  貴族 ,  後宮 ,  女院 ,  日本中世史
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2012 - 2015 中世前期女性院宮の文化圏の研究
論文 (12件):
  • 山田 彩起子. 平安時代中期における后の女房の存在形態について-職掌・序列などを中心に-. 古代文化. 2015. 67. 3. 23-41
  • 山田 彩起子. 平安中期以降の尚侍をめぐる考察. 古代文化. 2012. 64. 2. 59-79
  • 山田 彩起子. 中世前期女性院宮の研究. 明治大学. 2007
  • 山田彩起子. 天皇准母内親王の王家における役割. 文化継承学論集. 2007. 3. 105-96
  • 山田彩起子. 四条宮以降の摂関家女性院宮を巡る考察ー皇嘉門院を事例としてー. 文化継承学論集. 2006. 2. 109-101
もっと見る
MISC (1件):
  • 山田 彩起子. 二度の皇位継承候補になった暲子内親王. 歴史読本. 2012. 877. 158-163
書籍 (5件):
  • 変革期の社会と九条兼実- 『玉葉』をひらくー
    勉誠出版 2018
  • 生活と文化の歴史学4 婚姻と教育
    竹林舎 2014
  • 『玉葉』を読む-九条兼実とその時代-
    勉誠出版 2013
  • 中世前期女性院宮の研究
    思文閣出版 2010
  • 平安文学と隣接諸学4 王朝文学と官職・位階
    竹林舎 2008
講演・口頭発表等 (4件):
  • 西園寺家出身女院と公家社会
    (中央史学会中世史部会 2015)
  • 平安中期以降の尚侍をめぐる考察
    (国史学会1月例会 2010)
  • 平安中期における后の女官の序列形成について
    (東アジアから見る古代学の今と未来ーヤマト王権・飛鳥から『源氏物語』の世界までー 2008)
  • 鳥羽院政期における村上源氏についてー美福門院藤原得子との関係ー
    (三田史学会 1998)
学歴 (3件):
  • 2000 - 2007 明治大学大学院博士後期課程 文学研究科 史学専攻
  • 1997 - 1999 慶応義塾大学大学院博士前期課程 文学研究科 史学専攻
  • - 1997 慶應義塾大学 文学部 史学科日本史学専攻
学位 (1件):
  • 博士(史学) (明治大学)
経歴 (2件):
  • 2019/04 - 現在 山形県立米沢女子短期大学 准教授
  • 2007/04 - 2019/03 明治大学文学部兼任講師
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る