研究者
J-GLOBAL ID:200901032766016526   更新日: 2020年06月07日

加藤 知佳子

カトウ チカコ | Kato Chikako
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (2件): 基盤脳科学 ,  実験心理学
研究キーワード (3件): 対人コミュニケーション ,  核磁気共鳴機能画像法 ,  視知覚
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2017 - 2018 高齢者における他者の視線による注意転換に関する研究
  • 2002 - 2005 核磁気共鳴法を用いた視覚による共同注意に関わる脳内過程の研究
  • 2000 - 2002 視覚による「運動からの構造復元」に対する力学的視点の導入-fMRI研究に適したパラダイム開発にむけて-
  • 1999 - fMRIによる脳内の言語情報処理に関する解析技術開発-自己の運動系列の分節的産出に基づく脳内ネットワーク
  • 1992 - 1993 ビデオ画像に対する視線知覚のシミュレーションモデル適用とその実用性の検討
全件表示
論文 (19件):
  • Neural correlates of the cueing effect of another person's gaze. Proceedings of the International Society for Magnetic Resonance in Medicine. 2004. 735
  • Activation Corresponding to the Cueing Effect of Gaze: an fMRI Study. Proceedings of the International Society for Magnetic Resonance in Medicine. 2003
  • KATO Chikako. Perception of three-dimensional structure from visual motion displayed by a frame-transforming method: an fMRI study. Proceedings of the International Society for Magnetic Resonance in Medicine. 2002. 1505
  • Brain activation during extraction of forms from complex figures studied by fMRI. Proceedings of the International Society for Magnetic Resonance in Medicine. 2001. P1287
  • Activation related to endogenous attentional shift: a functional MRI study. Proceedings of the International Society for Magnetic Resonance in Medicine. 2000. 8. P893
もっと見る
MISC (34件):
  • 北原 靖子, 加藤 知佳子, 清家 三智, 柏木 陽. 大人を対象に行われた美術館ワークショップの報告ー主体的・対話的な学び支援に向けてー. 川村学園女子大学 教職センター年報. 2019. 3. 39-47
  • 加藤 知佳子, 北原 靖子, 清家 三智. 美術館で行う演劇ワークショップ(1)-子どもの活動はいかにファシリテートされるのか-. 日本発達心理学会第30回大会論文集. 2019
  • 加藤 知佳子, 北原 靖子. 旋律と韻律を扱う課題を用いた幼児における音高の認知に関する研究. 豊橋創造大学短期大学部研究紀要. 2018. 35. 1-11
  • 中井敏晴, 加藤知佳子, 岡田知久, 大石健一, 松尾香弥子. fMRIによる視覚キューと聴覚キューの運動制御メカニズムの差異に関する研究. 日本磁気共鳴医学会雑誌. 2004. 24. Supplement(Sept). 135
  • An event-related fMRI study of reflexive orienting induced by anather person's eye gaze. Neuroimage. 2004. 22, S52, TH59
もっと見る
書籍 (3件):
  • 「みる」仕組み:その時空相対性と図式性
    北大路書房 2014
  • ヴァーチャルインファントー言語獲得の謎を解く
    北大路書房 2000
  • ヒトらしさとは何かーヴァーチャルリアリティ時代の心理学
    北大路書房 1996
講演・口頭発表等 (12件):
  • Gender Differences of activation during visual orienting induced by pointing symbols
    (12th International Conference on Functional Mapping of the Human Brain 2006)
  • Pointing with the index finger or an arrow: Differences of activation detected by fMRI
    (11th International Conference on Functional Mapping of the Human Brain 2005)
  • An event-related fMRI study of reflexive orienting induced by anather person's eye gaze
    (10th International Conference on Functional Mapping of the Human Brain 2004)
  • An fMRI Study of endogenous attentional shift caused by symbolic pointers
    (8th International Conference on Functional Mapping of the Human Brain 2002)
  • Cortical regions involved in extraction of forms from complex figures: an fMRI study
    (7th International Conference on Functional Mapping of the Human Brain 2001)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1988 - 1989 お茶の水女子大学 人間文化研究科 人間発達学専攻
  • 1986 - 1988 お茶の水女子大学 人文科学研究科 教育学専攻(心理学)
  • 1981 - 1985 お茶の水女子大学 文教育学部 教育学科教育学専攻(心理学)
学位 (1件):
  • 文学修士 (お茶の水女子大学)
経歴 (6件):
  • 2008 - 現在 豊橋創造大学リハビリテーション学部(現 保健医療学部) 教授
  • 2006 - 2008 豊橋創造大学情報ビジネス学部 教授
  • 2000 - 2006 豊橋創造大学経営情報学部 助教授
  • 1996 - 2000 豊橋創造大学経営情報学部 専任講師
  • 1992 - 1996 豊橋短期大学秘書科 専任講師
全件表示
所属学会 (4件):
日本基礎心理学会 ,  日本発達心理学会 ,  日本教育心理学会 ,  日本心理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る