研究者
J-GLOBAL ID:200901032798541703   更新日: 2019年12月07日

岸本 健雄

キシモト タケオ | KISHIMOTO TAKEO
所属機関・部署:
職名: 名誉教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
研究分野 (4件): 細胞生物学 ,  機能生物化学 ,  分子生物学 ,  発生生物学
研究キーワード (5件): 細胞周期 ,  シグナル伝達 ,  タンパク質の機能調節 ,  遺伝情報の継承 ,  卵形成
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2016 - 2019 卵細胞におけるG2/M期移行:cyclin B-Cdk1活性化の閾値設定機構
  • 2007 - 2012 卵細胞における細胞周期の開始機構
  • 2001 - 2006 サイクリン依存性キナーゼの活性制御
  • 2000 - 2004 Signal Transduction during Oocyte Maturation
  • 1996 - 2001 細胞増殖の制御機構:シグナル伝達から細胞複製まで
論文 (100件):
  • Murabe, N., Okumura, E., Chiba, K., Hosoda, E., Ikegami, S., and Kishimoto, T. The Starfish Asterina pectinifera: Collection and Maintenance of Adults and Rearing and Metamorphosis of Larvae. Methods in Mol. Biol. 2020
  • Hiraoka, D, Hosoda, E., Chiba, K., and Kishimoto, T. SGK phosphorylates Cdc25 and Myt1 to trigger cyclin B-Cdk1 activation at the meiotic G2/M transition. J. Cell Biol. 2019. 218. 11. 3597-3611
  • Hosoda, E., Hiraoka, D., Hirohashi, N., Omi, S., Kishimoto, T., and Chiba, K. SGK regulates pH increase and cyclin B-Cdk1 activation to resume meiosis in starfish ovarian oocytes. J. Cell Biol. 2019. 218. 11. 3612-3629
  • Kishimoto T. MPF-based meiotic cell cycle control: Half a century of lessons from starfish oocytes. Proceedings of the Japan Academy. Series B, Physical and Biological Sciences. 2018. 94. 4. 180-203
  • Takeda N, Kon Y, Quiroga Artigas G, Lapébie P, Barreau C, Koizumi O, Kishimoto T, Tachibana K, Houliston E, Deguchi R. Identification of jellyfish neuropeptides that act directly as oocyte maturation-inducing hormones. Development (Cambridge, England). 2018. 145. 2. dev.156786
もっと見る
MISC (18件):
  • 岸本健雄. 増井禎夫(1931-)-細胞周期研究をブレークさせた発生学者. 生体の科学. 2019. 70. 5. 384-385
  • 岸本健雄. 細胞分裂制御におけるGreatwallキナーゼの新規機能. バイオサイエンスとインダスタトリー. 2013. 71. 536-537
  • 岸本健雄. オーバービュー:細胞周期研究の歴史と生命現象解明への展開. 実験医学(増刊号)「ヒトと医学のステージへ拡大する細胞周期2013:がん治療と生命現象の解明をめざして」(中山敬一編). 2013. 31. 144-153
  • 岸本健雄. 細胞周期研究の新たなステージ:基礎の基礎. 細胞工学. 2009. 28. 10-14
  • 岸本健雄. (1枚の写真館)卵核胞崩壊--あっ、消えてしまった!. 細胞工学. 2006. 25. 227-227
もっと見る
書籍 (29件):
  • Calcium-mediated transduction of the hormonal message in 1-methyladenine-induced meiosis reinitiation of starfish oocytes.
    Colloque International C.N.R.S.: Metabolism and Molecular Activities of Cytokinins (J. Guern and C. Peaud-Lenoel, eds.), Springer Verlag, Berlin 1981
  • Microinjection and cytoplasmic transfer in starfish oocytes.
    Methods in Cell Biol., "Echinoderm Gametes and Embryos" (T. E. Schroeder, ed.), Academic Press, New York 1986
  • Maturation-promoting factor in starfish oocytes: Preliminary characterizaion and action on oocyte-follicle cell junctions.
    Advances in Invertebrate Reproduction (M. Porchet, J. C. Andries and A. Dhainaut, eds.), Elsevier Sci. Pub. BV, Amsterdam 1986
  • 卵の細胞周期を調節するしくみ
    形態形成プログラム「発生・分化の遺伝子的背景」(江口吾朗、鈴木義昭、名取俊二編)、東京大学出版会 1990
  • Molecular cloning and sequencing of starfish cyclin cDNA.
    Advances in Invertebrate Reproduction (M. Hoshi and O. Yamashita eds.), Elsevier Sci. Pub. BV, Amsterdam 1990
もっと見る
学歴 (4件):
  • - 1971 東京大学 理学部 化学科
  • 1971 - 1973 東京大学 大学院理学系研究科 動物学専攻修士課程
  • 1973 - 1976 東京大学 大学院理学系研究科 動物学専攻博士課程
  • 1967 - 東京大学 理科I類
学位 (1件):
  • 理学博士 (東京大学)
経歴 (7件):
  • 1978/01 - 1987/07 生物科学総合研究機構 助手
  • 1987/07 - 1987/11 岡崎国立共同研究機構 助教授
  • 1987/12 - 1990/05 東京工業大学 教授
  • 1990/06 - 1999/03 東京工業大学 教授
  • 1999/04 - 2013/03 東京工業大学 教授
全件表示
委員歴 (3件):
  • 2006/10 - 現在 日本学術会議 会員(2011/10-2017/7)、連携会員(2006/10-2011/9; 2017/7-現在)
  • 2006/04 - 2009/03 日本学術振興会 学術システム研究センター 専門研究員
  • 2001 - 2008 科学技術振興機構 戦略的創造研究推進事業CREST「たんぱく質の構造・機能と発現メカニズム」領域アドバイザー
受賞 (4件):
  • 2011/11 - 紫綬褒章
  • 2010/06 - チェコ科学アカデミー メンデルメダル
  • 2005/05 - 比較腫瘍学常陸宮賞(第10回)
  • 1993/11 - 日本動物学会賞
所属学会 (4件):
日本動物学会 ,  日本細胞生物学会 ,  日本発生生物学会 ,  日本分子生物学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る