研究者
J-GLOBAL ID:200901032944497320   更新日: 2020年09月01日

増澤 俊幸

マスザワ トシユキ | Masuzawa Toshiyuki
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://www.cis.ac.jp/
研究分野 (1件): 細菌学
研究キーワード (5件): マダニ ,  ボレリア ,  ライム病 ,  アナプラスマ ,  レプトスピラ
競争的資金等の研究課題 (32件):
  • 2018 - 2019 カンボジアのレプトスピラ研究
  • 2011 - 2014 東アジア共通性マダニが媒介する新興アナプラズマ症,紅斑熱群,ライム病の分子疫学の
  • 2009 - 2014 レプトスピラ症の予防対策と診断技術の開発
  • 2008 - 2011 ユーラシアにおけるマダニ媒介性細菌ライムボレリアとアナプラズマの共感染実態の解明
  • 2007 - 2009 環東シナ海に収斂される媒介動物の分布特性に基づく新興再興感染症拡散経路の確定
全件表示
論文 (162件):
  • Antony T. Vincent, Olivier Schiettekatte, Cyrille Goarant, Vasantha Kumari Neela, Eve Bernet, Roman Thibeaux, Nabilah Ismail, Mohd Khairul Nizam Mohd Khalid, Fairuz Amran, Toshiyuki Masuzawa, et al. Revisiting the taxonomy and evolution of pathogenicity of the genus Leptospira through the prism of genomics. PLOS Neglected Tropical Diseases. 2019. 13. 5. e0007270-e0007270
  • Masuzawa T, Saito M, Nakao R, Nikaido Y, Matsumoto M, Ogawa M, Yokoyama M, Hidaka Y, Tomita J, Sakakibara K, et al. Molecular and phenotypic characterization of Leptospira johnsonii sp. nov., Leptospira ellinghausenii sp. nov., and Leptospira ryugenii sp. nov. isolated from soil and water in Japan. Microbiology and Immunology. 2019. 63. 3. 89-99
  • Masuzawa T, Uno R, Matsuhashi N, Yamaguchi M, Xu J, Nakamura S. Comparison of Leptospira species isolated from environmental water and soil in Japan. Microbiology and Immunology. 2019
  • Sato K, Sakakibara K, Masuzawa T, Ohnishi M, Kawabata H. Case control study: Serological evidence that Borrelia miyamotoi disease occurs nationwide in Japan. J. Infect. Chemother. 2018. 24. 10. 828-833
  • Toshiyuki Masuzawa, Keiko Sakakibara, Mitsumasa Saito, Yusuke Hidaka, Sharon Y. A. M. Villanueva, Yasutake Yanagihara, Shin-Ichi Yoshida. Characterization of Leptospira species isolated from soil collected in Japan. Microbiology and Immunology. 2018. 62. 1. 55-59
もっと見る
MISC (31件):
  • 増澤俊幸, 中尾亮, 榊原佳子, 鈴木和史, 安田紫麻, 佐藤彦暉, 齋藤光正, 日高悠介. 全ゲノム配列(WGS)に基づく土壌由来レプトスピラの新種提案. レプトスピラ・シンポジウム. 2018. 55th. 8-9
  • 川端 寛樹, 佐藤 梢, 熊谷 由美, 大西 真, 安藤 秀二, 福士 秀悦, 下島 昌幸, 西條 政孝, 阿戸 学, 長谷川 秀樹, et al. わが国におけるダニ媒介性細菌感染症研究の現状 新興ボレリア感染症. 日本細菌学雑誌. 2017. 72. 1. 34-34
  • 高野愛, 石畝史, 増澤俊幸, 井上智, TKACHEV Sergey E, 苅和宏明, MOROZOV Viacheslav G, 矢野泰弘, 高田伸弘, 藤田博己, et al. 欧州型Borreliaの大陸分布に関する調査研究. 衛生動物. 2012. 63. 2. 142
  • 川端寛樹, 高野愛, 伊東拓也, 石ぐろ史, 高田伸弘, 矢野泰弘, 中尾稔, 増沢俊幸, 藤田博己, 渡邉治雄, et al. 多領域DNA配列解析によって推定された国内におけるライム病ボレリア病原体Borrelia gariniiの維持・伝播経路. 衛生動物. 2011. 62. 2. 133
  • 川端 寛樹, 高野 愛, 中尾 稔, 増沢 俊幸, 高田 伸弘, 矢野 泰弘, 石畝 史, 藤田 博己, 伊東 拓也, 及川 陽三郎, et al. マダニ媒介性のライム病病原体Borrelia gariniiの維持伝播サイクルに関する研究. 衛生動物. 2011. 62. Suppl. 69-69
もっと見る
書籍 (34件):
  • 微生物学
    羊土社 2020 ISBN:9784758113588
  • シンプル微生物学 改訂第6版
    南江堂 2018 ISBN:4524254838
  • 薬学領域の病原微生物学・感染症学・化学療法学 第4版
    廣川書店 2018
  • スタンダード薬学教科書シリーズII 6 医療薬学 IV.薬理・病態・薬物治療(4)
    東京化学同人 2017
  • 病原細菌・ウイルス図鑑
    北海道大学出版会 2017
もっと見る
Works (5件):
  • Field survey for Leptospirosis in Japan.
    2000 -
  • Biodegradation of food waste.
    1999 -
  • Molecular epidemiological analysis of distribution of Leptospira in East Asia.
    1998 -
  • Molecular epidemiological analysis of distribution and transmission of Lyme disease Borrelia in Eurasia.
    1995 -
  • Field survey for Lyme disease Borrelia in Eurasia.
    1995 -
学歴 (1件):
  • 1990 - 静岡薬科大学大学院薬学研究科
学位 (2件):
  • 薬学博士 (静岡薬科大学)
  • 薬学修士 (静岡薬科大学)
経歴 (1件):
  • 2005/04 - 現在 千葉科学大学 薬学部 教授
委員歴 (5件):
  • 2001 - 現在 人と動物の共通感染症研究会 幹事
  • 2011/04 - 2015/03 日本薬学会 Biological Pharmaceutical Bulletin編集委員
  • 1998 - 2015 日本レプトスピラ研究会 会長
  • 2011/04 - 2012/03 日本薬学会 第27回微生物シンポジウム世話人
  • 2006/01 - 2007/12 Microbiology and Immunology 編集委員
受賞 (5件):
  • 1997 - 日本薬学会奨励賞
  • 1996 - 知恩会斉藤研究奨励賞
  • 1994 - 日本薬学会東海支部学術奨励賞
  • 1993 - 井上科学振興財団研究奨励賞
  • 1989 - 知恩会斉藤研究奨励賞
所属学会 (4件):
日本レプトスピラ研究会 ,  日本細菌学会 ,  日本薬学会 ,  人と動物の共通感染症研究会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る