研究者
J-GLOBAL ID:200901033304560324   更新日: 2021年04月07日

武政 徹

タケマサ トオル | Takemasa Tohru
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (3件): 細胞生物学 ,  分子生物学 ,  スポーツ科学
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2000 - 2001 メカニカルストレスと細胞の反応に関する分子細胞生物学的研究
  • 2000 - 運動による骨格筋の質的・量的変化に関わる分子機構
論文 (186件):
  • Tokinoya, Katsuyuki, Shirai, Takanaga, Ota, Yuya, Takemasa, Tohru, Takekoshi, Kazuhiro. Denervation-induced muscle atrophy suppression in renalase-deficient mice via increased protein synthesis. Physiological reports. 2020. 8. 15
  • Shirai, Takanaga, Aoki, Yuki, Takeda, Kohei, Takemasa, Tohru. The order of concurrent training affects mTOR signaling but not mitochondrial biogenesis in mouse skeletal muscle. Physiological reports. 2020. 8. 7
  • Kai Aoki, Takehito Sugasawa, Kouki Yanazawa, Koichi Watanabe, Tohru Takemasa, Yoshinori Takeuchi, Yuichi Aita, Naoya Yahagi, Yasuko Yoshida, Tomoaki Kuji, et al. The detection of trans gene fragments of hEPO in gene doping model mice by Taqman qPCR assay. PeerJ. 2020. 8. e8595
  • Aoki, Yuki, Ozawa, Tetsuo, Numata, Osamu, Takemasa, Tohru. High-Molecular-Weight Polyphenol-Rich Fraction of Black Tea Does Not Prevent Atrophy by Unloading, But Promotes Soleus Muscle Mass Recovery from Atrophy in Mice. Nutrients. 2019. 11. 9
  • Takehito Sugasawa, Kai Aoki, Koichi Watanabe, Koki Yanazawa, Tohru Natsume, Tohru Takemasa, Kaori Yamaguchi, Yoshinori Takeuchi, Yuichi Aita, Naoya Yahagi, et al. Detection of Transgenes in Gene Delivery Model Mice by Adenoviral Vector Using ddPCR. Genes. 2019. 10. 6. E436
もっと見る
特許 (3件):
  • 筋肉遅筋化促進剤
  • 筋増強系のAkt-mTOR-p70S6Kを活性化する製剤およびその方法
  • 生体高分子を網羅的に測定するバイオセンサーシステム並びにその応用装置
書籍 (11件):
  • NUTRITION AND ENHANCED SPORTS PERFORMANCE: MUSCLE BUILDING, ENDURANCE, AND STRENGTH, 2ND EDITION
    ACADEMIC PRESS LTD-ELSEVIER SCIENCE LTD 2019 ISBN:9780128139233
  • 運動と免疫-からだをまもる運動の不思議- 4章7項:運動と骨格筋と免疫
    ナップ; 東京 2009
  • レーヴン/ジョンソン生物学 分担翻訳本: R/J Biology 翻訳委員会監訳 42章;動物のからだと運動の仕組み.
    培風館; 東京 2007
  • 身体活動の科学における研究方法(分担翻訳本: 田中喜代次・西嶋尚彦監訳)
    NAP Limied; Tokyo 2004
  • Clinical Application of Computational Mechanics for the Cardiovascular System (Ed. Takami Yamaguchi)
    Springer-Verlag; Tokyo 2000
もっと見る
講演・口頭発表等 (148件):
  • 後肢懸垂および再接地による骨格筋ミトコンドリア3次元構造の適応
    (日本体力医学会大会(第74回) 2019)
  • オリーブ果実エキスの摂取が一過性の運動パフォーマンスに与える影響
    (日本体力医学会大会(第74回) 2019)
  • アスリートにおけるトレーニング期間中のマスリン酸摂取が主観的疲労および筋痛度に及ぼす影響
    (日本体力医学会大会(第74回) 2019)
  • 中高年女性が行う軽運動の効果に及ぼす高分子ポリフェノールMAFの影響
    (日本体力医学会大会(第74回) 2019)
  • 高強度運動後の血清が骨格筋ミトコンドリアに及ぼす影響
    (第27回日本運動生理学会大会 2019)
もっと見る
学歴 (3件):
  • - 1990 筑波大学 生物物理化学
  • - 1990 筑波大学 生物物理化学
  • - 1983 筑波大学 生物学類・医生物サブコース
学位 (4件):
  • 博士(医学) (日本医科大学)
  • Doctor of medical sciences (Nippon Medical School)
  • 理学博士 (筑波大学)
  • PhD (University of Tsukuba)
経歴 (10件):
  • 2012/10 - 現在 筑波大学・体育系 教授
  • 2012/10 - 現在 筑波大学・体育系 教授
  • 2007/04/01 - 2012/09 筑波大学・体育科学系 准教授
  • 2005/04/01 - 2007/03 筑波大学・体育科学系 助教授
  • 2000/04 - 2005/03 筑波大学・体育科学系 講師
全件表示
委員歴 (3件):
  • 2009 - 現在 日本体力医学会 役員、理事、総務委員会委員長
  • 2008 - 現在 日本体育学会 代議員
  • 2006 - 現在 日本運動生理学会 評議員、監事
受賞 (1件):
  • 2001 - 平成13年日本体力医学会プロジェクト研究助成金 「ヒトの骨格筋における遺伝子発現とその変化に対する運動の影響」
所属学会 (3件):
日本体育学会 ,  日本体力医学会 ,  日本運動生理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る