研究者
J-GLOBAL ID:200901033306875314   更新日: 2018年10月29日

有光 興記

アリミツ コウキ | ARIMITSU Kohki
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): https://clinical-affective-science.org/http://clinical-affective-science.org/
研究分野 (2件): 社会心理学 ,  臨床心理学
研究キーワード (8件): コンパッション ,  慈悲の瞑想 ,  マインドフルネス ,  罪悪感 ,  認知行動療法 ,  恥 ,  セルフ・コンパッション ,  感情
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2017 - 2020 慈悲をベースとした認知行動療法の心理学的・生理学的効果の検討
  • 2013 - 2015 コンパッション・セラピーによる認知行動変容の比較文化研究
  • 2010 - 2012 自己への思いやりに焦点を当てた認知行動療法プログラムの開発
  • 2008 - 2009 罪悪感と恥の苦痛低減のための認知行動的介入プログラムの開発
  • 2004 - 2005 中学生,高校生における罪悪感,羞恥心の問題行動制御機能に関する研究
論文 (25件):
  • Neff K.D, T{¥'o}th-Kir{¥'a}ly I, Yarnell L.M, Arimitsu K, Castilho P, Ghorbani N, Guo H.X, Hirsch J.K, Hupfeld J, Hutz C.S, Kotsou I, Lee W.K, Montero-Marin J, Sirois F.M, de Souza L.K, Svendsen J.L, Wilkinson R.B, Mantzios M. Examining the Factor Structure of the Self-Compassion Scale in 20 Diverse Samples: Support for Use of a Total Score and Six Subscale Scores. Psychological Assessment. 2018
  • Differences in Compassion, Well-being, and Social Anxiety Between Japan and the USA. Mindfulness. 2018
  • Arimitsu K, Hofmann SG. Effects of compassionate thinking on negative emotions. Cognition & emotion. 2017. 31. 1. 160-167
  • Kohki Arimitsu. The Effects of a Program to Enhance Self-Compassion in Japanese Individuals: A Randomized Controlled Pilot Study. The Journal of Positive Psychology. 2016. 11. 6. 559
  • Stefan G. Hofmann, Nicola Petrocchi, James Steinberg, Muyu Lin, Kohki Arimitsu, Shelley Kind, Adriana Mendes, and Ulrich Stangier. Loving-Kindness Meditation to Target Affect in Mood Disorders: A Proof-of-Concept Study. Evidence-Based Complementary and Alternative Medicine. 2015
もっと見る
MISC (23件):
もっと見る
書籍 (16件):
  • “あがり”とその対処法
    川島書店 2005 ISBN:4761008148
  • 子どもの発達理解とカウンセリング
    樹村房 2006 ISBN:9784883671212
  • 自己意識的感情の心理学
    北大路書房 2009 ISBN:4762826936
  • パーソナリティ
    培風館 2010 ISBN:9784563057480
  • 「あがり」は味方にできる (メディアファクトリー新書)
    メディアファクトリー 2010 ISBN:4840135371
もっと見る
講演・口頭発表等 (16件):
  • 社会 A-8 「あがり」経験と主観的成功感の関係
    (日本教育心理学会総会発表論文集 1998)
  • PC37 母親の性罪悪感と青年期の子の性経験及び罪感情との関係
    (日本教育心理学会総会発表論文集 2001)
  • マジカルナンバー7(±2)の再検証 : Kawai & Matsuzawa (2000)の手続きを用いて(発表要旨,日本動物心理学会第61回大会・日本基礎心理学会第20回大会合同大会)
    (基礎心理学研究 2002)
  • 質問紙法による感情研究 (第10回大会記念シンポジウム)
    (感情心理学研究 2002)
  • PB28 自己意識的感情尺度(KA-JiKoKan)の開発(1)(人格,ポスター発表B)
    (日本教育心理学会総会発表論文集 2003)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1995 関西学院大学 文学部 心理学科
  • - 2000 関西学院大学大学院 文学研究科 博士課程後期課程 心理学専攻
学位 (1件):
  • 博士(心理学) (関西学院大学)
経歴 (4件):
  • 2006/04 - 2012/03 駒澤大学 准教授
  • 2014/04 - 2015/03 ボストン大学 客員教授
  • 2012/04 - 2017/03 駒澤大学 教授
  • 2017/04 - 現在 関西学院大学 教授
委員歴 (11件):
  • 2016/06 - 現在 日本感情心理学会 編集事務局,常任理事
  • 2013/09 - 現在 日本認知療法学会 常任編集委員
  • 2012/10 - 現在 日本パーソナリティ心理学会 理事
  • 2013/11 - 2017/11 日本心理学会 編集委員
  • 2007/04 - 2017/03 日本心理学会 関東地区代議員
全件表示
所属学会 (6件):
Society for Personality and Social Psychology ,  International Society for Research on Emotion ,  Association for Behavioral and Cognitive Therapies ,  日本心理学会 ,  日本感情心理学会 ,  日本パーソナリティ心理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る