研究者
J-GLOBAL ID:200901033373523031   更新日: 2020年06月07日

中嶋 薫

ナカジマ カオル | Nakajima Kaoru
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): http://mech-server.mech.kyoto-u.ac.jp/lab/kimura
研究分野 (3件): 薄膜、表面界面物性 ,  結晶工学 ,  応用物性
研究キーワード (12件): スパッタリング ,  薄膜 ,  二次イオン質量分析法 ,  二次電子放出 ,  イオントラック ,  高分解能ERDA ,  高分解能RBS ,  イオン散乱 ,  照射効果 ,  イオンビーム工学 ,  結晶成長 ,  表面分析
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 高分解能RBSを用いたモノレイヤーアナリシス
論文 (35件):
  • Namura Kyoko, Imafuku Souki, Kumar Samir, Nakajima Kaoru, Sakakura Masaaki, Suzuki Motofumi. Direction control of quasi-stokeslet induced by thermoplasmonic heating of a water vapor microbubble. SCIENTIFIC REPORTS. 2019. 9
  • Sakata Hiroki, Yamamoto Yuichi, Sato Koya, Nakajima Kaoru, Kimura Kenji. High-resolution depth profiling of soda-lime silicate glass using high-resolution RBS and ERDA. NUCLEAR INSTRUMENTS & METHODS IN PHYSICS RESEARCH SECTION B-BEAM INTERACTIONS WITH MATERIALS AND ATOMS. 2019. 440. 60-63
  • H. Kokabu, S. Yoon, H. Lee, K. Nakajima, M. Matsuda, M. Sataka, M. Tsujimoto, M. Toulemonde, K. Kimura. Measurement of local temperature around the impact points of fast ions under grazing incidence. Nuclear Instruments and Methods in Physics Research, Section B: Beam Interactions with Materials and Atoms. 2019
  • Yamamoto Yuichi, Sato Koya, Nakajima Kaoru, Kimura Kenji. Quantification of outermost OH group on silica glass surface by high-resolution elastic recoil detection analysis. JOURNAL OF NON-CRYSTALLINE SOLIDS. 2018. 499. 408-411
  • Namura Kyoko, Nakajima Kaoru, Suzuki Motofumi. Investigation of transition from thermal-to solutal-Marangoni flow in dilute alcohol/water mixtures using nano-plasmonic heaters. NANOTECHNOLOGY. 2018. 29. 6
もっと見る
MISC (199件):
  • 中嶋 薫, 中西 竣飛, LISAL Martin, 木村 健二. 高分解能RBSによるイオン液体表面構造解析. 表面科学. 2017. 38. 4. 170-175
  • 中嶋 薫, 山本 和輝, 石井 洋晶, 澤田 純平, 木村 健二. 二次電子顕微鏡を用いたSIMSイメージング装置の開発. 日本物理学会講演概要集. 2017. 72. 0. 623-623
  • 古株 弘樹, 辻本 将彦, 松崎 勝太, 李 暁星, 中嶋 薫, 木村 健二, 松田 誠, 左高 正雄, 鳴海 一雅, 斎藤 勇一. 高速イオンの照射点付近における温度測定V. 日本物理学会講演概要集. 2017. 72. 0. 626-626
  • 古株 弘樹, 中嶋 薫, 木村 健二, 松田 誠, 左高 正雄, 辻本 将彦. 高速イオンの照射点付近における温度測定VI. 日本物理学会講演概要集. 2017. 72. 0. 562-562
  • 立道 良輔, 野村 洸, 中嶋 薫, 木村 健二. MeV-SIMSにおけるイオン液体マトリックス添加の効果. 日本物理学会講演概要集. 2017. 72. 0. 556-556
もっと見る
書籍 (2件):
  • 最新 実用真空技術総覧
    株式会社 エヌ・ティー・エス 2019
  • Advances in the Understanding of Crystal Growth Mechanisms(jointly worked)
    Elsevier Science B. V., 1997
講演・口頭発表等 (7件):
  • 表面・界面分析の基礎と応用 イオン散乱分光法
    (表面科学基礎講座 2014)
  • イオン散乱分光法
    (表面科学基礎講座 2013)
  • イオン散乱分光法
    (表面科学基礎講座 2013)
  • イオン散乱分光法
    (表面科学基礎講座 2012)
  • イオン散乱分光法
    (表面科学基礎講座 2012)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1996 - 1997 京都大学大学院 工学研究科 機械物理工学専攻(博士後期課程、中途退学)
  • 1994 - 1996 京都大学大学院 工学研究科 機械物理工学専攻(修士課程)
  • 1990 - 1994 京都大学 工学部 物理工学科
学位 (1件):
  • 博士(工学) (京都大学)
経歴 (3件):
  • 2014/04 - 現在 京都大学大学院 准教授
  • 2006/04 - 2014/03 京都大学大学院 助教
  • 1997/04 - 2006/03 京都大学大学院 助手
委員歴 (3件):
  • 2013/01 - 2014/12 日本真空学会 関西支部 会計監事
  • 2011/01 - 2012/12 日本真空学会 関西支部 庶務幹事・会計幹事
  • 2001 - 日本物理学会 放射線物理分野 世話人
受賞 (1件):
  • 2002 - 日本表面科学会 表面科学技術賞
所属学会 (5件):
原子衝突学会 ,  日本真空学会 ,  日本表面科学会 ,  日本物理学会 ,  応用物理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る