研究者
J-GLOBAL ID:200901033450280686   更新日: 2021年01月07日

森 秀晴

モリ ヒデハル | Mori Hideharu
ホームページURL (1件): http://polyweb.yz.yamagata-u.ac.jp/~morilab/
研究分野 (1件): 高分子化学
研究キーワード (4件): 有機・無機ハイブリッド ,  ナノマテリアル ,  精密重合 ,  高分子合成
論文 (127件):
  • Ajino Keiko, Torii Ayaka, Ogawa Hideyuki, Mori Hideharu. Synthesis of ion-conductive polymers by radical polymerization of deep eutectic monomers bearing quaternary ammonium groups with urea. POLYMER. 2020. 204. 122803
  • Sasaki Yusuke, Mori Hideharu. Self-healing hybrids fabricated by metal complexation with imidazole-containing silsesquioxane nanoparticles. MATERIALS CHEMISTRY FRONTIERS. 2020. 4. 9. 2655-2664
  • Nakabayashi Kazuhiro, Miyakawa Kosei, Mori Hideharu. Thienoisoindigo-based donor-acceptor random copolymers: synthesis, characterization, and thin film nanostructure study. POLYMER BULLETIN. 2020. 77. 8. 4011-4022
  • Kosai Jun, Masuda Yuki, Chikayasu Yuki, Takahashi Yoshihito, Sasabe Hisahiro, Chiba Takayuki, Kido Junji, Mori Hideharu. S-Vinyl Sulfide-Derived Pendant-Type Sulfone/Phenoxazine-Based Polymers Exhibiting Thermally Activated Delayed Fluorescence: Synthesis and Photophysical Property Characterization. ACS APPLIED POLYMER MATERIALS. 2020. 2. 8. 3310-3318
  • Sato Yugo, Sobu Shigeki, Nakabayashi Kazuhiro, Samitsu Sadaki, Mori Hideharu. Highly Transparent Benzothiazole-Based Block and Random Copolymers with High Refractive Indices by RAFT Polymerization. ACS APPLIED POLYMER MATERIALS. 2020. 2. 8. 3205-3214
もっと見る
MISC (18件):
特許 (2件):
  • 感光性化合物及び感光性モノマ-を用いる(共)重合体
  • Dental cement composition containing composite particles with grafted polyacidic polymer chains
書籍 (28件):
  • 自己修復材料、自己組織化、形状記憶材料の開発と応用事例 第2章 第7節 有機・無機ハイブリッド微粒子を基盤とした自己修復型ハードコート材料の開発
    技術情報協会 2020
  • ラジカル重合を中心としたポリマー・微粒子・コーティング材の合成,応用,トラブル対策 第4章 第9節 乳化系RAFT重合を利用したクロロプレンゴムの新たな展開
    技術情報協会 2020
  • 刺激応答性高分子ハンドブック 第1編 第3章 第7節 刺激応答性コアーシェル型高分子ナノ粒子の設計
    NTS 2018
  • リビングラジカル重合-機能性高分子の合成と応用展開 第1編 第4章 RAFT 重合による機能性高分子の分子設計・合成
    シーエムシー出版 2018
  • リビングラジカル重合-機能性高分子の合成と応用展開
    シーエムシー出版 2018
もっと見る
講演・口頭発表等 (42件):
  • Amino Acid-based Smart Polymers having Specific Interactions with DNA/Proteins
    (The 16th Pacific Polymer Conference (PPC) 2019)
  • Sulfur- and Nitrogen-rich Polymeric Nanomaterials: Synthesis and Applications
    (37th Australasian Polymer Symposium (37APS) 2019)
  • Amino Acid-based Smart Polymers For Protein/DNA Binding
    (Korea-Japan Joint Symposium on Polymer Science 2019 (KJJS2019) 2019)
  • Amino Acid-based Polyelectrolytes having Specific Interactions with Protein and DNA
    (International Congress on Pure & Applied Chemistry (ICPAC) Yangon 2019 & International Symposium on Advanced Polymeric Materials (ISAPM) 2019)
  • Amino Acid-based Polyelectrolytes for Protein/DNA Binding
    (Japan-Taiwan Bilateral Polymer Symposium 2019 (JTBPS2019) 2019)
もっと見る
学歴 (3件):
  • - 1994 東京工業大学 高分子工学
  • - 1991 山形大学 高分子化学
  • - 1989 山形大学 高分子化学科
学位 (1件):
  • 博士(工学) (東京工業大学)
経歴 (5件):
  • 2009/02/01 - 現在 山形大学 大学院理工学研究科 教授
  • 2007/04/01 - 2009/01/31 山形大学 大学院理工学研究科 准教授
  • 2004/03/01 - 2007/03/31 山形大学 工学部 助教授
  • 2001/04/01 - 2004/02/28 バイロイト大学 研究員
  • 1994/04/01 - 2001/03/31 北陸先端科学技術大学院大学 助手
委員歴 (3件):
  • 2020/04/01 - 現在 接着学会 東北支部支部長
  • 2008/04/01 - 2018/03/31 接着学会 評議員
  • 2009/04 - 2010/03 日本化学会 日本化学会東北支部平成21年度山形地区幹事
所属学会 (4件):
日本化学会 ,  アメリカ化学会 ,  接着学会 ,  高分子学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る