研究者
J-GLOBAL ID:200901033531321778   更新日: 2020年11月27日

樋上 賀一

ヒガミ ヨシカズ | Yoshikazu Higami
ホームページURL (1件): http://www.tus.ac.jp/fac/kyouin/kyouin.php?ym/higami
研究分野 (1件): 生理学
研究キーワード (1件): 寿命・老化の制御、肥満症治療薬・代謝改善薬の開発
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2007 - 2011 抗老化・寿命延長作用の分子メカニズムの探索
  • 2007 - 2011 Molecular dissection for anti-aging and pro-longevity effects
論文 (151件):
  • Kyohei Yamashita, Ryoma Tagawa, Yoshikazu Higami, and Eiji Tokunaga. Noninvasive and Safe Cell Viability Assay for Breast Cancer MCF-7 Cells Using Natural Food Pigment. Biology. 2020. 9. 227-1-227-14
  • Kobayashi M, Ishizaki Y, Owaki M, Matsumoto Y, Kakiyama Y, Hoshino S, Tagawa R, Sudo Y, Okita N, Akimoto K, Higami Y. Nutlin-3a suppresses poly (ADP-ribose) polymerase 1 by mechanisms different from conventional PARP1 suppressors in a human breast cancer cell line. Oncotarget. 2020. 11. 18. 1653-1665
  • Nakane Y, Kemmochi Y, Ogawa N, Sasase T, Ohta T, Higami Y, Fukai F. Hyperglycemia contributes to the development of Leydig cell hyperplasia in male Spontaneously Diabetic Torii rats. Journal of Toxicologic Pathology. 2020. 33. 2. 121-129
  • Miyano K, Ohshima K, Suzuki N, Furuya S, Yoshida Y, Nonaka M, Higami Y, Yoshizawa K, Fujii H, Uezono Y. Japanese Herbal Medicine Ninjinyoeito Mediates Its Orexigenic Properties Partially by Activating Orexin 1 Receptors. Frontiers in Nutrition. 2020. 7. 5
  • Kurokawa Y, Fujii G, Tomono S, Miyamoto S, Hamoya T, Takahashi M, Narita T, Komiya M, Kobayashi M, Higami Y, Mutoh M. The Radical Scavenger NZ-419 Suppresses Intestinal Polyp Development in Apc-Mutant Mice. Journal of Clinical Medicine. 2020. 9. 1
もっと見る
MISC (18件):
  • 田川亮真・小林正樹・樋上賀一. 脂肪組織におけるオートファジー. BIO Clinica. 2020. 35. 12. 23-27
  • 田川亮真、小林正樹、樋上賀一. 脂肪代謝と抗老化メカニズム. 医学のあゆみ. 2020. 272. 12. 1230-1235
  • 髙橋良哉、樋上賀一. 老化研究の多方面アプローチ:そこから見えてくる未来. Yakugaku Zasshi. 2020. 140. 3. 377-378
  • 小林正樹、樋上賀一. 代謝の老化:カロリー制限による脂肪細胞での代謝モデリング. YAKUGAKU ZASSHI. 2020. 140. 3. 383-389
  • 小林正樹、田川亮真、樋上賀一. カロリー制限による抗老化効果. 泌尿器科. 2020. 11. 2. 195-200
もっと見る
特許 (3件):
  • 抗肥満物質のスクリーニング方法及び抗肥満物質のスクリーニング用キット
  • 虚血/再灌流傷害を治療する方法
  • 虚血/再灌流障害から保護するための薬剤
書籍 (6件):
  • 泌尿器外科 2017年30(2)
    医学図書出版株式会社 2017
  • 心身医学第52巻第3号
    日本心身医学会 2012
  • Regulations of telomerase activity and WRN gene expression, in Telomerase: Composision, Functions and Clinical Implications, Ed. Aiden N. Gagnon
    NOVA Science Publishers, Inc., Hauppauge, NY 2010
  • 科学フォーラム
    東京理科大学出版会 2010
  • 科学フォーラム
    東京理科大学出版会 2010
もっと見る
講演・口頭発表等 (168件):
  • TNBC型乳癌におけるPKCとGATA4の免疫組織学的解析
    (第64回 日本薬学会 関東支部大会 2020)
  • HPLCを用いたリダイフェン類縁体の測定法の確立ならびにラットにおける薬物動態の検討
    (日本薬学会140年会 2020)
  • TNBC型乳癌においてPKCλとGATA4のタンパク質発現は逆相関し、PKCλタンパク質高発現かつGATA4タンパク質低発現患者は予後不良である
    (日本薬学会 第140年会 2020)
  • A Novel Molecular Mechanism of Metabolic Remodeling, Anti-aging and Pro-longevity Actions of Caloric Restriction
    (第42回日本分子生物学会年会 2019)
  • カロリー制限 (CR) 誘導性ミトコンドリア関連因子の脂肪細胞形質への影響
    (日本肥満学会・第40回日本肥満学会 2019)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1990 長崎大学
  • - 1986 長崎大学 医学進学課程
学位 (1件):
  • 医学博士 (長崎大学)
経歴 (6件):
  • 2000 - 2007 長崎大学医学部病理学第一講座 ・助教授
  • 2007 - 東京理科大学薬学部 教授
  • 2001 - 2003 米国ウィスコンシン大学マディソン校内科学教室 visiting assistant scientist
  • 1994 - 2000 長崎大学医学部病理学第一講座 ・講師
  • 1993 - 1994 長崎大学医学部病理学第一講座 ・助手
全件表示
委員歴 (8件):
  • 2019/04/01 - 2021/03/31 日本基礎老化学会 学会理事等
  • 2010/04/01 - 2020/03/31 日本病理学会 評議委員
  • 2017/04/01 - 2019/03/31 日本基礎老化学会 学会理事等
  • 2015/04/01 - 2017/03/31 日本基礎老化学会 学会理事等
  • 2012/04/01 - 2015/03/31 日本基礎老化学会 学会理事等
全件表示
所属学会 (2件):
日本病理学会 ,  日本基礎老化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る