研究者
J-GLOBAL ID:200901033545011143   更新日: 2008年01月17日

後藤 幸子

ゴトウ ユキコ | Gotoh Yukiko
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (3件): 臨床看護学 ,  形成外科学 ,  教育工学
研究キーワード (9件): Maternal and child health ,  Health Education ,  Educational Technology ,  Maternity Nursing ,  母子保健 ,  健康教育 ,  教授学習支援システム ,  助産学 ,  母性看護学
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2000 - 2003 在宅高齢者の日常生活支援機器を促すための看護・介護職者教育プログラムの開発
  • 2000 - 2002 性と生殖の健康を支援するためのモデル開発研究
  • 2000 - 2001 早期産褥期の母と子の寝床空間環境機能に関する感性工学的研究
  • 2001 - 医療介入度と患者のQDLからみた病室の環境計画学的研究
MISC (66件):
  • 新生児ベッドの作業性についての基礎調査. 日本母性衛生学会第43回、学術集会収録集. 2002. 243
  • 母子の寝床空間に対する褥婦の評価特性-病産院における母子の寝床空間に関する研究-その4. 日本インテリア学会第14回大会発表梗概集. 2002. 45-46
  • 母子間距離とその心理に関する考察-病産院における母子の寝床空間に関する研究-その3. 日本インテリア学会研究発表梗概集. 2001. 5-6
  • 母子の愛着形成に関わる要因の分析-病産院における母子の寝床空間に関する研究-その2. 日本インテリア学会研究発表梗概集. 2001. 3-4
  • プロトコルによる母子関係の把握-病産院における母子の寝床空間に関する研究-その1. 日本インテリア学会研究発表梗概集. 2001. 1-2
もっと見る
Works (35件):
  • 在宅高齢者の日常生活支援機器活用を促すための看護・介護職者教育プログラム開発
    2002 -
  • 性と生殖の健康を支援するためのモデル開発-県民のためのリプロダクティブヘルスサービスの支援体制づくり-
    2002 -
  • 早期産褥期の母と子の病床空間環境に関する感性士学的研究
    2002 -
  • 早期産褥期の母と子の寝床環境空間に関する感性工学的研究
    2000 - 2001
  • 「授乳とは何か」-授乳用椅子と介助用椅子の研究開発を通して-
    2001 -
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1976 立正大学 社会学科
  • - 1976 立正大学
学位 (2件):
  • 博士(医学) (愛媛大学)
  • 文学士 (立正大学)
経歴 (3件):
  • 2000 - - 広島県立保健福祉大学保健福祉学部看護学科 教授
  • 1995 - 1999 愛媛大学・医学部・看護学科 教授
  • 1983 - 1994 福井県立大学看護短期大学部 講師・助教授
委員歴 (1件):
  • 1987 - 福井県母性衛生学会 学会長
所属学会 (9件):
福井県母性衛生学会 ,  日本建築学会 ,  日本看護診断学会 ,  日本QOL学会 ,  日本看護科学学会 ,  日本助産学会 ,  日本思春期学会 ,  日本母性衛生学会 ,  日本看護学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る