研究者
J-GLOBAL ID:200901033575313861   更新日: 2021年03月03日

加藤 篤史

カトウ アツシ | Kato Atsushi
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 経済政策
競争的資金等の研究課題 (11件):
  • 2018 - 2022 経済発展政策の政治経済学的分析:理論モデル分析とインドにおける実証研究
  • 2018 - 2022 南アジアのコネクティビティとインド-越境インフラを巡る政治と経済
  • 2015 - 2019 ポスト紛争期における社会の再編ー南アジアの事例から
  • 2015 - 2018 暴力・詐取・競争と経済発展:政治経済学的理論分析とインドにおける実証研究
  • 2013 - 2016 中国とインドの社会経済的重層性と技術・技能の高度化:後発超大国のイノベーション
全件表示
論文 (9件):
  • Atsushi Kato, Atsushi Fukumi. Political economy of agricultural electricity tariffs: Rural politics of Indian States. ENERGY POLICY. 2020. 145
  • Atsushi Kato, Yasuhiro Arikawa. Cross Shareholding and Initiative Effects. Asian Economic and Financial Review. 2015. 5. 2. 305-319
  • Atsushi Kato, Takahiro Sato. Greasing the Wheels?: The Effect of Corruption in Regulated Manufacturing Sectors of India. Canadian Journal of Development Studies. 2015. 36. 4. 459-483
  • Atsushi Kato, Takahiro Sato. The effect of corruption on the manufacturing sector in India. ECONOMICS OF GOVERNANCE. 2014. 15. 2. 155-178
  • Atsushi Kato. Product Market Competition and Productivity in the Indian Manufacturing Industry. JOURNAL OF DEVELOPMENT STUDIES. 2009. 45. 10. 1579-1593
もっと見る
書籍 (9件):
  • Social Statistics: Manifestation of Growth
    Primus Books 2020
  • Accelerators of India's Growth - Industry, Trade and Employment
    Springer 2020
  • 商学への招待
    有斐閣 2013 ISBN:9784641184176
  • ユーラシア地域大国の持続的経済発展
    ミネルヴァ書房 2013 ISBN:9784623066179
  • 経済発展論
    中央経済社 2012 ISBN:9784502699603
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1990 - 1996 ミシガン大学アナーバー校
  • 1993 - 1995 ミシガン大学アナーバー校 (オペレーションズ・リサーチ専攻)
  • 1985 - 1989 東京大学
学位 (1件):
  • Ph.D.(経済学) (ミシガン大学アナーバー校)
経歴 (3件):
  • 1999/04 - 2016/03 青山学院大学 経営学部 マーケティング学科 教授
  • 1996/04 - 1999/03 大東文化大学 経済学部 専任講師
  • 1989/04 - 1990/06 (財)国際開発センター プロジェクト調査部 プロジェクト調査部研究員
委員歴 (2件):
  • 2007 - 2008 アジア経済研究所「インド経済:成長の条件」研究会委員
  • 2002 - 2003 アジア経済研究所「途上国企業の効率性」研究会委員
受賞 (2件):
  • 2014/09 - 佐藤栄作記念国連大学協賛財団 佐藤栄作賞最優秀賞(論文「自助努力が不十分な国への援助」に対して)
  • 2013/11 - 国際開発学会 国際開発学会賞特別賞(『経済発展論』 中央経済社 2012 に対して)
所属学会 (4件):
American Economic Association ,  日本経済学会 ,  国際開発学会 ,  南アジア学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る