研究者
J-GLOBAL ID:200901033645562171   更新日: 2021年10月27日

田村 和朗

タムラ カズオ | Tamura Kazuo
所属機関・部署:
職名: 客員教授
ホームページURL (1件): http://www.life.kindai.ac.jp/~tamura/index.htm
研究分野 (5件): 腫瘍診断、治療学 ,  外科学一般、小児外科学 ,  医化学 ,  外科学一般、小児外科学 ,  医化学
研究キーワード (9件): 遺伝カウンセリング ,  遺伝学的検査 ,  腫瘍遺伝学 ,  遺伝性腫瘍 ,  遺伝性大腸癌 ,  人類遺伝学 ,  Hereditary tumors ,  Hereditary colorectal Cancer ,  Human Genetics
競争的資金等の研究課題 (17件):
  • 2017 - 2018 ゲノムcopy number異常検出に向けた新しい解析法の開発と展開
  • 2016 - 2017 大腸癌発生に関わるWntシグナル伝達系・塩基除去修復遺伝子群および修飾遺伝子の解析
  • 2016 - 2017 多彩な内分泌異常を生じる遺伝性疾患(多発性内分泌腫瘍症およびフォン・ヒッペル・リンドウ病)の実態把握と診療標準化の研究
  • 2016 - 2017 遺伝性腫瘍疾患の責任遺伝子探索から治療開発
  • 2013 - 2014 Wntシグナル伝達系を介する大腸発癌と多様性発現に関する研究
全件表示
論文 (79件):
  • Naohiro Tomita, Hideyuki Ishida, Kohji Tanakaya, Tatsuro Yamaguchi, Kensuke Kumamoto, Toshiaki Tanaka, Takao Hinoi, Yasuyuki Miyakura, Hirotoshi Hasegawa, Tetsuji Takayama, Hideki Ishikawa, Takeshi Nakajima, Akiko Chino, Hideki Shimodaira, Akira Hirasawa, Yoshiko Nakayama, Shigeki Sekine, Kazuo Tamura, Kiwamu Akagi, Yuko Kawasaki, Hirotoshi Kobayashi, Masami Arai, Michio Itabashi, Yojiro Hashiguchi, Kenichi Sugihara. Japanese Society for Cancer of the Colon and Rectum (JSCCR) guidelines 2020 for the Clinical Practice of Hereditary Colorectal Cancer. International Journal of Clinical Oncology. 2021
  • Kiyoshi Yamaguchi, Rika Kasajima, Kiyoko Takane, Seira Hatakeyama, Eigo Shimizu, Rui Yamaguchi, Kotoe Katayama, Masami Arai, Chikashi Ishioka, Takeo Iwama, et al. Application of targeted nanopore sequencing for the screening and determination of structural variants in patients with Lynch syndrome. Journal of human genetics. 2021
  • Funato M, Tsunematsu Y, Yamazaki F, Tamura C, Kumamoto T, Takagi M, Kato S, Sugimura H, Tamura K. Characteristics of Li-Fraumeni Syndrome in Japan; A Review Study by the Special Committee of JSHT. Cancer Science. 2021. 1-14
  • Toshiya Nishikubo, Kaoru Masui, Fumikazu Koyama, Tomoko, Uchiyama, Chiho Ohbayashi, Kazuo Tamura. Immunohistochemistry and RNA-sequencing have been useful in evaluating the pathological significance of a non-consensus site intronic variant in suspected cases of Lynch syndrome. International Cancer Conference Journal. 2021
  • 竹下美保, 浦川優作, 菅原宏美, 二川摩周, 兼田宗英, 冨田尚裕, 田村和朗. 大腸がんにおけるEMAST(Elevated Microsatellite Alterations at Selected Tetranucleotide repeats)の特徴と臨床的意義. 松江市立病院医学雑誌. 2021. 24. 1. 18-25
もっと見る
MISC (174件):
  • 西郷和真, 池川敦子, 木戸滋子, 川上尚人, 武田真幸, 岩朝勤, 巽純子, 福岡和也, 西尾和人, 田村和朗, et al. コロナ下の近畿大学病院遺伝子診療部における状況. 日本遺伝カウンセリング学会誌. 2021. 41. 4
  • 竹下美保, 竹下美保, 浦川優作, 浦川優作, 菅原宏美, 菅原宏美, 二川摩周, 兼田宗英, 冨田尚裕, 冨田尚裕, et al. 大腸がんにおけるEMAST(Elevated Microsatellite Alterations at Selected Tetranucleotide repeats)の特徴と臨床的意義. 松江市立病院医学雑誌. 2020. 24. 1
  • 巽純子, 荒木もも子, 秋山智洋, 山本梨加, 薦田陸, 竹本翔太, 加藤芙美乃, 大越寛子, 正路悟, 川下理日人, et al. 看護職・相談部門の職員向けの「基礎から学ぶ,がんと遺伝学」と題したアニメーション動画の作成と評価. 日本遺伝カウンセリング学会誌. 2020. 41. 2
  • 加藤芙美乃, 谷口真紀, 谷口真紀, 江口英孝, 岡崎康司, 石田秀行, 冨田尚裕, 田村和朗, 田村和朗. 若年性ポリポーシス症候群13家系の遺伝学的検査とその意義. 日本遺伝性腫瘍学会学術集会プログラム・抄録集. 2020. 26th
  • 正路悟, 加藤芙美乃, 谷口真紀, 木戸滋子, 西郷和真, 西郷和真, 佐伯翔, 古屋充子, 田村和朗. 多発性肺嚢胞と反復性気胸を契機に遺伝学的検査を受検しBirt-Hogg-Dube症候群と確診した1例. 日本遺伝性腫瘍学会学術集会プログラム・抄録集. 2020. 26th
もっと見る
特許 (1件):
  • 遺伝子量の測定方法
書籍 (35件):
  • 遺伝カウンセリングガイド
    メディカルドゥ 2021
  • 最新遺伝医学研究と遺伝カウンセリング シリーズ3 最新多因子遺伝性疾患研究と遺伝カウンセリング
    メディカルドゥ 2018
  • トンプソン&トンプソン 遺伝医学第2版
    メディカル・サイエンス・インターナショナル 2017
  • 最新遺伝医学研究と遺伝カウンセリング(シリーズ1) 最新遺伝性腫瘍・家族性腫瘍研究と遺伝カウンセリング
    メディカルドゥ 2016
  • 最先端バイオマーカーを用いた診断薬/診断装置開発と薬事対応
    (株)技術情報協会 2015
もっと見る
講演・口頭発表等 (151件):
  • 乳癌及び卵巣癌患者のBRCA1/2検査受検率と検査費用の関連性について
    (第26回日本家族性腫瘍学会学術集会 2020)
  • 若年性ポリポーシス症候群13家系の遺伝学的検査とその意義
    (第26回日本家族性腫瘍学会学術集会 2020)
  • がんゲノム医療時代のEMAST解析の意義
    (第26回日本家族性腫瘍学会学術集会 2020)
  • 誤った病名の認識は、遺伝性腫瘍のリスク評価とリスク認識に影響を与える
    (第26回日本家族性腫瘍学会学術集会 2020)
  • 多発性肺嚢胞と反復性気胸を契機に遺伝学的検査を受検しBirt-Hogg-Dube症候群と確診した1例
    (第26回日本家族性腫瘍学会学術集会 2020)
もっと見る
学歴 (4件):
  • 1990 - 1994 兵庫医科大学 医学研究科
  • - 1994 兵庫医科大学
  • 1972 - 1978 兵庫医科大学 医学科
  • - 1978 兵庫医科大学
学位 (1件):
  • 博士(医学) (兵庫医科大学)
経歴 (7件):
  • 2020/04 - 現在 近畿大学 大学院 総合理工学研究科 客員教授
  • 2007/04 - 2020/03 近畿大学 理工学部 生命科学科 教授
  • 1999/04 - 2007/03 兵庫医科大学 先端医学研究所 助教授
  • 2000 - 2001 Associate Professor, Faculty of Medicine,
  • 1995/07 - 1999/03 兵庫医科大学 遺伝学講座 講師
全件表示
委員歴 (3件):
  • 2020/06 - 現在 日本遺伝性腫瘍学会 監事
  • - 現在 日本遺伝カウンセリング学会 日本遺伝カウンセリング学会評議員
  • - 現在 日本人類遺伝学会 日本人類遺伝学会評議員
所属学会 (12件):
American Association for Cancer Research ,  日本分子生物学会 ,  日本消化器内視鏡学会 ,  The International Society for Gastrointestinal Hereditary Tumours ,  日本遺伝性腫瘍学会 ,  Americal Association of Human Gentics ,  日本遺伝カウンセリング学会 ,  日本外科学会 ,  日本消化器病学会 ,  日本癌治療学会 ,  日本癌学会 ,  日本人類遺伝学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る