研究者
J-GLOBAL ID:200901033684274272   更新日: 2020年09月01日

久森 紀之

ヒサモリ ノリユキ | Noriyuki Hisamori
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://www.me.sophia.ac.jp/%7Ehisamori/index.html
研究分野 (5件): 整形外科学 ,  構造材料、機能材料 ,  材料力学、機械材料 ,  生体材料学 ,  生体医工学
研究キーワード (30件): 金属材料 ,  チタン合金 ,  ステンレス鋼 ,  コバルト-クロム合金 ,  試験方法 ,  表面改質 ,  疲労特性 ,  疲労寿命 ,  機能性材料 ,  疲労 ,  チタン合金 ,  表面改質 ,  細胞 ,  生体材料 ,  生体材料 ,  反応 ,  生体機能 ,  創製 ,  プロセス ,  腐食 ,  破壊特性 ,  円孔 ,  アパタイト ,  生体親和性 ,  摩耗 ,  スクリュー ,  有機無機複合材料 ,  切り欠き ,  チタン合金 ,  き裂進展
競争的資金等の研究課題 (11件):
  • 2008 - 2011 次世代型医療材料の疲労特性の評価
  • 2007 - 2011 チタン合金の表面改質技術による疲労特性向上とそのメカニズム
  • 2007 - 2010 生体用金属材料疲労試験方法に関する研究
  • 2006 - 2009 関節しゅう動部材の腐食摩耗特性の評価
  • 2005 - 2009 チタン合金の損傷評価手法の開発
全件表示
論文 (74件):
  • Kiyotaka MASAKI, Noriyuki HISAMORI, Yuji KOBAYASHI, Daisuke GOWA. Fatigue Fracture Mechanism of Zirconia Shot Peened Ti-6Al-4V Alloy. 13th International Conference on Shot Peening. 2017. 18-21
  • 政木清孝, 上里優貴, 磯村尚子, 山本広美, 久森紀之. 枝サンゴ骨格の折損挙動調査-四点曲げ強度特性の評価. 材料試験技術. 2017. 62. 2. 131-136
  • Takuto IWADE, Noriyuki HISAMORI, Junichi FUJITA, Kenji YAMAYA. Examination of the low profile of the spinal implant. International Journal of Automation Technology. 2017. 11. 6. 895-901
  • Yoshiki Okada, Nobuhiro Abe, Noriyuki Hisamori, Toshiaki Kaneeda, Shigeaki Moriyama, Hitoshi Ohmori, Masayoshi Mizutani, Hiroyuki Yanai, Yoshio Nakashima, Yusuke Yokoyama, et al. Verification of implant surface modification by a novel processing method. Acta Medica Okayama. 2017. 71. 1. 49-57
  • 政木清孝, 與那國優希, 久森紀之, 須賀祐一郎, 小林裕次, 後和大輔. Ti-6Al-V合金の高サイクル疲労に及ぼすジルコニアショットピーニングの影響. 材料. 2016. 65. 9. 679-686
もっと見る
MISC (6件):
  • 久森紀之. 電子ビームを応用した医療向け積層造形品の材料強度評価. レーザ協会誌. 2017. 41. 2. 20-27
  • 久森紀之, 宮田昌悟, 吉村幸浩. 講師派遣事業 -丸亀市民学級(特別教養講座)-. 材料. 2014. 63. 10. 754-754
  • 久森紀之. 初学者のためのバイオマテリアル 1.バイオマテリアルの現状とその応用. 材料. 2014. 63. 5. 417-423
  • 久森紀之, 大塚雄市. 初学者のためのバイオマテリアル:3.セラミックス系バイオマテリアル. 材料. 2014. 63. 7. 563-568
  • 久森紀之. レーザ・電子ビーム積層造形法によるカスタムメイドインプラントの現状と将来. レーザ協会誌. 2013. 38. 2. 26-34
もっと見る
特許 (5件):
  • Co-Cr合金の表面改質方法、高疲労強度Co-Cr合金の製造方法、 高疲労強度Co-Cr合金
  • 下肢筋力測定装置、下肢筋力測定システム、及び下肢筋力測定方法
  • α+β型チタン合金の熱処理方法、及びその方法を用いて製造されたα+β型チタン合金製品
  • 疲労試験機
  • 下肢筋力定量化装置
書籍 (6件):
  • 日本機械学会学会基準 医療用コーティング膜の界面強度評価試験法
    丸善出版 2019 ISBN:9784888982993
  • Advances in Metallic Biomaterials: Processing and Applications
    Springer 2015 ISBN:9783662468418
  • 『バイオマテリアル研究の最前線』 「生体用Ti6Al4V 合金の腐食摩耗損傷メカニズムに及ぼすスクラッチ速度の影響」
    公益社団法人日本金属学会 2014 ISBN:9784889030761
  • 『未来型人工関節を目指して ーその歴史から将来展望までー』
    日本医学館 2013 ISBN:9784890447725
  • 破壊力学大系 -壊れない製品設計へ向けて-
    エヌ・ティー・エス 2012 ISBN:9784864690010
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(工学) (工学院大学)
経歴 (4件):
  • 2011/04/11 - 2012/03/31 文部科学省 科学技術政策研究所科学技術動向研究センター 専門調査員
  • 2009/10/28 - 2010/03/23 独立行政法人産業技術総合研究所 「高生体適合性インプラント」開発委員
  • 2009/09/01 - 2010/03/23 東邦大学医学部 「次世代医療機器評価指標検討会」委員
  • 2004/04/01 - 2009/03/31 独立行政法人 日本学術振興会 将来加工技術第136委員会委員
委員歴 (16件):
  • 2012/06/13 - 2014/03/31 文部科学省 科学技術政策研究所 科学技術動向研究センター 科学技術動向研究専門調査員
  • 2012/04/23 - 2014/03/31 日本バイオマテリアル学会 日本バイオマテリアル学学会 評議員
  • 2011/08/03 - 2013/08/02 公益社団法人 日本材料学会 生体・医療材料部門委員会委員長
  • 2011/05/18 - 2013/05/17 公益社団法人日本材料学会 編集委員会編集委員および調査委員
  • 2011/10/17 - 2012/03/30 独立行政法人 産業技術総合研究所 インプラント開発ワーキンググループ委員
全件表示
受賞 (17件):
  • 2018/10/27 - 日本金属学会第1回第4分野講演会優秀ポスター賞 豚の膝を用いた前十字靭帯の制動機能評価
  • 2018/10/27 - 日本金属学会第1回第4分野講演会優秀ポスター賞 髄内釘インプラントデバイスの遠位固定強度の評価
  • 2018/10/27 - 日本金属学会第1回第4分野講演会優秀ポスター賞 髄内釘インプラントデバイスの遠位固定強度の評価
  • 2018/10/13 - 公益社団法人 日本材料学会関東支部優秀講演賞 積層造形したTi-6Al-4Vの耐摩耗性と耐食性
  • 2018/10/13 - 公益社団法人 日本材料学会関東支部優秀講演賞 積層造形したTi-6Al-4Vの耐摩耗性と耐食性
全件表示
所属学会 (16件):
チタン協会 ,  砥粒加工学会 ,  日本人工関節学会 ,  日本骨折治療学会 ,  European Tissue Engineering Society ,  International Tissue Engineering Society ,  日本材料試験技術協会 ,  膝関節学会 ,  整形外科バオマテリアル研究会 ,  日本鉄鋼協会 ,  軽金属学会 ,  腐食防食協会 ,  日本金属学会 ,  日本バイオマテリアル学会 ,  日本材料学会 ,  日本機械学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る