研究者
J-GLOBAL ID:200901033853425366   更新日: 2021年05月31日

小林 義和

コバヤシ ヨシカズ | Kobayashi Yoshikazu
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): https://www2.akita-nct.ac.jp/kobay/kobayashi.html
研究分野 (3件): リハビリテーション科学 ,  機械力学、メカトロニクス ,  材料力学、機械材料
研究キーワード (3件): バイオメカニクス ,  スポーツ工学 ,  機械力学・制御
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2015 - 2018 下肢障害者のための車いす取り付け型サイクリングユニットの開発と評価、(15K059190001)
  • 2016 - 2017 下肢障害者のための自転車ユニットを用いた筋電計測に関する研究
論文 (24件):
  • 齊藤亜由子, 木澤悟, 小林義和, 宮脇和人. スノーボードターンにおける視線と作用力に関する研究. 日本機械学会論文集. 2021. 87. 896
  • 小林義和, 齊藤亜由子, 木澤悟, 宮脇和人. 筋骨格モデルを用いたナンバ歩行の評価. バイオメカニズム学会誌. 2021. 45. 3. 印刷中
  • 齊藤亜由子, 奈良雄斗, 武井由智, 木澤悟, 小林義和, 宮脇和人. センシング技術教育を通じたグローバル人材育成の試み. 計測自動制御学会中部支部,教育工学論文集. 2020. 43. 16-18
  • 木澤悟, 佐藤玄武, 宮脇和人, 小林義和, 齊藤亜由子. LEGO MINDSTORMS EV3 を用いた2輪ロボットのモデル化と制御. 計測自動制御学会中部支部,教育工学論文集. 2020. 43. 13-15
  • 磯貝正弘, 齊藤亜由子, 大仲海渡, 小林義和, 木澤悟, 宮脇和人. モーションキャプチャーを利用したポールウォーキングの評価. 計測自動制御学会中部支部,教育工学論文集. 2020. 43. 10-12
もっと見る
MISC (15件):
もっと見る
講演・口頭発表等 (32件):
  • Plug-in Gait マーカ貼付位置の違いによる計測精度への影響
    (日本機械学会,2020年度,年次大会,J16315 2020)
  • 筋骨格モデルを用いたナンバ歩行の評価
    (第40回バイオメカニズム学術講演会予稿集,1A-22, pp. 14 2019)
  • 筋骨格モデルを用いた障がい者用自転車のペダル動作の比較
    (令和元年度東北地区高等専門学校専攻科産学連携シンポジウム、T19-P1-09. 2019)
  • OpenSimを用いたナンバ歩行の解析
    (令和元年度東北地区高等専門学校専攻科産学連携シンポジウム、T19-P1-11. 2019)
  • 機能的電気刺激サイクリングにおけるボトムブラケット高さが下肢関節モーメントに及ぼす影響
    (第46回日本臨床バイオメカニクス学会プログラム・抄録集,O29-7,pp. 207 2019)
もっと見る
Works (1件):
  • アルミニウム缶の強度改善に関する研究
    2003 -
学歴 (3件):
  • 1997 - 2000 秋田大学大学院 システム工学専攻
  • 1995 - 1997 秋田大学 機械工学専攻
  • 1991 - 1995 明治大学 精密工学科
学位 (1件):
  • 博士(工学) (秋田大学)
経歴 (7件):
  • 2007/04 - 現在 秋田工業高等専門学校 機械工学科 准教授
  • 2005/04 - 2007/03 秋田工業高等専門学校 機械工学科 助教授
  • 2002/04 - 2005/03 秋田工業高等専門学校 機械工学科 講師
  • 2000/04 - 2002/03 秋田工業高等専門学校 機械工学科 助手
  • 1997/04 - 2000/03 秋田大学大学院鉱山学研究科博士後期課程システム工学専攻
全件表示
委員歴 (3件):
  • 2021/04 - 現在 日本機械学会 スポーツ工学・ヒューマンダイナミクス部門 代議員
  • 2017/04 - 2021/03 日本機械学会 技術と社会部門 代議員
  • 2017/02 - IFESS subreviewer担当
所属学会 (6件):
日本工学教育協会 ,  日本福祉工学会 ,  バイオメカニズム学会 ,  日本機械学会 ,  秋田医学会 ,  臨床バイオメカニクス学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る