研究者
J-GLOBAL ID:200901034103272661   更新日: 2020年12月04日

榊 美知子

サカキ ミチコ | Sakaki Michiko
所属機関・部署:
職名: Research Scientist
ホームページURL (1件): http://m-sk.sakura.ne.jp/
研究分野 (5件): 実験心理学 ,  教育心理学 ,  社会心理学 ,  神経科学一般 ,  神経科学一般
研究キーワード (2件): 加齢と感情 ,  感情 記憶 学習 認知
論文 (40件):
MISC (1件):
  • Ryo Ishii, Kou Murayama, Noriaki Fukuzumi, Shin Ichi Ishikawa, Kazuhiro Ohtani, Michiko Sakaki, Takashi Suzuki, Ayumi Tanaka. Development of a short surrogate index for children's socioeconomic status using house possessions and investigation of its validity. Shinrigaku Kenkyu. 2019. 90. 12. 493-502
書籍 (4件):
  • Memory in Social Context: Brain, Mind, and Society
    Springer 2017
  • 心のしくみを考える
    ナカニシヤ出版 2015
  • 現代の認知心理学 社会と感情
    北大路書房 2010
  • 感情研究の新展開-感情をめぐる心の働き-
    ナカニシヤ 2006
講演・口頭発表等 (11件):
  • How emotion affects memory and learning?
    (The European Association for Research on Learning and Instruction 2019)
  • Emotional arousal interacts with priority in affecting cognition
    (International Society for Research on Emotions (ISRE) 2019)
  • Curiosity under uncertainty in younger and older adults
    (University of Lubeck 2019)
  • 加齢が認知・感情処理に与える影響
    (意志動力学 心理系研究交流会 2018)
  • 感情が認知的処理に与える影響
    (日本心理学会第82回大会 2018)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2003 - 2007 東京大学 教育心理学コース博士課程
  • 2001 - 2003 東京大学 教育心理学コース修士課程
  • 1997 - 2001 東京大学 教育心理学コース
学位 (1件):
  • 博士(教育学) (東京大学)
受賞 (4件):
  • 2018 - 日本心理学会 学術大会優秀発表賞 夫婦は偏見を共有するのか
  • 2018 - British Association of Cognitive Neuroscience Best poster award When effort itself becomes rewarding: The interaction between task difficulty and reward contingency in the striatum
  • 2018 - 日本心理学会 国際賞奨励賞
  • 2014 - レディング大学自然科学部 Faculty output prize
所属学会 (6件):
Experimental Psychological Society ,  Society for Neuroscience ,  Psychonomic Society ,  日本認知心理学会 ,  日本教育心理学会 ,  日本心理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る