研究者
J-GLOBAL ID:200901034103272661   更新日: 2019年10月16日

榊 美知子

サカキ ミチコ | SAKAKI Michiko
所属機関・部署:
職名: Senior Research Fellow
ホームページURL (1件): http://m-sk.sakura.ne.jp/
研究分野 (4件): 神経科学一般 ,  社会心理学 ,  教育心理学 ,  実験心理学
研究キーワード (2件): 加齢と感情 ,  感情 記憶 学習 認知
論文 (37件):
  • Ohtani K, Murayama K, Ishii R, Fukuzumi N, Sakaki M, Ishikawa S, Suzuki T, Tanaka A. Parental Motivational Perseverance Predicts Adolescents' Depressive Symptoms: An Intergenerational Analysis with Actor-Partner Interdependence Model. Journal of youth and adolescence. 2019
  • Sakaki M, Ueno T, Ponzio A, Harley CW, Mather M. Emotional arousal amplifies competitions across goal-relevant representation: A neurocomputational framework. Cognition. 2019. 187. 108-125
  • Sakaki, M., Raw, J., Findlay, J., and Thottam, M. Advanced aging enhances the positivity effect in memory: Due to cognitive control or age-related decline in emotional processing?. Collabra: Psychology. 2019
  • Ezaki T, Sakaki M, Watanabe T, Masuda N. Age-related changes in the ease of dynamical transitions in human brain activity. Human brain mapping. 2018. 39. 6. 2673-2688
  • Sakaki M, Yagi A, Murayama K. Curiosity in old age: A possible key to achieving adaptive aging. Neuroscience and biobehavioral reviews. 2018. 88. 106-116
もっと見る
書籍 (4件):
  • 感情研究の新展開-感情をめぐる心の働き-
    ナカニシヤ 2006
  • 現代の認知心理学 社会と感情
    北大路書房 2010
  • 心のしくみを考える
    ナカニシヤ出版 2015
  • Memory in Social Context: Brain, Mind, and Society
    Springer 2017
講演・口頭発表等 (11件):
  • Effects of emotion on memory: when emotion enhances and when it impairs memory.
    (Swansea University 2016)
  • How emotion selectively modulates human memory
    (Max Planck Institute 2016)
  • How emotion shapes memory?
    (Oxford Memory Research Day 2016)
  • 感情が認知的処理を 促進・抑制するメカニズム
    (広島社会心理学研究会 2017)
  • 加齢が認知・感情処理に与える影響
    (意志動力学 心理系研究交流会 2018)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1997 - 2001 東京大学 教育学部 教育心理学コース
  • 2001 - 2003 東京大学 大学院教育学研究科 教育心理学コース修士課程
  • 2003 - 2007 東京大学 大学院教育学研究科 教育心理学コース博士課程
学位 (1件):
  • 博士(教育学) (東京大学)
受賞 (4件):
  • 2018 - 日本心理学会 学術大会優秀発表賞 夫婦は偏見を共有するのか
  • 2018 - 日本心理学会 国際賞奨励賞
  • 2018 - British Association of Cognitive Neuroscience Best poster award When effort itself becomes rewarding: The interaction between task difficulty and reward contingency in the striatum
  • 2014 - レディング大学自然科学部 Faculty output prize
所属学会 (6件):
Experimental Psychological Society ,  Society for Neuroscience ,  Psychonomic Society ,  日本認知心理学会 ,  日本教育心理学会 ,  日本心理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る