研究者
J-GLOBAL ID:200901034162827308   更新日: 2020年12月28日

大園 享司

オオソノ タカシ | Osono Takashi
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): https://www1.doshisha.ac.jp/~tosono/
研究分野 (2件): 生態学、環境学 ,  森林科学
研究キーワード (3件): 菌類生態学 ,  生物多様性科学 ,  生態学
競争的資金等の研究課題 (36件):
  • 2016 - 2022 環境変動に対する極域生物の生態的応答プロセスの研究
  • 2018 - 2021 「急変する北極ツンドラ生態系における土壌微生物の多様性と機能・応答性の解明」
  • 2018 - 2021 菌類の機能形質に着目した多様性指標に基づく森林土壌の分解機能予測
  • 2014 - 2019 生物多様性が駆動する栄養循環と流域圏社会-生態システムの健全性
  • 2015 - 2018 リグニン分解菌の多様性と機能に注目した本邦亜熱帯林の土壌分解系に関する研究
全件表示
論文 (134件):
  • Shunsuke Matsuoka, Yuki Kobayashi, Satoru Hobara, Takashi Osono. Identifying microbial drivers promoting plant growth on soil amended with composted aquatic plant: insight into nutrient transfer from aquatic to terrestrial systems. LIMNOLOGY. 2020. 21. 3. 443-452
  • Shunsuke Matsuoka, Shohei Fujinaga, Yuki Kobayashi, Satoru Hobara, Takashi Osono. Bacterial 16S rDNA and alkaline phosphatase gene diversity in soil applied with composted aquatic plants. LIMNOLOGY. 2020. 21. 3. 357-364
  • Yoriko Sugiyama, Shunsuke Matsuoka, Takashi Osono. Two-years of investigation revealed the inconsistency of seasonal dynamics of an ectomycorrhizal fungal community in Japanese cool-temperate forest across years. FEMS MICROBIOLOGY ECOLOGY. 2020. 96. 7. fiaa118
  • Ryo Kitagawa, Shota Masumoto, Keita Nishizawa, Ryo Kaneko, Takashi Osono, Motohiro Hasegawa, Masaki Uchida, Akira S Mori. Positive interaction facilitates landscape homogenization by shrub expansion in the forest-tundra ecotone. Journal of Vegetation Science. 2020. 31. 2. 234-244
  • Shunsuke Matsuoka, Yoriko Sugiyama, Ryunosuke Tateno, Shihomi Imamura, Eri Kawaguchi, Takashi Osono. Evaluation of host effects on ectomycorrhizal fungal community compositions in a forested landscape in northern Japan. ROYAL SOCIETY OPEN SCIENCE. 2020. 7. 2
もっと見る
MISC (38件):
書籍 (22件):
  • カビが映し出す北極と南極の極限環境.生物学者、地球を行く~まだ知らない生きものを調べに、深海から宇宙まで(小林真・工藤岳編)
    文一総合出版 2018
  • 生き物はどのように土にかえるのか-動植物の死骸をめぐる分解の生物学
    ベレ出版 2018
  • 基礎から学べる菌類生態学
    共立出版 2018
  • 枯れ木と菌類のエコロジーとコスモロジー.キノコとカビの生態学-枯れ木の中は戦国時代-(深澤遊著)
    共立出版 2017
  • 山岳生態学のすすめ-カナディアンロッキー
    京都大学学術出版会 2015
もっと見る
講演・口頭発表等 (233件):
  • Change in multi-taxa communities along a environmental gradient in the Canadian subarctic tundra
    (14th ArcticNet Annual Scientific Meeting 2018. December 2018, Shaw Centre, Ottawa, Canada. 2018)
  • Effect of plant community structure on soil respiration of tundra ecosystem through multiple ecosystem functions in Canadian Arctic
    (14th ArcticNet Annual Scientific Meeting 2018. December 2018, Shaw Centre, Ottawa, Canada. 2018)
  • 過剰な養分供給に対する土壌分解系と真菌類の応答:カワウ営巣林における事例
    (日本土壌微生物学会2018年度広島大会シンポジウム「土壌環境における真核微生物-機能と生態」招待講演 広島大学 広島 2018)
  • カナダハドソン湾周辺のツンドラ植生における中型土壌動物群集の構造-緯度の異なる2地域の比較
    (第41回日本土壌動物学会大会 同志社大学 京都 2018)
  • 授業では役に立たないかもしれない菌類の話:系統・ライフスタイル・生態
    (平成30年度大阪府高等学校生物教育研究会総会 招待講演 大阪府立大手前高校 大阪 2018)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1997 - 2001 京都大学 地域環境科学専攻
  • 1993 - 1997 京都大学 林学科
学位 (1件):
  • 博士(農学) (京都大学)
経歴 (4件):
  • 2019 - 現在 国立極地研究所 客員教授
  • 2016 - 現在 同志社大学 理工学部 環境システム学科
  • 2008 - 2016 京都大学 生態学研究センター 准教授
  • 2001 - 2008 京都大学 大学院農学研究科 助教
受賞 (4件):
  • 2018/03 - 日本生態学会大島賞
  • 2017/03 - 日本森林学会賞
  • 2007/03 - 日本生態学会宮地賞
  • 2006/06 - 日本菌学会平塚賞
所属学会 (3件):
日本菌学会 ,  日本森林学会 ,  日本生態学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る