研究者
J-GLOBAL ID:200901034172218105   更新日: 2020年09月01日

池永 敏彦

イケナガ トシヒコ | Ikenaga Toshihiko
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (4件): 薬系衛生、生物化学 ,  ランドスケープ科学 ,  環境農学 ,  植物分子、生理科学
研究キーワード (7件): Plant Physiology ,  Medicinal Plant Research ,  Plant Fanction Research ,  植物組織培養 ,  植物生理学 ,  薬用植物学 ,  植物機能
競争的資金等の研究課題 (10件):
  • 有用植物の育種と増殖
  • 植物の組織培養による有用物質生産
  • 薬用植物の育種,組織培養による有用物質の生産
  • 薬用植物の培養細胞による有用物質の生産
  • 薬用植物の毛状根による有用物質生産
全件表示
MISC (69件):
もっと見る
書籍 (7件):
  • " Medicinal and Aromatic Plants" XII. 13 In Vitro Culture and the Production of Steroidal Saponin in Solanum aculeatissimum Jacq."
    Springer-Verlag ,Berlin Heidelberg (ed. T. Nagata and Y. Ebizuka ) 2002
  • Medicinal and Aromatic Plants" XII. 13 In Vitro Culture and the Production of Steroidal Saponin in Solanum aculeatissimum Jacq."
    Springer-Verlag ,Berlin Heidelberg (ed. T. Nagata and Y. Ebizuka ) 2002
  • VIII Transformation in Duboisia
    Biotechnology in Agriculture and Forestry, Vol. 45 "Transgenic Medicinal and Aromatic Plants"Springer-Verlag GmbH&Co. KG, Heidelberg(ed. Bajai YPS)1999.6 1999
  • 長崎大学公開講座7 生活・地域からの健康づくり「身近な薬用植物の中から"当薬"を作る」(長崎大学生涯教育研究センター運営委員会編)
    大蔵省印刷局 1995
  • 薬用植物栽培・品質評価指針(厚生省・薬用植物栽培・品質評価指針作成検討委員会編)
    薬事日報 1994
もっと見る
Works (29件):
  • 植物の組織培養による他感作用物質の生産と応用開発
    2001 -
  • (]G0003[)未利用資源を活用した水質浄化材の開発研究 第4章牡蠣殻を用いた浄化資材の水質浄化能力
    2000 -
  • 長崎県内における薬用植物の栽培生産
    1997 - 1999
  • Cultivation of medicinal plants in field of Nagasaki area
    1997 - 1999
  • 長崎県石木町における薬用植物の試験栽培に関する研究
    1999 -
もっと見る
学歴 (4件):
  • - 1970 東京農工大学 養蚕学専攻
  • - 1970 東京農工大学
  • - 1966 東京農工大学 農学科
  • - 1966 東京農工大学
学位 (2件):
  • 農学修士 (東京農工大学)
  • 薬学博士 (九州大学)
委員歴 (1件):
  • 1990 - 日本生薬学会 九州支部幹事
所属学会 (8件):
日本生物環境調節学会 ,  日本環境科学会 ,  日本食品化学会 ,  American Society for Horticultural Sciences ,  Society for Medicinal Plant Research ,  日本植物組織培養学会 ,  日本生薬学会 ,  日本薬学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る