研究者
J-GLOBAL ID:200901034212735205   更新日: 2016年01月19日

中丸 貴史

ナカマル タカフミ | NAKAMARU Takafumi
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (4件): 各国文学・文学論 ,  日本文学 ,  日本語学 ,  日本語教育
研究キーワード (5件): 日本文学 ,  漢文日記 ,  語りと筆録 ,  東アジア ,  漢文教育
論文 (1件):
  • 中丸 貴史. 漢文日記叙述と漢籍-摂関家の日記としての『後二条師通記』-. 日本中国学会報. 2011. 63
MISC (16件):
  • 中丸貴史. 『後二条師通記』寛治五年の「本記」「別記」. 史聚. 2010. 43
  • 中丸貴史. 『後二条師通記』の伝本と受容. 日本漢文学研究. 2010. 5
  • 中丸貴史. 漢文日記における語りと筆録-『後二条師通記』を中心として-. 中古文学. 2009. 84
  • 中丸貴史. 吉備真備の礼学思想-『続日本紀』天平七年四月二十六日条を始発として-. アジア遊学 〈琴〉の文化史-東アジアの音風景. 2009. 126
  • 中丸貴史. 『続日本紀』に書かれた「琴」-雅楽と大歌と-. 日本文学における琴学史の基礎的研究《論考編》. 2009
もっと見る
書籍 (1件):
  • 日本文学における琴学史の基礎的研究《資料編》
    米子工業高等専門学校原豊二研究室 2008
講演・口頭発表等 (15件):
  • 頼長と忠実-その言説-
    (物語研究会5月例会(於日本大学文理学部) 2003)
  • 日記と歴史叙述
    (早稲田大学古代文学比較文学研究所・北京師範大学文学院国際シンポジウム「世界的視野における日中文化」(於中国:北京師範大学) 2005)
  • 漢文日記の生成-『後二条師通記』二つの本文-
    (日本文学協会第25回研究発表大会(於奈良教育大学) 2005)
  • 漢文日記にみる学問・文芸-『後二条師通記』を中心として-
    (早稲田大学日本古典籍研究所・同日本宗教文化研究所・東北師範大学文学院・同外国語学院国際シンポジウム「世界における日中文化と文学」(於中国:東北師範大学) 2006)
  • 漢文日記における語りと筆録-『後二条師通記』を中心として-
    (中古文学会創設40周年記念大会(於中京大学) 2006)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1999 - 2003 学習院大学 文学部 日本語日本文学科
  • 2003 - 2005 学習院大学大学院 人文科学研究科 日本語日本文学専攻博士前期課程
  • 2005 - 2008 学習院大学大学院 人文科学研究科 日本語日本文学専攻博士後期課程
学位 (3件):
  • 博士(日本語日本文学) (学習院大学)
  • 修士(日本語日本文学) (学習院大学)
  • 学士(日本語日本文学) (学習院大学)
経歴 (5件):
  • 2009 - 2010 二松学舎大学日本漢文教育研究プログラム 研究員
  • 2011 - 2012 啓明大学校人文大学日本語文学科 専任講師
  • 2012 - 2012 啓明大学校人文大学日本語文学科 助教授
  • 2012/10 - 2015/09 防衛大学校人文社会科学群人間文化学科 講師
  • 2015/10 - 現在 防衛大学校 准教授
委員歴 (3件):
  • 2010/12 - 2014/11 日本文学協会 委員
  • 2014/04 - 現在 物語研究会 代表委員
  • 2014/12 - 現在 小右記講読会 代表代行
所属学会 (8件):
学習院大学国語国文学会 ,  物語研究会 ,  中古文学会 ,  和漢比較文学会 ,  日本文学協会 ,  説話文学会 ,  東アジア比較文化国際会議 ,  日本中国学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る