研究者
J-GLOBAL ID:200901034244422802   更新日: 2020年12月04日

古谷 豊

フルヤ ユタカ | Furuya Yutaka
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (2件): http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/470c1c5a78e3318d37d0de64492b6843.htmlhttp://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/470c1c5a78e3318d37d0de64492b6843.html
研究分野 (1件): 経済学説、経済思想
研究キーワード (6件): 重商主義 ,  貨幣論 ,  経済学史 ,  ステュアート ,  経済思想 ,  古典派経済学
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2015 - 2020 経済理論の大衆化から経済政策の形成へ:テキストマイニングを応用した実証研究
  • 2015 - 2019 18世紀英国における当事者対抗主義に関する分野横断的研究:党派的言説の構造と影響
  • 2014 - 2019 ジェームズ・ステュアートの貨幣的経済理論成立過程の研究
  • 2016 - 2019 ジェームズ・ステュアートの貨幣的経済理論成立過程の研究(国際共同研究強化)
  • 2011 - 2016 国際的共同研究によるマルクス恐慌論のデジタル・アーカイブの構築
全件表示
論文 (8件):
  • 古谷 豊. Construction of James Steuart’s Monetary Theory. Research in the History of Economic Thought and Methodology. 2020. 38. C. 35-48
  • 古谷 豊. デンマーク・サムソ島の風力発電の現実と課題. 地理. 2016. 61. 3. 36-43
  • 古谷 豊. Steuart on Xenophon's Ways and Means. 研究年報 経済学. 2014. 74. 2. 67-80
  • 古谷 豊. ジェイムズ・ステュアートの銀行論-銀行信用の発展的拡張-. 経済学史研究. 2007
  • 古谷豊. ジェイムズ・ステュアート貨幣論の構造. 社会科学論集. 2004
もっと見る
MISC (1件):
  • 古谷 豊. 書評 『ジェームズ・ステュアートの貨幣論草稿』. 季刊 経済理論. 2006. 43. 3. 88-90
書籍 (3件):
  • The Economic Thought of Sir James Steuart : First Economist of the Scottish Enlightenment
    Routledge 2020 ISBN:9781138335967
  • 貨幣と金融 : 歴史的転換期における理論と分析
    社会評論社 2013 ISBN:9784784518197
  • ジェームズ・ステュアート『経済学原理』草稿-第三編 貨幣と信用-
    御茶の水書房 2006
講演・口頭発表等 (21件):
  • James Steuart on David Hume: Making the Case for Mercantilism
    (2019)
  • Marx on Steuart's 'Money of Account'
    (45th Annual Meetings of the History of Economics Society 2018)
  • Steuart and Davenant on Financing Wars
    (2017)
  • James Steuart on the Ancient Economy
    (Center for the History of Political Economy Seminar 2017)
  • From Land Bank Theory to Real Bills Doctrine: Construction of James Steuart’s Theory on Credit Money
    (44th Annual Meetings of the History of Economics Society 2017)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 2004 東京大学 経済理論専攻
  • - 1997 東京大学 経済学科
学位 (1件):
  • 博士(経済学) (東京大学)
所属学会 (4件):
経済理論学会 ,  The European Society for the History of Economic Thought ,  The History of Economics Society ,  経済学史学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る