研究者
J-GLOBAL ID:200901034339488118   更新日: 2020年06月30日

大西 浩史

オオニシ ヒロシ | Ohnishi Hiroshi
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
ホームページURL (2件): https://biosignal.dept.med.gunma-u.ac.jp/https://biosignal.dept.med.gunma-u.ac.jp/
研究分野 (2件): 栄養学、健康科学 ,  神経科学一般
研究キーワード (19件): 免疫 ,  遺伝子改変マウス ,  行動 ,  RAS/MAPK症候群 ,  温度生物学 ,  老化 ,  ミクログリア ,  神経免疫 ,  がん ,  ホスファターゼ ,  細胞接着 ,  細胞増殖 ,  神経伝達物質 ,  神経回路 ,  シナプス ,  タンパク質リン酸化 ,  細胞間相互作用 ,  統合脳・分子脳科学 ,  包括脳ネットワーク
競争的資金等の研究課題 (36件):
  • 2018 - 2021 ネオニコチノイド系農薬により引き起こされる生態系影響および毒性の実態に迫る
  • 2018 - 2019 哺乳類神経細胞に秘められた低温応答メカニズムの解明
  • 2014 - 2016 細胞間シグナルCD47-SIRPα系による生体機能調節の分子基盤
  • 2014 - 2016 低温バイオロジーに基づく新規生体制御システムの探索
  • 2013 - 2016 低温応答シグナルによる脳機能調節機構の解明
全件表示
論文 (34件):
  • Sato-Hashimoto M, Nozu T, Toriba R, Horikoshi A, Akaike M, Kawamoto K, Hirose A, Hayashi H, Nagai H, Shimizu W, Saiki A, Ishikawa T, Elhanbaly R, Kotani T, Murata Y, Saito Y, Naruse M, Shibasaki K, Oldenborg P.-A, Jung S, Matozaki T, Fukazawa Y, Ohnishi H. Microglial SIRPα regulates the emergence of CD11c+ microglia and demyelination damage in white matter. eLIFE. 2019. 8. e42025
  • Alkebsi L, Ohnishi H, Nakajima-Shimada J, Onizuka Y, Ideno Y, Sato Y, Hayashi K. Validation of the accuracy of self-reported abo blood types in the Japan nurses' health study. Asian Pacific Journal of Cancer Prevention. 2019. 20. 3. 789-793
  • Sato-Hashimoto M, Nozu T, Toriba R, Horikoshi A, Akaike M, Kawamoto K, Hirose A, Hayashi H, Nagai H, Shimizu W, Saiki A, Ishikawa T, Elhanbaly R, Kotani T, Murata Y, Saito Y, Naruse M, Shibasaki K, Oldenborg P.-A, Jung S, Matozaki T, Fukazawa Y, Ohnishi H. Microglial SIRPα regulates the emergence of CD11c+ microglia and demyelination damage in white matter. bioRχiv. 2018
  • Alkebsi L, Ideno Y, Lee JS, Suzuki S, Nakajima-Shimada J, Ohnishi H, Sato Y, Hayashi K. Gastroduodenal ulcers and ABO blood group: the Japan Nurses' Health Study (JNHS). J. Epidemiol. 2018. 28. 1. 34-40
  • Saito Y, Respatika D, Komori S, Washio K, Nishimura T, Kotani T, Murata Y, Okazawa H, Ohnishi H, Kaneko Y, Yui K, Yasutomo K, Nishigori C, Nojima Y, Matozaki T. SIRPα+ dendritic cells regulate homeostasis of fibroblastic reticular cells via TNF receptor ligands in the adult spleen. Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A. 2017. 114. 47. E10151-E10160
もっと見る
MISC (48件):
  • 村田陽二, 柳田匡彦, 田中大介, 羽間大祐, 齊藤泰之, 小谷武徳, 大西浩史, 的崎尚. がん-マクロファージ間相互作用を標的とした新規がん免疫療法の開発. 日本生化学会大会(Web). 2017. 90th. ROMBUNNO.3AT26-02(3P-0901) (WEB ONLY)
  • WATANABE Mitsuharu, KANEKO Yoriaki, HIROMURA Keiju, KINOSHITA Masato, OHISHI Yuko, SAITO Yasuyuki, OHNISHI Hiroshi, MATOZAKI Takashi, NOJIMA Yoshihisa. Accumulation of dysregulated renal mononuclear phagocytes (rMoPh) and Th1 cells in the kidney of CD11c-specific Shp-1 knockout mice. 日本免疫学会総会・学術集会記録. 2016. 45. Proceedings. 180
  • OHISHI Yuko, KANEKO Yoriaki, KINOSHITA Masato, WATANABE Mitsuharu, HIROMURA Keiju, SAITO Yasuyuki, OHNISHI Hiroshi, MATOZAKI Takashi, NOJIMA Yoshihisa. Shp-1 in dendritic cells controls the development of memory-phenotype CD8+ T cells. 日本免疫学会総会・学術集会記録. 2016. 45. Proceedings. 41
  • 渡辺 光治, 廣村 桂樹, 金子 和光, 木下 雅人, 大石 裕子, 坂入 徹, 池内 秀和, 前嶋 明人, 大西 浩史, 的崎 尚, 野島 美久. 樹状細胞特異的Shp1欠損マウスにおける自己免疫性腎炎の解析(第2報). 日本腎臓学会誌. 2016. 58. 3. 278-278
  • 野津智美, 橋本美穂, ELHANBALY Ruwaida, 石川達也, 齊藤泰之, 小谷武徳, 村田陽二, 深澤有吾, 的崎尚, 大西浩史. SIRPα欠損マウスにおけるクプリゾン感受性の亢進. 北関東医学会総会プログラム・抄録. 2016. 63rd. 27-28
もっと見る
特許 (2件):
  • マクロファージ活性化剤並びにその製造方法及びスクリーニング方法
  • Pharmaceuical Composition And Method For Acivating Macrophage Using The Same
書籍 (6件):
  • ストライヤー 生化学
    東京化学同人 2013
  • ストライヤー 基礎生化学
    東京化学同人 2010
  • 実験医学増刊 シグナル伝達研究2008-'09 疾患発症の分子メカニズムと実現化する分子標的薬開発
    羊土社 2008 ISBN:9784758102933
  • タンパク質科学イラストレイテッド
    羊土社 2005
  • ブレインサイエンス・レビュー
    クバプロ 2005
もっと見る
講演・口頭発表等 (180件):
  • Induction of long-term torpor by enhancing the adenosine receptor signal via PPARs activation
    (9th FAOPS (Federation of the Asian and Oceanian Physiological Societies in conjunction with The 96th Annual Meeting of the Physiological Society of Japan 2019)
  • 哺乳類神経細胞に秘められた低温応答メカニズムの解明
    (新学術領域研究「温度生物学」第7回領域会議 2018)
  • Study of stress-induced tyrosine phosphorylation of SIRPα in immortalized murine microglia cell line
    (Workshop on Frontiers in Phosphatase Research and Drug Discovery 2018)
  • Analysis of stress-induced tyrosine phosphorylation of SIRPα in primary cultured neurons
    (Workshop on Frontiers in Phosphatase Research and Drug Discovery 2018)
  • Control of microglia activation by SIRPα
    (Workshop on Frontiers in Phosphatase Research and Drug Discovery 2018)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1990 - 1993 東京大学大学院 農学系研究科 応用生命工学専攻 博士課程
  • 1988 - 1990 東京大学大学院 農学系研究科 応用生命工学専攻 修士課程
  • 1984 - 1988 東京大学 農学部 農芸化学科
学位 (3件):
  • 学士 (東京大学)
  • 修士 (東京大学)
  • 博士(農学) (東京大学)
経歴 (7件):
  • 2013 - 現在 群馬大学大学院 教授
  • 2007 - 2012 群馬大学 生体調節研究所 准教授
  • 2006 - 2007 群馬大学 生体調節研究所 助教授
  • 2001 - 2005 群馬大学 生体調節研究所 講師
  • 1997 - 2001 三菱化学生命科学研究所 准研究員
全件表示
委員歴 (4件):
  • 2009 - 現在 日本プロテインホスファターゼ研究会 世話人
  • 2006 - 現在 日本神経化学会 評議員
  • 2017/05 - 2019/02 日本神経化学会 シンポジウム企画委員会委員
  • 2013/05 - 2015/02 日本神経化学会 シンポジウム企画委員会委員
受賞 (20件):
  • 2018/07 - 群馬健康医学振興会 平成30年度 群馬健康医学振興会研究助成
  • 2017 - 群馬大学医学部保健学科ベストティーチャー賞
  • 2016 - 平成28年度 群馬大学 一般研究助成
  • 2013 - 第45回(2013年度)内藤記念科学奨励金・研究助成
  • 2011 - 平成23年度 公益財団法人 武田科学振興財団 ビジョナリーリサーチ助成
全件表示
所属学会 (10件):
生体機能研究会 ,  北関東医学会 ,  日本プロテインホスファターゼ研究会 ,  国際放射線神経生物学会 ,  日本神経科学学会 ,  日本神経化学会 ,  日本生化学会 ,  日本癌学会 ,  北米神経科学会 ,  日本分子生物学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る