研究者
J-GLOBAL ID:200901034409934749   更新日: 2020年09月03日

安原 裕紀

ヤスハラ ヒロキ | Yasuhara Hiroki
所属機関・部署:
職名: 准教授
論文 (12件):
  • Hiroki Yasuhara, Kazuki Kitamoto. TBK11, a Tobacco Kinesin-14-II, Associates with the Nuclear Envelope through Its Central Coiled-Coil Domain. Cytologia. 2019. 84(3): 285-291
  • Hiroki Yasuhara, Wataru Kurisu. A Kinesin-Related Protein, TBK11, Associates with the Nuclear Envelope throughout the Cell Cycle in Tobacco BY-2 Cells. Cytologia. 2019. 84(3): 277-283
  • Kengo Arima, Daisuke Tamaoki, Yoshinobu Mineyuki, Hiroki Yasuhara, Tomonori Nakai, Teruo Shimmen, Tohru Yoshihisa, Seiji Sonobe. Displacement of the mitotic apparatuses by centrifugation reveals cortical actin organization during cytokinesis in cultured tobacco BY-2 cells. Journal of Plant Research. 2018. 131(5):803-815
  • Kojo KH, Yasuhara H, Hasezawa S. Time-sequential observation of spindle and phragmoplast orientation in BY-2 cells with altered cortical actin microfilament patterning. Plant Signal Behav. 2014. 9(8):e29579
  • Hiroki Yasuhara, Kazuki Kitamoto. Aphidicolin-Induced Nuclear Elongation in Tobacco BY-2 cells. PLANT AND CELL PHYSIOLOGY. 2014. 55. 5. 913-927
もっと見る
MISC (3件):
  • 安原 裕紀. 植物細胞の細胞質分裂装置フラグモプラストの遠心的発達機構. 日本植物学会第69回大会研究発表記録. 2005. p 88、1pSE6
  • 安原 裕紀. 「カフェインによる植物細胞の細胞質分裂阻害」. 『技苑』. 2000. 102 pp.45-51
  • 安原 裕紀. タバコ培養細胞BY-2の凍結保存. 日本植物生理学会『植物組織細胞』. 1996. 13(3) pp.331-335
書籍 (7件):
  • Effects of brefeldin A on the formation of cell plate in tobacco BY-2 cells, European Journal of Cell Biology 66
    1995
  • Effects of taxol on the development of the cell plate and of the phragmoplast in tobacco BY-2 cells, Plant and Cell Physiology 34(1)
    1993
  • Effects of Brefeldin A (BFA) on cell plate formation in tobacco BY-2 cells, XV International Botanical Congress, Yokohama, Japan
  • 細胞質分裂における細胞骨格の働き
    『遺伝』 47(11)
  • 植物細胞における細胞質分裂の機構
    『技苑』
もっと見る
講演・口頭発表等 (31件):
  • タバコ培養細胞 BY-2 のキネシン 14-II,TBK11の機能解析 TBK11 の機能解析
    (日本植物形態学会第 31 回大会 研究発表要旨集 2019)
  • タバコBY-2細胞におけるYFP融合タンパク質の発現によるカロース合成酵素の可視化の試み
    (日本植物形態学会第30回大会研究発表要旨集 2018)
  • 細胞板形成におけるM期キネシンNACK1と細胞内輸送
    (Abstract Book Annual Meeting of JSPP 2018 2018)
  • キネシン様タンパク質PAKRP2はフラグモプラスト赤道面の逆平行微小管領域の長さを調節する
    (日本植物学会 第80回大会 研究発表記録 2016)
  • フラグモプラスト局在キネシン様タンパク質NtPAKRP2のBY-2細胞における機能
    (Abstract Book Annual Meeting of JSPP 2016 2016)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1993 - 大阪大学 生理学
  • - 1988 大阪大学 生物学科
学位 (1件):
  • 博士(理学)
所属学会 (4件):
The American Society of Plant Biologists ,  日本植物細胞分子生物学会 ,  日本植物生理学会 ,  日本植物学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る