研究者
J-GLOBAL ID:200901034413126908   更新日: 2019年04月09日

高田 良太

RYOTA TAKADA
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): ヨーロッパ史、アメリカ史
研究キーワード (4件): History of Byzantine Empire ,  History of Medieval Italy ,  ビザンツ史 ,  中世イタリア史
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2016 - 現在 コンスタンティノープルのヴェネツィア人に関する研究
  • 2014 - 現在 中近世地中海史の発展的研究: グローバルな時代環境での広域的交流と全体構造
  • 2012 - 2014 中世後期クレタにおけるヴェネツィア人とギリシア人の「共生」の構築過程
  • 2012 - 2014 中・近世ヨーロッパにおけるコミュニケーションと紛争・秩序
  • 2009 - 2012 中・近世ヨーロッパにおけるコミュニケーションと紛争・秩序 研究課題
全件表示
論文 (8件):
  • 封地分配の行方--中世後期クレタにおけるヴェネツィア人入植政策とギリシア人の反応--. 歴史学研究. 2016. 946. 23-32
  • 中世クレタにおける見えないフロンティア--都市カンディアの共生社会--. 駒沢史学. 2015. 84. 54-90
  • 港湾都市カンディアからみた中世後期の東地中海. 歴史学研究. 2013. 第911号. 160-168
  • ヴェネツィア支配初期西クレタのヴェネツィア人とギリシア人の「交渉」と「共生」--「叛乱の13世紀」の再考を通じて--. 神戸大学人文学研究科共生倫理研究会編『共生の多様性』. 2012. 3-24
  • 中世クレタの法廷における異文化コミュニケーション. 「中・近世ヨーロッパにおけるコミュニケーションと紛争・秩序」研究成果報告書I. 2011. 150-157
もっと見る
書籍 (9件):
  • (翻訳校閲)ドリット・ライネス(木村晶子訳)「集合記憶の構築と自己-ヴェネツィアにおける近世の都市民意識の誕生」
    2015
  • コミュニケーションから読む中近世ヨーロッパ史--紛争と秩序のタペストリー--
    ミネルヴァ書房 2015
  • 大学からの外国語 多文化世界を生きるための複言語学習
    京都大学学術出版会 2015
  • 1204年とクレタ
    昭和堂 2013
  • ギリシャを学ぶ、ギリシアではなく
    京都大学文学研究科 2011
もっと見る
Works (3件):
  • S. A. Epstein, Purity Lost: Transgressing Boundaries in the Eastern Mediterranean, 1000-1400
    2011 -
  • 前川和也編著『空間と移動の社会史』
    2010 -
  • 紹介: H. D. Saradi, Notai e documenti greci dall'età di Giustiniano al XIX secolo, vol. 1, Il sistema notarile bizantino (VI-XV secolo)
    2001 -
学歴 (2件):
  • 2007 - 2009 テサロニキ大学(テサロニキ)
  • 2006 - 2007 ビザンツ・ポストビザンツ研究所
学位 (1件):
  • 博士 (京都大学大学院)
経歴 (2件):
  • 2016/04 - 現在 駒澤大学 文学部 歴史学科 准教授
  • 2012/04/01 - 2016/03/31 駒澤大学 文学部 歴史学科外国史学専攻 講師
委員歴 (5件):
  • 2017/05 - 現在 The Historical Science Society of Japan
  • 2017/05 - 現在 歴史学研究会 編集部委員
  • 2015/04 - 現在 日本ビザンツ学会 ホームページ担当
  • 2016/07 - 地中海学会 月報担当事務局員
  • 2011/04 - 西洋中世学会 事務局員
所属学会 (7件):
歴史学研究会 ,  日本ビザンツ学会 ,  地中海学会 ,  西洋中世学会 ,  西洋史学会 ,  史学研究会 ,  イタリア学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る