研究者
J-GLOBAL ID:200901034476565529   更新日: 2020年08月30日

長濱 元

ナガハマ ハジメ | Nagahama Hajime
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (2件): 社会学 ,  科学教育
研究キーワード (22件): 政策 ,  科学技術 ,  変動 ,  地域 ,  家族 ,  社会学:教育 ,  カリキュラム ,  開発 ,  環境 ,  科学 ,  観察 ,  科学教育:自然 ,  system ,  changing ,  region ,  education ,  Sociology:family ,  developmemt ,  changing ,  environment ,  observation ,  Science Education:nature
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2001 - 国際共生社会研究
  • 1997 - 発展途上国における知的所有権制度の改革と運用に関する研究
  • 1997 - Survey of intellectual property and its operation in developing countries
  • 1995 - 科学教育システムに関する国際比較研究
  • 1995 - International Comparative Study of Science Education Systems
MISC (28件):
  • 現代の科学教育と環境教育・開発教育に関する研究(試論). 「日本科学教育学会研究報告」、日本科学教育学会. 2005. Vol.19, No.4
  • 変化する時代の科学教育と環境教育・開発教育. 「国際地域学研究」、東洋大学国際地域学部. 2005. 第8号
  • 発展途上国の工業化と知的所有権制度の改革と運用について-インドネシアを中心に-. 「国際地域学研究」、東洋大学国際地域学部. 2004. 第7号
  • 国際共生社会の形成を目指して-環境教育からのアプローチ-. 東洋大学国際共生研究センター報告書. 2004. 平成15年度
  • 発展途上国の工業化と知的所有権:中華人民共和国(共著). 「開発技術」、開発技術学会. 2004. 第10巻、pp67-77
もっと見る
書籍 (3件):
  • 環境問題と環境教育
    「環境共生社会学」第7章、朝倉書店、pp134-159 2004
  • 日本における科学リテラシー:歴史的・文化的受容と近年の変化
    科学が文化である時代 1994
  • Scientific Literacy in Japan : Histoncal and Culteral Permeation and Current Changes(原文英語)
    When Science Becomes Culture(原文英語) 1994
学歴 (2件):
  • - 1968 北海道大学 社会学
  • - 1968 北海道大学
委員歴 (1件):
  • 1994 - 研究・技術計画学会 評議員
所属学会 (6件):
日本科学技術史学会 ,  日本高等教育学会 ,  日本家族社会学会 ,  日本教育社会学会 ,  日本科学教育学会 ,  研究・技術計画学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る