研究者
J-GLOBAL ID:200901034574935490   更新日: 2020年10月28日

及川 和夫

オイカワ カズオ | Oikawa Kazuo
所属機関・部署:
職名: 教授
研究キーワード (1件): 英語・英米文学、文学一般(含文学論・比較文学)・西洋古典
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2015 - 2017 アイルランドのナショナル・アイデンティティ:独立戦争から紛争まで
  • 2012 - 2014 アイルランドのナショナリズム:ヤング・アイルランドから復活祭蜂起を軸として
論文 (37件):
  • 及川 和夫. パトリック・カヴァナーのアイリッシュ・アイデンティティ-『大いなる飢餓』を中心として. 『早稲田大学大学院教育研究科紀要』28号. 2018. 28. 1-14
  • 及川 和夫. 『マイケル・ロバーツと踊り子』に見るイースター蜂起から独立戦争期のイェイツ. 『学術研究』. 2017. 61. 189-200
  • Kazuo Oikawa, Hiroko Mikami, Shigeo Shimizu, Anne Fogarty, Fintan O’Toole. “The Age of Centenaries: A Century of Irish History & Literature”. Japanese Journal of European Studies, Vol.3. 2015. Vol.3. 76-99
  • 及川 和夫. W・B・イェイツとサミュエル・ファーガソン- 二つのファーガソン論を中心に. 『学術研究』61号. 2015. 61号. 189-201
  • 及川和夫. サミュエル・ファーガソンとアイルランド民俗学. 早稲田大学大学院教育研究科紀要. 2014. 24号. 189-201
もっと見る
MISC (34件):
  • 及川 和夫. 「若き女流愛国詩人の肖像-ジェイン・フランセスカ・ワイルド(スペランザ)の詩」. 『早稲田大学大学院教育研究科紀要』(早稲田大学大学院教育学研究科). 2013. No.23. 1-14
  • 及川 和夫. 「プランクシティから見たアイルランド音楽の50年-音楽社会学的考察」. 『学術研究』(早稲田大学教育学部). 2013. 61. 207-222
  • 及川 和夫. アイルランド・ロマン主義の問題-トマス・ムーア、ジェイムズ・クラレンス・マンガン、サミュエル・ファーガソン、トマス・デイヴィスを中心として. 『早稲田大学大学院教育研究科紀要』. 2012. 22. 17-32
  • 及川 和夫. ブライアン・フリール『トランスレーションズ』論. 『学術研究:人文科学・社会科学編』(早稲田大学教育学部). 2012. 60. 187-205
  • 及川 和夫. 歌うアイルランド、歌われたイェイツ. 『イェイツ研究』(日本イェイツ協会). 2010. 40. 90-91
もっと見る
書籍 (15件):
  • アイルランド詩のナショナル・アイデンティティ-The Harp & Green
    音羽書房鶴見書店 2018
  • 知の冒険-イギリス・ロマン派文学を読み解く
    音羽書房鶴見書店 2017 ISBN:9784755302992
  • An Anthology of British and American Poetry第3 版
    鳳書房 2016
  • Shotei (Hiroaki) Takahashi: His Life and Works
    清水久男著『こころにしみるなつかしい日本の風景-近代の浮世絵師・高橋松亭の世界』(国書刊行会) 2006
  • An Anthology of British and American Poetry第二版
    鳳書房 2006
もっと見る
講演・口頭発表等 (25件):
  • W. B. Yeats: An Irish and/or English Romantic Poet
    (ロマン主義再生学会 2018)
  • Ballad:”The Cruel Sister”-家庭内惨劇とハープ
    (イギリス・ロマン派講座 2018)
  • アイランドのナショナル・アイデンティティ-自由国成立から北アイルランド紛争まで(司会・発題「Brian FrielのDancing at Lughnasaに見る、1930年代の自由国の農村社会」
    (アイランドのナショナル・アイデンティティ-自由国成立から北アイルランド紛争まで 2018)
  • イェイツとアイルランド自由国
    (日本イェイツ協会第53回大会(於中央大学) 2017)
  • アイランドとロマン主義-「国民国家」と文学(司会・発題「Thomas Mooreの両義性-失われた ‘Nation’を幻視する ‘Expatriate’」)
    (イギリス・ロマン派学会第41回全国大会 2015)
もっと見る
学歴 (3件):
  • - 1988 早稲田大学 英文学
  • - 1988 早稲田大学 英文学
  • - 1981 早稲田大学 英語英文学科
学位 (2件):
  • 文学修士
  • (BLANK)
委員歴 (6件):
  • 2017/04 - Japan Association of English Romanticism Vice President
  • 2017/04 - イギリス・ロマン派学会 副会長
  • 2008/04 - 2010/03 Japan Society of Yeats Executive committee
  • 2008/04 - 2010/03 日本イェイツ協会 運営委員
  • 2004/04 - イギリス・ロマン派学会 理事
全件表示
所属学会 (5件):
早稲田大学英語英文学会 ,  日本英文学会 ,  イェイツ協会 ,  イギリス・ロマン派学会 ,  International Association for the Study of Irish Literature, Japan
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る