研究者
J-GLOBAL ID:200901034888182110   更新日: 2019年05月30日

渡邉 邦夫

ワタナベ クニオ | Watanabe Kunio
研究分野 (1件): 哲学、倫理学
論文 (12件):
  • 渡辺邦夫. De Anima III.4 における付帯的知覚と「知」. ギリシャ哲学セミナー論集. 2019. 16. 15-32
  • 渡辺邦夫. 『魂について』における欲求と「知性」. 茨城大学人文社会科学部紀要『人文コミュニケーション学論集』. 2017. 1. 133-160
  • 荻原理, 渡辺邦夫, 神崎繁, 立花幸司. 最近の徳倫理学の展開. 倫理学年報. 2016. 65. 53-63
  • 渡辺邦夫. 真理の議論の重層化の必要性について. 哲学雑誌『真理の再生』. 2014. 129. 801. 49-67
  • 渡辺邦夫. 吉沢一也「渡辺邦夫「アテナイの法廷とソクラテス」書評(『法制史研究』59号410-414頁)」への反論. 法制史研究. 2011. 60. 323-327
もっと見る
MISC (24件):
  • 渡辺邦夫. 実践知と身体ーー『ニコマコス倫理学』第六巻のフロネーシス論について. 茨城大学人文学部紀要『人文コミュニケーション学科論集』. 2015. 19. 196-222
  • 渡辺邦夫. 『ニコマコス倫理学』における正義と「知」の関係について. 茨城大学人文学部紀要『人文コミュニケーション学科論集』. 2014. 17. 190-216
  • 渡辺邦夫. アリストテレス倫理学における「共同性」と「観想の優位」の関連について. 茨城大学人文学部紀要『人文コミュニケーション学科論集』. 2013. 15. 1-29(横書き版280-308)
  • 渡辺邦夫. 『テアイテトス』の「脱線議論」(172C-177C)の意義と内容について. 茨城大学人文学部紀要『人文コミュニケーション学科論集』. 2012. 13. 1-25(横書き頁で278-302)
  • Kunio Watanabe. Socrates Considered as a Victim: Socrates in the Ancient Athenian Court. Love, Vulnerability and Victimology: Annual Report 2011 on the Joint Seminar between Ibaraki Univ. and TIVI. 2012. 97-109
もっと見る
書籍 (10件):
  • テアイテトス
    光文社・光文社古典新訳文庫 2019 ISBN:9784334753931
  • ニコマコス倫理学(下)
    光文社・光文社古典新訳文庫 2016 ISBN:9784334753245
  • ニコマコス倫理学(上)
    光文社・光文社古典新訳文庫 2015 ISBN:9784334753221
  • 徳倫理学基本論文集
    勁草書房 2015 ISBN:9784326102488
  • 子どもの難問ーー哲学者の先生、教えてください!
    中央公論新社 2013
もっと見る
講演・口頭発表等 (7件):
  • 付帯的知覚と「知」
    (ギリシャ哲学セミナー第22回共同セミナー「アリストテレスの魂論」 2018)
  • 「正しい行為」と徳倫理学
    (日本倫理学会第66回大会、主題別討議「最近の徳倫理学の展開」 2015)
  • 真理の再生
    (哲学会第52回研究発表大会 2013)
  • アテナイの法廷とソクラテス
    (ギリシャ哲学研究会第54回研究会 2008)
  • 『デ・アニマ』の理性と自己知(シンポジウム「ヘーゲルと『デ・アニマ』」のパネラーとして)
    (日本ヘーゲル学会第4回研究発表大会 2006)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(学術) (東京大学)
経歴 (4件):
  • 1995/01 - 茨城大学人文学部教授
  • 1988/04 - 1994/12 茨城大学人文学部助教授
  • 1986/04 - 1988/03 茨城大学人文学部講師
  • 茨城大学 人文社会科学部人間文化学科 教授
委員歴 (3件):
  • 2014/09 - 2016/08 日本倫理学会 年報編集委員・和辻賞選考委員
  • 2009 - 2011/09 ギリシャ哲学セミナー 運営委員(幹事)
  • 2005/06 - 2009/05 日本哲学会 編集委員
所属学会 (9件):
日本哲学会 ,  日本西洋古典学会 ,  哲学会 ,  ギリシャ哲学セミナー ,  日本科学哲学会 ,  古典文献学研究会(フィロロギカ) ,  International Plato Society ,  日本倫理学会 ,  法制史学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る