研究者
J-GLOBAL ID:200901034996374238   更新日: 2021年05月27日

西村 ユミ

ニシムラ ユミ | Nishimura Yumi
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (4件): 基礎看護学 ,  哲学、倫理学 ,  社会学 ,  臨床看護学
研究キーワード (34件): 現象学 ,  実践知 ,  エスノメソドロジー ,  身体知 ,  看護実践 ,  看護場面 ,  記述 ,  フォーカス・グループ・インタビュー ,  急性期医療 ,  行為的な知 ,  看護管理 ,  協働実践 ,  救命救急センター ,  病院看護 ,  看護ケア ,  臨床看護師 ,  学習体験 ,  相互行為分析 ,  急性期病棟 ,  語り ,  病院 ,  看護 ,  ケア ,  質的研究 ,  解釈学 ,  緩和ケア ,  対話 ,  学習支援 ,  教育 ,  方法 ,  身体論 ,  看護学 ,  Body Theory ,  Nursing
競争的資金等の研究課題 (28件):
  • 2019 - 2024 質的研究論文の教育資源提供ネットワークQUARIN-Jの開発
  • 2020 - 2023 急性期病院を中心とした地域との多職種連携に関する質的研究
  • 2016 - 2019 医療現象学の新たな構築
  • 2016 - 2019 急性期病院における協働実践についてのワークの研究
  • 2016 - 2019 遺伝性疾患をめぐる病い経験の実態と新たな課題への対応方法に関する検討
全件表示
論文 (101件):
  • 西村ユミ. 認知症をともに生きる人々の経験と課題--前提を問いなおす方法. 家族研究年報. 2019. 44. 5-22
  • 西村ユミ. 遺伝性疾患をもつ家族の語りと時間経験の意味--家族内生体腎移植の振り返りを契機として. 現象学と社会科学. 2018. 1. 3-19
  • 岩國亜紀子, 丸尾智実, 綿貫成明, 大澤絵里, 坂井志織, 鳥本靖子, 濱吉美穂, 西村ユミ. 若手看護学研究者を対象とした研究および教育活動支援のための研修ニーズ調査. 日本看護科学学会誌. 2017. 37. 185-192
  • 西村ユミ, 太田喜久子, 数間恵子, 川口孝泰, 古在豊樹, 小松浩子, 正木治恵. これからの社会におけるケアサイエンスの構築をめざして--看護学からの提案、学術の動向. 学術の動向. 2017. 22. 5. 58-71
  • 西村ユミ. クリティカルケアに関わる看護師の回復に向けて-現象学的視点からのアプローチ-. 日本クリティカルケア看護学会誌. 2017. 13. 1. 31-36
もっと見る
MISC (53件):
もっと見る
書籍 (43件):
  • 現代看護理論 : 一人ひとりの看護理論のために
    新曜社 2021 ISBN:9784788517240
  • 急性期病院のエスノグラフィー : 協働実践としての看護
    新曜社 2020 ISBN:9784788516816
  • 「解説 ケアを生み出す、現象学の実践」(pp.256-259)、坂井志織著『しびれている身体で生きる』
    日本看護協会出版会 2020
  • 私にとっての介護--生きることの一部として
    岩波書店 2020
  • ワードマップ 質的研究法マッピング--特徴をつかみ、活用するために
    新曜社, 2019
もっと見る
講演・口頭発表等 (95件):
  • 人間を理解することの限界と挑戦
    (第39回日本看護科学学会学術集会 2019)
  • 常染色体優性多発性嚢胞腎患者の病いの伝え方についての基礎的研究
    (第27回嚢胞性腎疾患研究会 2019)
  • 常染色体優性多発性嚢胞腎患者の生活に関する工夫の基礎的研究
    (第27回嚢胞性腎疾患研究会 2019)
  • トルバプタンと常染色体優性多発性嚢胞腎患者のQuality of life:横断研究
    (第27回嚢胞性腎疾患研究会 2019)
  • 実践経験者をファシリテーターとした急性期医療現場の4職種(NPRO)連携演劇ワークショップ型教育プログラムに参加したファシリテーターの経験
    (日本保健科学学会誌 2019)
もっと見る
学歴 (5件):
  • 1997 - 2000 日本赤十字看護大学 基礎看護学 博士(看護学)
  • - 1999 日本赤十字看護大学
  • 1995 - 1997 女子栄養大学大学院修士課程 臨床生理学専攻 修士(保健学)
  • 1987 - 1991 日本赤十字看護大学 看護学科 学士(看護学)
  • - 1991 日本赤十字看護大学
学位 (2件):
  • 修士(保健学) (女子栄養大学)
  • 博士(看護学) (日本赤十字看護大学大学院)
経歴 (7件):
  • 2012/04 - 首都大学東京 健康福祉学部/大学院人間健康科学研究科 教授
  • 2006/04 - 2012/03 大阪大学 コミュニケーションデザイン・センター 准教授
  • 2003/04 - 2006/03 静岡県立大学 看護学部 助教授
  • 2000/04 - 2003/03 - 日本赤十字看護大学 講師
  • 2000 - - The Japanese Red Cross College of Nursing, Assistant Professor
全件表示
受賞 (1件):
  • 2017/11 - 日本医学哲学・倫理学会 第11回 日本医学哲学・倫理学会 学会賞
所属学会 (10件):
日本現象学会 ,  日本保健医療社会学会 ,  メルロ=ポンティサークル ,  日本がん看護学会 ,  遺伝カウンセリング学会 ,  意識障害治療学会 ,  日本保健医療行動科学会 ,  日本看護学教育学会 ,  日本看護研究学会 ,  日本看護科学学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る