研究者
J-GLOBAL ID:200901034996543072   更新日: 2020年08月04日

金子 雅幸

カネコ マサユキ | Kaneko Masayuki
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (2件): http://home.hiroshima-u.ac.jp/imaizumi/index.htmlhttp://www.cis.ac.jp/~kyoin_info/PL/mkaneko.html
研究分野 (2件): 薬理学 ,  神経科学一般
研究キーワード (19件): 浸透圧 ,  リソソーム ,  ゲノム編集 ,  ユビキチンリガーゼ ,  APP ,  アポトーシス ,  Signal Transduction ,  Neurodegenerative Diseases ,  Stress Response ,  脳虚血 ,  バイオインフォマティクス ,  ユビキチン ,  ケミカルシャペロン ,  筋萎縮性側索硬化症 ,  パーキンソン病 ,  アルツハイマー病 ,  神経変性疾患 ,  小胞体関連分解 ,  小胞体ストレス
競争的資金等の研究課題 (31件):
  • 2017 - 2022 DNA品質管理を担う核-小胞体連携ゾーンの解析
  • 2018 - 2021 神経分化に関与するユビキチンリガーゼRNF182のmTORC1シグナル調節機構
  • 2019 - 2021 ライソゾームにおけるタンパク質分解を制御するユビキチンリガーゼを標的とした薬物の同定
  • 2019 - 2020 ユビキチンリガーゼRNF183を標的とした炎症性腸疾患治療薬の開発
  • 2019 - 2020 ライソゾームに局在するユビキチンリガーゼを標的とした新規mTOR阻害薬の同定
全件表示
論文 (64件):
  • Takumi Okamoto, Kazunori Imaizumi, Masayuki Kaneko. The Role of Tissue-Specific Ubiquitin Ligases, RNF183, RNF186, RNF182 and RNF152, in Disease and Biological Function. International Journal of Molecular Sciences. 2020
  • Koji Matsuhisa, Atsushi Saito, Longjie Cai, Masayuki Kaneko, Takumi Okamoto, Fumika Sakaue, Rie Asada, Fumihiko Urano, Kanta Yanagida, Masayasu Okochi, et al. Production of BBF2H7-derived small peptide fragments via endoplasmic reticulum stress-dependent regulated intramembrane proteolysis. FASEB journal : official publication of the Federation of American Societies for Experimental Biology. 2020. 34. 1. 865-880
  • Okamoto T, Wu Y, Matsuhisa K, Saito A, Sakaue F, Imaizumi K, Kaneko M. Hypertonicity-responsive ubiquitin ligase RNF183 promotes Na, K-ATPase lysosomal degradation through ubiquitination of its β1 subunit. Biochemical and biophysical research communications. 2020. 521. 4. 1030-1035
  • Wu Y, Kimura Y, Okamoto T, Matsuhisa K, Asada R, Saito A, Sakaue F, Imaizumi K, Kaneko M. Inflammatory bowel disease-associated ubiquitin ligase RNF183 promotes lysosomal degradation of DR5 and TRAIL-induced caspase activation. Scientific reports. 2019. 9. 1. 20301
  • Maeoka Y, Okamoto T, Wu Y, Saito A, Asada R, Matsuhisa K, Terao M, Takada S, Masaki T, Imaizumi K, et al. Renal medullary tonicity regulates RNF183 expression in the collecting ducts via NFAT5. Biochemical and biophysical research communications. 2019. 514. 2. 436-442
もっと見る
MISC (44件):
もっと見る
特許 (2件):
書籍 (2件):
  • ストレスシグナルと疾患 : 細胞恒常性維持機構の破綻と病態
    医歯薬出版 2016
  • ファーマコセラピー(病体生理からのアプローチ) 初版
    ブレーン出版 2007
講演・口頭発表等 (28件):
  • 膜貫通型ユビキチンリガーゼの同定と生理機能の解析
    (ステム発生・再生医学研究部 特別セミナー 2019)
  • ライソゾームに局在するユビキチンリガーゼの役割
    (第91回日本生化学会大会 2018)
  • CRISPR/Cas9システムを用いたユビキチンリガーゼの生理機能の解明
    (第89回日本薬理学会年会 2016)
  • 小胞体のタンパク質分解機構と疾患
    (第89回日本薬理学会年会 2016)
  • タンパク質調節の鍵分子:ユビキチンリガーゼ
    (生物機能開発学専攻セミナー 2015)
もっと見る
学歴 (4件):
  • 2000 - 2000 北海道大学 医療薬学専攻
  • 1998 - 2000 北海道大学 医療薬学専攻
  • 1995 - 1998 北海道大学 総合薬学科
  • 1994 - 1995 北海道大学
学位 (1件):
  • 博士(薬学) (北海道大学)
経歴 (5件):
  • 2014/07 - 現在 広島大学 大学院医歯薬保健学研究院 分子細胞情報学 准教授
  • 2012/06 - 2014/06 岐阜薬科大学 薬物治療学 講師
  • 2011/04 - 2012/05 千葉科学大学 薬学部 薬理学 准教授
  • 2005/04 - 2011/03 千葉科学大学 薬学部 薬理学 講師
  • 2000/07 - 2005/03 北海道大学 大学院薬学研究科 薬理学 助手
委員歴 (5件):
  • 2012/11 - 現在 小胞体ストレス研究会 世話人
  • 2010/09 - 現在 日本神経化学会 評議員
  • 2009/06 - 現在 日本薬学会 薬理系薬学部会 若手世話人
  • 2007/04 - 現在 日本薬理学会 学術評議員
  • 2011/11 - 2018/07 神経行動薬理若手研究者の集い 世話人
受賞 (3件):
  • 2012/03 - 日本薬学会 奨励賞
  • 2009/03 - 日本薬理学会 学術奨励賞
  • 2008/06 - 日本脳科学会 奨励賞
所属学会 (7件):
Society for Neuroscience ,  日本脳科学会 ,  日本生化学会 ,  日本神経化学会 ,  日本薬理学会 ,  日本薬学会 ,  日本ゲノム編集学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る